アメリカ合衆国

チャイナ・シンドローム

8月
13

アメリカ人のその地政学的ライヴァルへの不平は、力ではなく、別のことについてだ

ヴァージニア州スミスフィールドのハム愛好家にとって、なぜ中国の大物が間もなく彼らの町を支配する大豚肉生産者を所有するのかを説明するのがアメリカの弱みだ。ピーナッツのえさを与えられた豚を原料にしてそれからヒッコリーで燻製にされた地元のハムは、植民地時代に最初に名声を得た。スミスフィールドでは、豚のイメージは、誇りの象徴としてのアメリカの国旗と競い、店先、学校の運動用具、そして町の給水塔を飾っている。しかし、もし数十億ドルの買収が進めば、その町にある世界最大の豚生産者であるスミスフィールド・フーズは、中国の屠殺業者上海国際の子会社になる。

その買い注文のニュースは、アメリカ大統領と中国国家主席との間の6月7,8日に設定された首脳会談のすぐ前に入ってきた。承認されれば、それは、アメリカでの中国の最大の投資を記録し、さらなる投資が確かに続くだろう。それは、相対的な経済力について、そしてその二つのライヴァルが相互依存の新たな段階に踏み出す時どちらが上手を取るかについての疑問を提起する。その相互依存は、民主主義と法の支配についての哲学的違いは言うまでもなく、市場開放と企業秘密のサイバー泥棒についての困難な経済的論争と共存するので、なお一層特筆すべきだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

吹き飛ばされた - エネルギー

8月
13

風力発電はよくやっているが、それは依然として不定期で短期の補助金に頼っている

去年10月のそよ風の吹く日に、カンザスの知事サム・ブラウンバックは、その州の繁栄する石油ガス探査産業を回った。しかし、バスが開けた平原を渡って進むとき、カンザスのエネルギーの新たな現象について気づかないのは難しい。風力発電だ。たくさんある。去年、その州はその風力発電能力を倍にした。これは今、その電気の11%を提供する。しかし、風雨にさらされたオイルマンは、ひとつの動いていない発電機を見上げて、それは政府補助金を吸い上げる以上にほとんど何もしていない、と言った。

これらの補助金のおかげで、風力発電は2012年によくやった。その年に、記録となる6,700基の発電機が設置され、250億ドルの民間資本が投資された。これは、その国の電気供給の約3.5%の風力発電能力をもたらす。それは、1,500万件の家に電気を供給するのに十分だ。エネルギー省は、2030年までにアメリカの電気需要の20%は風力によって賄われる、と計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生活を消す - ミシシッピ・デルタ

8月
13

南部農村での衝撃的な過疎化率

グリーンヴィルの大通りにある、古典的なポーチコ、高くあげられた丸天井、そしてキラキラしたステンドグラスを持つ堂々としたシナゴーグは、数百人の礼拝者を収容するために、1906年に建設された。最近の良い週には、金曜の礼拝には12人があらわれ、その中の数人は90歳代だ、とある管理人は語る。宗教教育のための四つの教室は、今、たった3人の子供たちを満たしているだけだ。あとのユダヤ人共同体は、亡くなったか、その郡のより豊かなほかの部分に流れ出た。

ミシシッピの肥沃な沖積平野とアーカンソーとルイジアナのそれに隣接する部分である、デルタを後にしているのは、ユダヤ人だけではない。1940年以来、その地域の人口は、ほとんど半分に減っている。いくつかの郡では、それよりさらに減っている。それは、その国中での加速する傾向のもっとも目立った例になっている。過去2年にわたって、アメリカ農村部の総人口は、ほんの小さな数字であるけれども、1970年代に国勢調査局が追跡を始めて以来初めて減っている。全部で1,976のうち1,261という、農村郡の多数は、人口が減っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

飼い葉桶で - 農業

8月
10

ひどい農業法案が反対に直面している

ブルース・スプリングスティーンはかつて「いま簡単にカネを稼ぐためにその町に進むんだ」と歌った。簡単な金が行くので、農業補助金を打ちのめすことは難しい。アメリカの農民への支払いは、1995-2012年の間においしい2.56億ドルだった。もっとも大きな補助金はもっとも豊かな農民に行った。財政タカ派の上院議員トム・コバーンによる研究によると、これらには有機農民に土地を貸すスプリングスティーン氏自身も含むという。そして、別のロッカーのジョン・ボン・ジョヴィは、ミツバチを育てている不動産で、たった100ドルの所得税しか支払っていない。納税者は、彼がもはや「livin’ on a prayer」ではないことを知ってうれしいだろう。

5年ごとに、議会は新しい農業法案を考える。問題を混乱させ、さらなる票を集めるために、その法案は一般的に2つの完全に別の問題を扱う。(連邦政府が食料スタンプを与える)貧しい人々の苦境と(政府が緩和しようとしている)農業の予測不可能性だ。異様に上院に多くの代表を送り込んでいる地方の州からの政治家は、明白な理由で農業法案を支持する。多くの都市部の政治家も、少なからず彼らの有権者が食料スタンプに頼っているので、それらを支持する。今回、珍しく、農業法案は戦いに直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺にて - 都市復興

8月
09

かつて荒廃していた南ボストンの一部は、革新のあふれる場所になっている

「70年代に子供だった頃、これは嫌なにおいがしていた。ボストン保全センターのジム・ルーニーは、その巨大なセンターがたつ南ボストンの水辺について話す。腐った卵の匂いがし、ものがそこら中に浮き、中が見えなかった。いやな水だった。」さらに、1,000エイクスまたは400ヘクタールのその地域は、高架の高速道路によって、町の他の部分から切り離されていた。そこには、貧弱な公共交通しかなく、道路はほとんどなかった。かつてそこは、(近くに住んでいた)「南部人」が港湾労働者として働いていた、鉄道ヤードとドックを自慢していた。しかし、海辺の仕事の多くは遠い昔に無くなった。軌道は、アスファルトの海に覆われた。倉庫は空になり、その場所は巨大な駐車場になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

とげっぽい疑問 - 侵略的な種

7月
31

定義上保守的である環境保護主義者は、ふつう新種をある環境に導入することについて恐れを持って見る。もしそのような種がうまく行けば、それは、むしろ軽蔑表現である「侵略的」と描写される。しかし、そのような種が実際にどれだけの変化を起こしたか(または、環境保護主義者の見方ではそれらがどれだけの被害を与えたか)がしばしば未決だ。だから、これを理解しようと試みた北アメリカでのセイヨウクロウメモドキについての二つの最近の研究は、その議論への歓迎される一条の光だ。

クロウメモドキは、生け垣を作るために19世紀にヨーロッパからアメリカに輸入された。それ以来、それはその国の森林地帯に広がり、多くの博物学者はそれが現地の野生動物にとって悪いと考えている。その新しい研究は、もしあなたがカエルや小鳥ならば、彼らが正しいことを示唆する。けれども、もしあなたがコヨーテかアライグマならば、クロウメモドキはよいことだ。

シカゴのリンカーン動物園のセス・メーグルは、これらの捕食者がクロウメモドキが育つところでより一般的なのではないかと考えた。彼はそれ故に、その町の近くの35の森に動作反応型のカメラを設置した。いくつかの場所にはたくさんのクロウメモドキがあった。いくつかにはなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ランド・ポールの夢

7月
30

リバタリアニズムはメジャーに昇格できるのか?

国の省庁を運営することを考えるとき、あなたの強い請願があなたの父親よりも風変りな人ではなくなっているとファンがしゃべりたてているのを聞くのは、ほろ苦いに違いない。しかし、それがケンタッキーからの上院議員で小さな政府主義者の星であるランド・ポールを賞賛する多くの共和党員の見方だ。彼らは彼を、普通の有権者への話し方といつ黙るのかを知っているという追加の才能を持っている、リバタリアンの間のカルト的な人物で、長きにわたる議員で、ホワイトハウスへの連続的な競争相手である彼の父親のロン・ポールの、価値のある相続人だと呼ぶ。父親のポール氏は、一切れの有権者の間で傾倒を吹き込んだが、それは究極的には彼の原理主義と狂気のオジサン的なやり方によって、縁に限られていた。若い方のポール氏は違っている、と推進者は言う。まったくより政治的な動物だ、と。

その州が2016年の最初の予備選を行うたった31か月前の5月20日にニューハンプシャーを訪れて、その1期目の上院議員は意義深い反応をひきおこした。彼は、ここ数年でパーティーイヴェントで見られた常連よりも多くの若者を含んだ、500人を超える共和党員に、資金調達ディナーで歓迎された。彼はまた、彼を「快いポール」と呼ぶTシャツを売る現地の共和党員にもあいさつされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

原生林の中に - 遺伝子組み換えの木

6月
25

あるGM品種が、間もなく慎重に自由化されるかもしれない

伝承によれば、昔々、リスはメインからフロリダまで地面に触れることなしにアメリカの栗の森を通って移動することができたという。北アメリカの栗の木の数は、当時約40億本あったと計算される。もはやそうではない。斧とチェーンソウは、責任の一端を担わなければならない。しかし、一番の犯人は、栗の木を枯らす原因となる菌の、クリ胴枯病菌だ。19世紀後半に、アジアからのいくつかの感染した見本が、クリ胴枯病菌を北アメリカにもたらした。1950年までに、栗の木はその大陸のほとんどの場所で、思い出を少し超える程度のものとなった。

しかしながら、アメリカの栗の木は、遺伝子工学のおかげで、再び増え始めようとしている。今月、農業省の警戒した目の下で、ジョージア、ニューヨーク、そしてヴァージニアで、三つの実験的区画が植林される。その普通の遺伝子補完物とともに、これらの木は、その金からそれらを守ると研究者たちが望んでいる少数の他のものとともに備え付けられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スピンオフの芸術

6月
25

古い会社から新しい会社を作り出すためのヒント

エンターテイメントの世界では、スピンオフはヒット作の子供だ。人気のある人物を取り上げ、彼らに独自の計画や熟慮した許可を与え、新たな一ひねりをするのだ。ゆえに、『フレンズ』は『ジョーイ』を生み、『アー・ユー・ビーイング・サーヴド』は『グレース・アンド・フェーヴァー』を生んだ。そのようなスピンオフは、ふつう失敗する。

事業では、スピンオフは既存の会社の子供だ。ある部門を取り上げ、それを独立の会社に変えるのだ。ゆえに、製薬会社のブリストル・マイヤーズ・スクイブは人工関節のジンマーを生み、複合企業のタイコは安全システムメーカーのADTを生んだのだ。これらのスピンオフは、より良い記録を持っている。

コンサルタント会社のスピン=オフ・アドヴァイザーズによれば、今年今までのところ11の大きなアメリカのスピンオフがあり、その数は近年徐々に増えているという。さらに2つがあらわれている。タイム・ワーナーは、タイムを含んだその雑誌事業を投げ出す準備をしており、ニューズ・コーポレーションは、ウォール・ストリート・ジャーナル、サン、そしてロンドンのタイムズを含んだその出版事業をスピンオフする準備をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ合衆国 を購読