技術・科学・教育

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

1月
03

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学が挑戦を受ける - 高等教育

12月
27

バラク・オバマは、学位がより支払った金の価値があってほしいと思っている

タクシーの運転手が、彼の娘がちょうど卒業したところだと自慢した。しかし、それから彼は、ウィスコンシン大学の彼女の報道の学位が14万ドルかかったと認めた。報道は何の正式な資格も必要としない給料の悪い仕事なので、これはカネの無駄のように聞こえる。

バラク・オバマは、大学から金に見合う価値を得ている学生があまりに少ないと心配している。大卒者はもちろん非大卒者よりも稼ぐが、このどれだけが大学が彼らの心を広げたり彼らに何か有益なものを教えたりしたというよりもむしろ、彼らが最初から賢かったためだろうか?平均的なアメリカの大卒者は2.66万ドルの債務を抱えて大学を卒業する。それよりはるかに多いものもいる。少なくとも90日遅れている学生融資の割合は、2011年には8.5%だったものが今では11.7%に上がっている。多くの大卒者が苦労しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そのサイはいかにしてその毛を手に入れたのか - 進化

12月
19

ケサイのような氷河期の大動物は、もともとはチベットのものかもしれない

いま、ゾウやサイは熱帯の種だ。けれども、最近まで、彼らは北極海まで北をさまよっていた。最後のケサイは約8,000年前に死んだ。毛の生えたマンモスは更に3,500年生き、人類が彼らのシベリアの避難所に到達した時初めて倒れた。しかしながら、誰も知らないのは、これらの動物がいつどこで、そのような高緯度に生息することができるようになるべくその名を表す毛を進化させたか、と言うことだ。もっともよい推測は、260万年前に氷が世界を掴み始めるにつれて、彼らが徐々にそれを成長させたというものだった。

しかし、ケサイの場合、ロサンゼルス郡自然史博物館の王晓明と北京の中国科学院古脊椎动物与古人类の邓涛は同意しない。彼らは、ケサイは氷河期のツンドラが完全に形成されてから到達したと考えており、他の動物も同じだったかもしれないと疑っている。彼らの見方では、サイに毛が生える突然変異を起こさせたのは、地球規模の気候変動ではなく、むしろ地理的な高地への旅だったのだ。彼らは、動物たちがプレートの地殻変動によって持ち上げられ、世界の最上階のスイートであるチベット高原の住人になった時、その変化が起こったと信じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

25万ポンドとフライ - 人口肉

11月
04

工場で作られた肉からできた世界初のハンバーガーが出されたところだ

無料のものとして、それは失望だった。8月5日にロンドンのテレビスタジオに押し込まれた世界のメディアの100人強の代表の中で、出された食事をひと噛みでもしたものは誰もいなかった。けれども、彼らが得たものは、食事の将来だと判明するかもしれないものだった。他の人が消化するのを目撃するために彼らが集まったその食事は、研究所で一から育てられた肉からできた世界最初のハンバーガーからなっていた。

その140グラムのパティに大きく欠けていたのは、それをなす価格だった。グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンが幾分かは負担した25万ユーロ(33万ドル)で、それは史上最も高い食べ物の一つに数えられなければならない。シェフの用心深い目の下で数分間鍋でジュージュー焼かれた後で、そのバーガーは二人の事前に選ばれた試食者に出された。栄養科学者と食べ物作家だ。「肉のよう」だが「それほどジューシーではない」という彼らの意見は、その肉を育てたマーストリヒト大学のマーク・ポストを不安にはさせなかった。実際、同じく彼の創造物のいくらかを知っていたポスト博士は、それを「良い始まり」だと呼ぶすべての理由を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

致命的な沈黙 - アーロン・シュワーツとMIT

10月
07

学問開放の活動家は部分的な死後の弁明を得る

2011年1月、24歳の天才アーロン・シュワーツは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のネットワークを秘密に使って、学術記事の貯蔵庫JSTORから500万近いファイルをダウンロードしたとして逮捕された。ほとんど崩壊しかけたJSTORは、MITを数日遮断した。1986年のコンピューター詐欺と濫用防止法は、「承認されていない」ネットワークの使用を重罪にする。検察は、彼を35年間投獄しうる最も厳しい懲罰を押した。1月に彼は自殺した。

批判者は、MITがその手を血で汚しているという。シュワーツの弁護人は、彼がMITのネットワークにゲストアクセス権を持っていたと論ずる。そして、「犠牲者」と名付けられたMITは、JSTORがしたように罪を軽くするよう頼むことができた。しかし、「中立」であり続けようとして、誇り叩くハッカー文化を育て、開放性を擁護するその学校は、黙っていた。

7月30日に発表されたMITによる180ページの独立報告は、それがよりよくできたとほのめかす一方で、その学校を免責する。いま、それは、内部的にネットワーク違反に対処し、電子的記録を集めたり発表したりする条件を変えるといった、改革を考えている。しかし、才能のある理想主義的なシュワーツには遅すぎる。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

実に復活! - ラテン語の復活

10月
03

死んだ言語が生きており、オンラインを飛び回り、放送にのっている

教皇ベネディクト16世が2月に辞めた時、彼はラテン語を使い、彼の言葉を理解した出席していたたった一人の記者だったジョヴァンナ・キリにスクープを与えた。それは、ラテン語のありそうもない生き残り、そして生きた言語としての復活を、タイミングよく思い出させるものだった。ドイツのラジオ局ラジオ・ブレーメンは、2001年から『Nuntti Latini Septimanales(週刊ラテンニュース)」と呼ばれる週に一度のニュースまとめを放送している。フィンランドのYLEラジオ1は、80を超える国にリスナーがいる、似たような番組を1989年から放送している。

ツイッターの140文字の題辞と警句は、ラテン語にとって理想的だ。5文字で時に英語の10文字以上のことを言うことができる、とケンブリッジ大学のラテン語学者デヴィッド・バターフィールドは語る。ツイートはまた、面倒くさい長い従属節の余地を残さない。『The Pontifex Latin(教皇ラテン)』アカウントは、1月にベネディクト16世が始めてから13.2万人のフォロワーを獲得している。それは、たぶんウェルギリウスの言葉が依然として共通言語であるたった一つの現代の職場である、ヴァチカンのラテン文字事務所によって運営されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

木ひと山 - 電池技術

9月
15

古い素材が電池で新たな利用法を見つけるかもしれない

ハイテクに応用する先端素材のリスト上で、木が一番上の近くにあるのを予想しないかもしれない。しかし、メリーランド大学の李騰(Teng Li)と胡良兵(Liangbing Hu)による実験は、間もなくそれをそこに置くかもしれない。ナノ・レターズに書いた李博士と胡博士は、今電池のある階級で使われているリチウムをナトリウムとともに置き換えるようにすることによって、いかに木が電池を安くするのにつかわれるかもしれないかを、ちょうど描いている。

どんな高校の科学者でも知っているように、リチウムとナトリウムは化学的に似ている。ナトリウムイオン(正の荷電の、ナトリウムイオンから電子を一つとったもの)は、しかしながら、リチウムイオンの5倍の大きさだ。電池はイオンをその陰極と陽極との間で往復させることによって働くので、それは問題だ。イオンが大きくなれば、この往復がより多くの被害を与え、帰結として電池の寿命を短くする。これまでは、それがナトリウムを電池の妥当な内容物として不可能にしていたのだ。しかし、ナトリウムはリチウムよりもはるかにたくさんあるので、技術者は依然として商業的に実行可能なナトリウム電池を案出したいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

技術・科学・教育 を購読