アメリカ合衆国

アメリカに戻っている - 多国籍製造業

5月
17

外国に工場を立てる魅力が薄れている

「顧客が別の製造工場を中国に建てようと考えていたら、私は別の場所を考えるよう説得してきた。」ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のハル・シルキンは述べる。「例えばヴェトナムは考えたのかい?それともアメリカで作ることに挑戦したらどうだろう。」アメリカ企業である顧客がアメリカの顧客のために工場をたてることを考えているとき、シルキン氏は、愛国的な理由ではなく、グローバリゼーションの経済は早く変化するので、ますます本国に止まるよう提案するようになっている。

労働力の鞘取り、つまり外国、特に貧しい国々の安い労働力を利用することは、多国籍企業を海外移転させるただ一つの要因では無かったが、それは間違いなく大きな部分を占めていた。しかしながら、今では、新興国は景気がいいので、そこの賃金は上がっている。例えば、中国で工場労働者に支払う額は2005年から2010年の間に69%も急上昇した。BCGの新しい調査によれば、このように労働力の鞘取りから得られるものは小さくなりはじめており、無意味な場合もあるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

明らかに馬鹿げている - 知的財産権と経済

5月
09

もしアメリカがもっと革新を必要としているのなら、一体全体なぜ特許局の予算を削るのだ?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗すればするほど、うまく失敗できる

4月
22

失敗をうまく管理すれば会社はそれから多くを学ぶことができる。

ビジネス作家はいつも成功の祭壇を崇拝してきた。トム・ピータースは「In Search of Excellence」でスーパースターになった。スティーブン・コヴィーは「成功する人の7つの習慣」で1,500万部以上を売り上げた。マルコルム・グラッドウェルは彼の3番目の本「Outliers」に「成功物語」という賢い副題をつけた。この成功への執着は、最新流行のマネジメントをいっそう目立ったものにした。「ハーヴァード・ビジネス・レヴュー」の4月号は失敗の特集で、他の投稿者とともにP&Gの成功した前社長のA.G.ラフレーを取り上げ、「成功よりも失敗からより多く学べる。」と宣言した。最新のイギリス版のWeird誌はその表紙で、「最初に失敗し、それから成功しろ。ヨーロッパの会社がシリコンヴァレーから学ぶ必要があること。」と銘打った。コンサルタント会社のIDEOは「早く成功するためにたくさん失敗しろ。」というスローガンを作り出した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

反ケインジアンの隆盛 - 共和党経済学

4月
18

ポール・ライアンの知的後背地

共和党が何十億ドルもの連邦予算の削減を提案したとき、民主党は仕事と成長が打撃を受けるだろうという経済学者による予測を広めた。共和党下院議員のション・ボエナーは自分の経済専門家であるスタンフォード大学のジョン・テイラーとともに反撃し、「基本的な経済、経験、そして事実により反しているものはない。」とテイラー氏はボエナー氏が引用した彼のブログで断言した。政府支出を削減することにより、共和党は民間投資を促進し仕事を作ることができると述べた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ツイートするかしないか

4月
08

ソーシャル・メディア・サイトは大流行だ。しかし経済に対する付加価値はなんだろう?

経済は苦しんでいるかもしれない。しかし一つの分野は成長している:ソーシャルメディアだ。それはFacebookで始まり、5年前にはほとんど存 在しなかったくらくらするような一連の会社によって拡大した:Twitter, LinkedIn, Groupon, Yammer, Yelp, Flicker, Ning, Digg-そしてリストは続く。それらの会社はほとんど非公開だが、ウォールストリートや投資家から熱烈な関心を受けた。Facebookは750億ドル の価値があるとされ、Grouponは250億ドルに近い評価をされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ合衆国 を購読