アメリカ合衆国

バイバイ、ブーメラン - 家族生活

11月
04

大人になった子供に出ていくよういかにして説得するか

宗教学と創造的作文の卒業生で失業中のアンドリューは、両親とともにオレゴンに住んでいる。彼だけではない。全人口の36%に当たる、18歳から31歳までの2,160万人程度のアメリカ人は、依然として親の家に悩み暮らしている、とシンクタンクのピュー・リサーチ・センターは言う。この数字は、休日の間だけ家にとどまっているかもしれない学生を含んでいるので、少し間違っている。にもかかわらず、パパとママにくっついている若者の割合は、1968年に調査が始まって以来、最大だ。

アンドリューは、「強烈な情熱で」彼の状況を憎んでいる。それは、もちろん、安全で、乾いており、温かく、彼はその両親の助けに感謝している。しかし、彼は退屈で、欲求不満で、彼らの引き立ての下に帰るので彼の恋愛生活は「限られている」。(母親が彼に料理をさせないという事実は、二人のためにロマンティックな食事を準備することを挑戦にする。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

iPhoneがある時に、なぜ外出するのか? - 国立公園

11月
04

アメリカの国立公園は若者を引き付けるのに苦労している

毎年900万人を超える人々がグレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園を訪れており、それはグランドキャニオンにぽかんと見とれる人の数の倍以上だ。その光景は素晴らしい。アパラチア山脈の最高点である区リングマン・ドームの頂上から、強く惹かれる猫背の稜線が地平に向かって傾いており、それぞれでより薄い青が最後のものにこだまする。その公園はまた、1,000マイルを越えるハイキング、バイク、そして乗馬の小道、良く保全された辺境の小屋、そしてオレンジサラマンダーからアメリカグマまですべての種類の面白い動物相を自慢する。しかし、ケント・ケイヴがそこで働いて30年強で、多くの観光客にとってその公園が、ノースカロライナのチェロキーの土産物屋とテネシーのアミューズメントパークのピジョン・フォージの間の途中にある「克服すべき障害物」であるという感覚が、かつてなく強くなっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フラッキングの父 - ジョージ・ミッチェル

10月
07

ジョージ・ミッチェルほど世界を大きく変えた事業家はほとんどいない

合衆国は、最近落胆のぬかるみに入っている。その雰囲気は、「That Used to Be Us: かつての超大国アメリカ―どこで間違えたのか どうすれば復活できるのか」(トーマス・フリードマンとマイケル・マンデルバウム)や、「Time to Start Thinking: America in the Age of Descent(考え始める時だ:没落の時代のアメリカ)」(エドワード・ルース)といった陰気な題の本の奔流で反映される。ここ数十年で初めて、アメリカ人の大多数が、彼らの子供たちが彼等よりも貧しくなるだろうと考えている。ヤンキーはできる、の楽観主義は、ヨーロッパ人の何も成し遂げることができない、の消極主義に凝固する危険にさらされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

致命的な沈黙 - アーロン・シュワーツとMIT

10月
07

学問開放の活動家は部分的な死後の弁明を得る

2011年1月、24歳の天才アーロン・シュワーツは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のネットワークを秘密に使って、学術記事の貯蔵庫JSTORから500万近いファイルをダウンロードしたとして逮捕された。ほとんど崩壊しかけたJSTORは、MITを数日遮断した。1986年のコンピューター詐欺と濫用防止法は、「承認されていない」ネットワークの使用を重罪にする。検察は、彼を35年間投獄しうる最も厳しい懲罰を押した。1月に彼は自殺した。

批判者は、MITがその手を血で汚しているという。シュワーツの弁護人は、彼がMITのネットワークにゲストアクセス権を持っていたと論ずる。そして、「犠牲者」と名付けられたMITは、JSTORがしたように罪を軽くするよう頼むことができた。しかし、「中立」であり続けようとして、誇り叩くハッカー文化を育て、開放性を擁護するその学校は、黙っていた。

7月30日に発表されたMITによる180ページの独立報告は、それがよりよくできたとほのめかす一方で、その学校を免責する。いま、それは、内部的にネットワーク違反に対処し、電子的記録を集めたり発表したりする条件を変えるといった、改革を考えている。しかし、才能のある理想主義的なシュワーツには遅すぎる。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農場に膝まづく - サン・ホアキン渓谷

10月
06

カリフォルニアの回復は、その中心地の慢性的な問題をなおしてはいない

ロサンゼルスのビーチと魅力やシリコンヴァレーの技術的革新から一般的に想像されるカリフォルニアから離れたところに、東と西の山脈に包まれた主に農業の平地の450マイルの広がりのセントラル・ヴァレーがある。その渓谷の地理的隔絶は、別の形の切断を生んでいる。ここでは、あなたはカントリー音楽を聴き共和党に投票するといった、事実上その州の他の所では絶滅した習慣に直面する。

しかし、この孤立はとても立派なものとは言えない。2011年のあるカリフォルニアの人間開発報告は、セントラル・ヴァレーのもっとも人口稠密な部分であるサン・ホアキン渓谷に、西ヴァージニアとほぼ同じ得点を与えた。平均寿命は低く、犯罪率は高く、そして(改善しているにしろ)空気はひどい。シンクタンクのミルケン研究所による2010年の報告は、その国で教育を受けていない都市10のうち、3つのサン・ホアキン渓谷の町を見つけた。そして、長くその渓谷を悩ませる失業は、そこを掴み続けている。地元の人たちは外部者に彼らが「西のアパラチア」に住んでいるといわれるのを嫌うが、同じ口でそれが本当だと認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしミット・ロムニーが勝っていたら?

9月
30

起こらなかった勝利からの教訓

「私を非難するな、私はロムニーに投票したんだ。」共和党の間で人気のあるTシャツは示す。別の冗談は、保守的なブログ界隈で人気のあるもので、「彼らは、もし私がロムニーに投票したら…っていったんだ。」で始まり、それからその州に起こった恐ろしいことを付け加えるのだ。例えば、「彼らは、もしロムニーに投票したら、デトロイトは破産するだろうよ、って言ったんだ。そして彼らは正しかった!」このすべては、ほとんど下院でバラク・オバマを邪魔するくらい面白い。

しかし、もしミット・ロムニーが2012年に勝っていたらどうだろう?アメリカは彼のホワイトハウスでの1期目をいまほぼ200日過ごしていただろう。いかに物事が違って見えたかもしれないかを考えることは価値がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

若く、独身で、近くの - デジタルデート

9月
30

原始の情熱を満足させる新たな方法

より古い世代は決してできない。ニューヨーク市長候補のアンソニー・ウィーナーは、今週、デジタルの知人に更によりみだらな写真を送っていることを認めた。どんな若者も彼に教えることができたように、愛を見つける方法は、顔写真を送ることだ。

カリフォルニアの24歳の有望な映画監督ウィルについて考えてみる。彼は、ティンダーと呼ばれるスマートフォンアプリを通して、潜在的なデート相手に会う。それは、(あなたの電話はいつもあなたの場所を知っているので)近くの潜在的な相手を見つけ、フェイスブックプロフィールからの写真を見せる。ウィルはそれぞれの写真を好んだり拒絶したりできる。もし女性もまた彼を好めば、両方は注意を発せられ、おしゃべりを始めることができる。

ティンダーは素早く(数分で何十枚もの写真をスクロールできる)恥をかかずに済む(誰かが拒絶しても知ることはない)。ウィルはすでに3度のロマンティックな出会いをし、何百ものお見合いをしている、と彼は語る。ティンダーの共同創業者ジャスティン・マティーンは、それが9月に立ち上げてから1億のお見合いをしており、50の婚約につながっているという。彼は付け加える。「そのアプリは本当に9か月しかやっていない。間もなく子供が生まれ出てくるかもしれないよ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バラクで豊かになっているか? - オバマと中産階級

9月
30

その大統領はお気に入りの曲を再演する

ほとんど知られていなかったバラク・オバマという名の上院議員が2005年にイリノイのノックス大学で演説した時、彼は当時の大統領ジョージ・ブッシュの政策を、労働者を失業状態にし、家族を大学や医療保険に支払う余裕がないままにしている「社会的ダーウィン主義」だと、激しく非難した。ブッシュ氏の考えは、「巨大な中産階級」を作りだした「きちんとした給料、給付、そして公立学校」と調和しなかった、と彼は主張した。

それ以来、オバマ氏は繰り返しこのテーマに戻っている。彼はほとんどいつでも彼の政策を中産階級にとっていいことだと表現する。にもかかわらず、7月24日にノックス大学に戻った時、彼は大統領職を4年務めて中産階級の生活は厳しくなっているかもしれないと認めた。

民間部門の雇用はその不況前のピークに近づいているが、実質の家計所得は、2005年よりも5%低いままだ。家計のもっとも豊かな1%に行くすべての所得の割合は、1920年代以来最高水準だった2005年に近いままだ。オバマ氏が良い新しい職の素の候補として長く望んできた二つの部門、製造業と輸出は、停滞している。世論調査会社のピュー・リサーチによると、自分が中産階級の一員だと考えるアメリカ人は2008年よりも少なくなっているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

郊外に押し入る - 人口動態

9月
22

貧困は郊外に移っている

35歳で2人の子供を持つキムは、コカイン中毒の母親の面倒を見るために高校を去った。キムの結婚が失敗し始め、夫が病気になった時、彼女自身(そこから8か月自由になっている)アルコールと錠剤の中毒の症状が出た。彼女はいま、ファストフード店で働いており、推測するに年に約1.4万ドル稼いでいる。

メリッサはかつてイヴェント企画会社を持っていた。それはうまくやっていたが「経済が下降した時それは私の会社を巻き込んだ」と彼女は語る。彼女はいま失業中だ。彼女とその16か月の息子は、慈善団体の家族資源センター(CFR)によって供給されたアパートに住んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ホップと変化 - 自家醸造

9月
22

ついに、政府はあなたを愛し、あなたに幸せになってほしいと思っている

ほとんどのアメリカ人はそれを認識していないかもしれないが、先月よりも、彼らの国は少しだけ自由に、そして多分少しだけほろ酔いになっている。7月1日に、ミシシッピで家でビールを作ることが合法になった。アラバマは5月に自家醸造者への起訴の脅しを解除した。いま、その50全ての州で自分のビールを作ることは合法だ。ベンジャミン・フランクリンは、(出典は怪しいが)ビールを「神が我々を愛しており、我々に幸福になってほしいという証明」だと呼んだと言われる。ジミー・カーターは、事実上連邦レヴェルで自家醸造を合法化する、物品税から自家製ビールを除外する法に、1978年に署名した。しかし、最も厳格な州が合法化の苦い薬を飲みこむまでに、35年かかった。アメリカの自家醸造者組合(AHA)のような組織は、緩和するよう何十年も州の議員に働きかけている。例えば、アラバマではその法を変えるよう立法府を刺激するのに5年かかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ合衆国 を購読