税制

それを蓄えろ - ヨーロッパの金融取引税

3月
18

取引税の計画は、取り下げられるべきだ

出しゃばりな立法についての泣き言をいう、変動利付抵当と数ある場所の中で特にアメリカに精通した銀行員を捕まえておくどんな考えも、一か八かやってみなければならない、そうだろ?間違いだ。2月14日に公表された金融取引税(FTT)への欧州委員会への提案は、悪い設計の名作だ。

フランス、ドイツ、イタリアを含んだ11の欧州連合加盟国のグループは、資本と負債の取引に0.1%の税を、そしてデリヴァティヴの取引に0.01%を課したいと思っている。これらの国々は、英国やルクセンブルグといった金融ハブを含んだほかのEU加盟国が反対しているので、彼らだけで進んでいる。

金融取引への税の考えは新しいものではない。英国は1694年以来株式購入に印紙税を課している。ノーベル賞受賞経済学者のジェームズ・トービンは1972年に外国為替取引への地球規模の税を提案した。金融取引の上の収入の小さな部分をすくい、その施しから大きく利益を得ている産業から納税者のために金を取り戻すという考えは、自然の正義の感じを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公平な分配 - ドイツの富裕税

9月
29

階級闘争の季節だ

1か月の若さの運動Umfairteilenは、支持者がドイツ中の道に達することを計画している9月29日のために計画している。Umfairteilenは、ドイツ語で再分配を表す言葉の一音節を英語のfairに置き換えたものだ。その目標は、すでに議会の野党によって採用されているが、富裕税だ。

この古い考えは、ベルリンのシンクタンクDIWが、ドイツを含んだヨーロッパに依然として存在している十分な民間の富の一部を政府が差し押さえれば、ユーロ圏の国際危機は簡単に解決しうると論ずる。おまけとして、そのような賦課はまた、不平等を減らす。

最初の疑問は、誰を金持として数えるかだ。DIWは、その分析を個人財産が25万ユーロの点から始めることに基づいている。しかし、それは中産階級をたたくだろう。だから、ドイツでの重要な政治的段階である討論番組は、その議論を取り上げた。一貫した答えは、「金持ち」とはその質問に答えた人よりも豊かな人は誰でも、ということのように見える。(Umfairteilenは100万ユーロにその線を引いている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

正直な納税者へのパンチ? - ヨーロッパの税外交

9月
15

スイスとドイツの間の税協定は困難にある

外国人に秘密のスイスの銀行口座に税務当局から金を隠させる、古くからのスイスの伝統に取り組む二つの戦略がある。一つはアメリカのやり方で、西部の保安官のように厳しくやることだ。2007年に、アメリカはスイス最大の銀行のUBSを厳しく取り締まり始めた。十分な告発と乱打で、それは最後にはその銀行に法外な罰金を支払い、アメリカの脱税者だと言われた1,000を超える名前を手渡すよう強いた。その資金のいくらかがジュリアス・バーのような他のスイスの銀行に流れたように見えた時、アメリカはこれらを追及した。一つ一つ、それらの銀行はいまではアメリカの税の尋問者に情報を開示している。

ほかのやり方はヨーロッパ式で、それほどきついやり方ではないが、より包括的だ。英国、オーストリア、そしてドイツは別々にたたいているが、その問題を事実上解決しうるほとんど同一の取引をスイス政府とする。ほとんどの資金が危うくなったドイツは、1月1日に有効になるように、連邦議会、もしくは参議院で11月にこの協定を批准することになっている。問題は、連邦議会の州の大多数がその取引を殺す意図を持っているように見えることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

税と支出 - 法人税を下げ、社会資本を作ることは、回復につながりうる

7月
29
先月たった8万しか新たな職が作り出されなかったという6月の職の数字の、最も困難な側面は、それらが新たな通常の一部であるということだ。過去20年間にわたって、合衆国の経済回復は、ゆっくりと、そして職がない傾向にある。1945-90の間の毎回の景気後退で、経済がその景気後退前の水準に戻った6か月後には職もその水準に戻った。しかし、1990年代の景気後退の後、その後に雇用は元気よく成長したが、職が戻ったのは15か月後だった。2000年代初めの減速の後では、職が戻るには39か月かかった。そして今回、マッキンゼーの分析によれば、景気後退前の水準に雇用が戻るのには約60か月―なんと5年間!―かかるという。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

地下の収入 - オーストラリアの新しい税金

7月
15
財政的資源を探す正しい場所
 
どこでも金に困った政府は、新しい収入の素を探す。国外脱出者や税難民を追いかけて、網を外に向けるものもいる。高所得者や金持ちの会社に課税して、上を見るものもいる。一つか二つは後ろすらも見ている。例えばインドは、5年かそれ以上さかのぼって大きな外国の買収のいくつかに遡及税を課している。
 
オーストラリアは、えーと、下(ダウンアンダー)を見ている。7月1日に、それは、二つの新しい税を課した。鉱業税と炭素税だ。どちらの税金も議論を呼び、それらが導入されたやり方はまずかった。だがしかし、他の所でのぎこちない収入調達のいくつかに比べれば、オーストラリアの新しい税は、少なくとも健全な政策立案への家族的類似を生む。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本民主政治最後の日

6月
26

本日2012年6月26日、日本の民主政治は終わりの日を迎えた。

一度も国民からの信任を得ていない僭首は、国民からかつて完全に否認された法案に関わり、「総選挙をするという選択肢はない」と言ってのけた。それならば私も言わせていただこう。正当性のない人物による、正当な手続きを経ない法を「受け入れるという選択肢はない。」

いまさら繰り返すまでもなく、2009年の選挙で、消費税は4年間上げないと言って民主党は勝利した。そのときはそれが主要論点ではなかったとか、4年間「あげる」ことはしない、といった議論は、その時点ではあり得たかもしれない。しかしながら、2011年の参議院選挙では、民主党は明確に消費税増税を掲げて敗北した。この時点でこの議論についての民意は明らかに示された。にもかかわらず、何ら国民からの信任を受けていない次の総理は、何も恥じることなく「国民のため」を連発した挙句、それを確認するという手続きを一切踏まないまま、本日、衆議院で採決に踏み切った。

国民は、最善を尽くしたとして、この一連の手続きにおいて、どの時点で彼を止めることができたのだろうか?一個人の勝手な思いが、ノーチェックで国政に反映されるというは、民主主義といえるのだろうか?こんなことがまかり通るのならば、選挙に意味はあるのだろうか?

もし仮に法案が文句のつけようもなく、対案も出しようもないほどの素晴らしいものだったら、私とてここまで反発はしない。しかしながら、こちらでいくつも論点を出したように、議論すべき課題は山ほどあった。にもかかわらず、実質増税幅と時期以外には何も決めることなく、単に「増税を決めただけ」というのは驚くべきことだ。まさに国民を愚弄することだけが目的の、愉快犯としか思えない。残念ながら私はこれほどの侮蔑、愚弄に耐えられるほど心は広くない。

これまでも一度もこの僭首に正当性を認めたことはなかったが、今後一切その決定事項に私が縛られることはないとここに宣言しておきたい。彼の関わった法から一切の権利義務関係が生じることはないだろう。その手続きに正当性がないのだから。ままごと政治は自分の支持者の間だけの僭首国内でやっていただきたい。私はそんな国を承認することもないだろうが、承認したい人たちを止めることもしない。

民主主義法治国家の国民の誇りにかけて、私はこの暴挙を許すことはない。

まったく扉を閉ざしてしまうのも、発展がないので、もし最後のチャンスを望むのならば、国民投票にかけていただきたい。有効投票2/3以上で過半数の賛成があれば、私は受け入れる。これは非常に穏やかな条件であると、私は認識している、この程度の賛成すらも集められないようなら、とてもではないが国民の合意を得ているとは言えないだろう。申し添えておけば、1票の格差も解消できないような衆議院の解散で今更お茶を濁そうなどと考えても、もうそんな段階はとうに過ぎたということははっきりさせておきたい。
 

政治に限らず、演劇において、観客の存在を忘れて、身内の評価しか耳に入らないような大根役者は、残念ながら決して大成することはないだろう。最終的にカネを払うのは観客なのだから。さらに言うのならば、もし自分が観客に向けて演じていることすらも忘れて、親や先生に褒められて自己満足に浸っているのならば、それは演劇ではなく、ただの学芸会である。一つだけ確かなのは、何の魅力もない猿芝居にカネを払うお人よしなどはどこにもいないということだ。

 

法案賛成者一覧はこちらから

 

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゼロサム議論 - 資本課税議論の新潮流

5月
16

経済学者は資本が課税されるべきではないという見方を考え直している

役員たちは、アメリカの法人税率が経済の弱さの責任があると激しく非難する。ミット・ロムニーの運動はバラク・オバマの「資本との戦い」の遂行を非難する。実際に、アメリカの資本への課税は過酷というよりも理解しにくい。(州と地方税を含んで)39.2%というその最高税率は豊かな世界で最高水準だが、抜け道のためにほとんどの会社は最終的に26.7%を支払っており、英国の実効税率の27.4%と似たようなもので、ドイツの31.6%より低い。アメリカのキャピタルゲイン課税は15%で、多くのほかの国よりも低い。そしてもし、ロムニー氏がより熱心な資本の守護者ならば、どちらの男も改革の必要性に合意する。これは戦いというよりも小競り合いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それほど簡単ではない - 州の税制改革

4月
09

ジョージアは税制に勇敢な変化を行うのがどれほど難しいかを示す

2010年7月28日のその最初の会議で、その週の収入制度を研究し変化を薦めるためにジョージア州議会によって2か月前に作られた11人のメンバーの組織である、税制改革とジョージア人のための公平のための特別委員会は、ジョージアの3人の指導的な政治家から単純で理にかなった指導を得た。それらの威厳のある人々が言うには、委員会がやらなければならないことは、職の増加と経済的繁栄を促進する新しい税制を作り出すことだ、とのことだった。それは、新しい制度を、公平、透明で、簡単に従うことができ、「中小企業にやさしく」、安定的で均衡が取れ信頼できる収入の流れを提供することができる一方で、サーヴィスを削減しないようにすることだといわれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

税制 を購読