アメリカ合衆国

スパイを捕まえる – ジェームス・ボンドのボディランゲージ

1月
27

いかにしてスパイを特定するか

あなたの国にいるどの外国人外交官がスパイなのか?あなたのスパイの内誰が二重スパイなのか?そしてどの外国指導者がその隣国を爆撃しようとしているのか?全ての政府はそのような質問に答えようと苦労している。アメリカのスパイは、ボディランゲージを学ぶことが役立つかもしれないと考えている。

スパイはそんなに簡単に特定できるものではない。腕のある対スパイエージェントは、体の動きの変化で検知ができるという。何か重要なことを隠している人々は、無意識のうちにそのドレス、顔の表情、仕草、そして足どりを変える。彼等はまた、たばこの吸い方や腕時計の見方、そして店のウインドウにどれだけ近づくかも変える。これらのトリックは今でもスパイを見分けるのに使われている。

批判者は、動きは間違いを誘うように練習できる、と警告する。しかし、1/25秒以上続かない無意識の「ミクロ表現」は、しばしば潜在的な感情を表わす、と専門家は語る。しかしながら、全てのミクロ表現の意味するところがいつでも明らかなわけではない。だから、文脈が重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一般教書演説 - 「中産階級経済」

1月
26

バラク・オバマは2016年への基調を整えようとする

大統領の年次一般教書演説はある規則の下での儀式だ。例えば、連合はいつでも「強い」。大統領与党はいつでも彼を応援し、野党はそうしない。しかし、主要な規則は、大統領は彼の議題が他の人たちを説得することによってのみ実行することができる、とは決して認めないことだ。1月20日のバラク・オバマの6回目の演説も例外ではなかった。実際には、それは世界でもっとも力のある男の弱さをかつてないほど示した。

オバマ氏の演説は楽天的だった。アメリカは今、金融危機の「ページをめくることができる」と彼は語った。失業率が下がり、赤字が縮小し、燃料が安くなったことを受けて、彼は「我々は、地球上の他のどの国よりも我々自身の未来を自由に書くよう、景気後退から回復している。」と結論づけた。卒業率の上昇を指し示して、彼は政府が「我々の子供たちがより競争の激しい世界に準備する」為の応分のつとめを果たしている、と論じた。彼は「中産階級経済」を主張した。これは、明らかに、「勤労家庭が絶え間なく変わる世界の中でより安心を感じられるよう助けることを意味する。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

教育と階級 – アメリカの新たな貴族政治

1月
25

知的資本の重要性が増すにつれ、特権はますます遺伝性になっている

8月に共和党大統領候補者の最初の討論会が開かれるとき、そのうちの3人は父親も大統領に立候補した人になるかもしれない。誰が勝ったにしても、その次の年には空いては元大統領の妻になるかもしれない。相続される地位に敵対する原則で設立された国がこれほどまでに王朝に寛容なのは奇妙だ。アメリカは一度も王や君主を持っていないので、エリートが固定化するという兆候について、ときどきそれほど気にしないように見える。

トーマス・ジェファーソンは、国にとって有益な有徳で才能のある自然の貴族政治と、国をゆっくりと窒息死させるだろう富と出生によって成し遂げられた人工のそれとを区別した。ジェファーソン自身は、義理の父から11,000エーカーの土地と135人の奴隷を相続したすばらしい弁護士であり、その両者の雑種だが、その区別は耐久力があるとわかった。

今、それがわかり始めている。現在の金持ちはますますその子供たちに、数晩カジノで遊んだくらいでは使い切れない資産を残しているからだ。それは富よりも遙かに有益なもので、相続税に傷つけられないもの、つまり頭脳だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキ中の超大国

2月
21

アメリカ人は本当に孤立主義者にはなっていない

1940年の長い暑いワシントンの夏のある夜、アメリカ人たちがいかにヨーロッパでの戦争を取り扱うかを議論するとき、フロリダ州選出上院議員クラウド・ペッパーは、警察から電話を受け、彼の偶像をどうするかを尋ねられた。しばしの困惑の後で、ペッパー氏は彼の名前を掲げた等身大の人形が、車の後ろのキャピトルヒルの周りで引きずられる前に、上院の前の樫の木につるされていたことを知った。その私刑は、帽子をかぶった怒れる女性たちによって行われた。彼が若者に強制軍事訓練を受けさせるよう要求したことに激怒した孤立主義者の母親たちの運動のメンバーたちだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

巨視的配偶 - アメリカを再生する

2月
14

急な下落の後で出生率は横ばいになっている

アメリカ応援団の間での楽観主義の一つの理由は、その国がほかの先進国よりも若く元気な人々を多く持っているということだ。これは、幾分かは移民のおかげで、いくらかは内国民の間でのより高い出生率のおかげだ。逆に、アメリカの衰退について不平を言う人々は、出生率が少しでも下がれば一般的な不安感の兆候だとみなす傾向にある。11月6日に保健省によって発表された2012年の出生についてのデータは、両者に対してなにがしかを提供する。

最も目立った発見は、数年の減少の後で、誕生した子供の絶対数の傾向は、2012年に横ばいになったということだ。これは、出生率が11%下がった大恐慌中のものに比肩する下落であった2007-11年の間の8%の下落の後にやってきた。州別データも同じ物語を語る。危機がひどく影響したアリゾナは、出生率の目立った減少を経験した。フラッキングで道を切り開いたノースダコタは、何の変化も経験しなかった。

これは、子供を作ることとGDPを生み出すことの間のつながりの強い証拠のようだ。しかし、経済成長と出生率との間の相関は信頼できない。1957-73年の間、その期間の多くで経済が活発だったのにもかかわらず、出生数は27%減った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

文化革命 - 食品会社と革新

1月
01

アメリカのギリシャヨーグルト現象は、大きな食品会社を不快な感じにさせた。彼らは革新でよりよくなろうとしている

ハムディ・ウルカヤのものほど見事な事業経歴はほとんどない。彼はニューヨーク北部の築85年のヨーグルト工場を2005年に買い、18か月後に、チョバーニ「ギリシャ」ヨーグルトに最初の一つを売った。今年、彼は10億ドル以上相当のそれを売ると予想している。アメリカの61億ドルの市場におけるギリシャ式ヨーグルトの市場は、チョバーニが始まった時には無視できるほどのものだったのが、半分近くにまで上がっている。「それほど速く変わった商品はない。」チョバーニを作る会社の単独所有者のウルカヤ氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジサシの限界 - 鳥類学

12月
27

メイン州の沖合で小さな悲劇が起きている

彼らは、他のどの鳥よりも多い年に5.5万マイルを飛行に費やす。30年の寿命で、それは一つか2つの卵を産むためだけに、月への3往復の旅行に等しい距離を飛ぶのだ。しかし、北極アジサシが大変なのはそれだけではない。近年、メイン州の沖合の産卵場で、その数は40%以上減っている。同じような減少はオランダやアイスランドでも報告されている。

過去30年にわたって、メイン沿海諸島国立野生動物保護のリンダ・ウェルチのような研究者は、肉食のカモメによって乗っ取られた島々の在地の海鳥の数を増やそうとしている。北極アジサシは、約5年前まで増えていた。それから、彼らは減少し始め、2008年に4,224組だったものが2012年には2,467組になった。食料の欠如が理由のようだ。その鳥は、ニシンやほかの小さな魚を探し回り、商業漁船との競争に直面するかもしれない。一方、気候変動は、魚がより冷たいほかの水域に泳いでゆく原因となっているかもしれない。研究者の中には、変化する気候が、その鳥の冬の目的地、南極での食物連鎖を乱しているかもしれず、彼らがメインで産卵するのにあまりに弱くしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学が挑戦を受ける - 高等教育

12月
27

バラク・オバマは、学位がより支払った金の価値があってほしいと思っている

タクシーの運転手が、彼の娘がちょうど卒業したところだと自慢した。しかし、それから彼は、ウィスコンシン大学の彼女の報道の学位が14万ドルかかったと認めた。報道は何の正式な資格も必要としない給料の悪い仕事なので、これはカネの無駄のように聞こえる。

バラク・オバマは、大学から金に見合う価値を得ている学生があまりに少ないと心配している。大卒者はもちろん非大卒者よりも稼ぐが、このどれだけが大学が彼らの心を広げたり彼らに何か有益なものを教えたりしたというよりもむしろ、彼らが最初から賢かったためだろうか?平均的なアメリカの大卒者は2.66万ドルの債務を抱えて大学を卒業する。それよりはるかに多いものもいる。少なくとも90日遅れている学生融資の割合は、2011年には8.5%だったものが今では11.7%に上がっている。多くの大卒者が苦労しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下町 - 都市の経済多様性

12月
12

都市が衰退しはじめるとき、彼らを救うことができるのは経済多様性だ

デトロイトの最新の産業は、その町の朽ち行く物理的社会資本を記録した写真である「廃墟ポルノ」だ。その自動車の町は、アメリカの中西部から北ヨーロッパにかけての産業都市を悩ませている衰退の極端な例だ。それらの興亡(そして時には再生)は、町をまとめまた引き裂くより深い力を明らかにする。

いずれにしても、経済学者にとって、都市が存在すべきかどうかは全く明白ではない。群衆は、混雑と費用の掛かる土地や労働力を意味する。しかし、固まることへの良く知られた利点もある。交通費用が十分に高いとき、企業は、安い土地や労働力で節約するよりも、ものを消費者の群に運ぶのにより多くのカネを費やすかもしれない。専門技能を持った労働者は、彼らを雇う企業の類のそばにいるためにそのような群に集まる。そのような労働者は町を成長する企業にとってより魅力的にする。職と労働者の深いプールは、雇用主と従業員の組み合わせを改善し、生産性と給与を押し上げる。

競争に近づくことの利益もある。自動車産業の黎明期に、デトロイトの企業家たちはライヴァルに注意し続け、幸運な少数が見事に成功するまで、設計やビジネスモデルを微調整するために学んだ。シリコンヴァレーの技術的新陳代謝は、似たような競争的協力によって力づけられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ合衆国 を購読