アメリカ合衆国

海運ニュース - 五大湖

2月
24

問題にもかかわらず、五大湖での海運の復活が期待される

春がやって来て五大湖の凍った岸が長くかかって雪解けした時、北アメリカの水上高速道路のセントローレンス川は、30年で最大のその船団の更新を見てしかるべきだ。(その川のアメリカ側を運営管理する)セントローレンス川開発公社の副社長のクレッグ・ミドルブルークは、約30隻の新しい船がその水路を往復するために作られていると説明する。

始められた最新のものの一つは、モントリオールのフェドナヴ・グループによって委託されたフェデラル・サツキだった。それは12月にクリーヴランドから出航した。この船団の更新の理由の一部は、中国や日本のような外国で建設されたカナダの旗艦への税金をなくすことだ。別の理由は通貨変動により新しい船を手に入れることが安くなったことだ。

船会社のCSLグループのCEOのロッド・ジョーンズが言うように、「我々は機会を買うのを待っている。」そして多くのほかの会社が同じことを感じている理由は、五大湖地域が長期的経済成長への準備ができているという見方が広く持たれていることだ。船会社はそれへの準備をしたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ドルを求めて - アメリカの海洋社会資本

2月
24

港と内陸水路への過少投資はアメリカの競争力を危険にさらす

ニューオリンズの産業運河閘門は、アメリカの二つのもっともトン数の大きな水路をつなげる。その穀物、トウモロコシ、大豆生産のほとんどと同じく、6,000の海洋船舶、15万のはしけ、そして5億トンの荷物を毎年取り扱うミシシッピー川と、精製所が多くあるテキサス南東部からフロリダに向けて流れるメキシコ湾沿岸内水路の二本だ。船は片方からもう片方に1921年に作られた閘門を経由して通り抜け、現代の閘門の半分の長さの600フィートの利用できる長さしかない。その取り替えは1956年に承認された。取り換え工事は1998年に承認され、それから訴訟によって止まっている。アメリカの内陸水路を管理するアメリカ陸軍工兵司令部の最も楽観的な予測では、新たな閘門の完成は2030年だとみている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道で膨らんだ - ふくらますことのできる宇宙船

2月
07

宇宙ステーションを作るのに巨大な風船を使う計画

国際宇宙ステーション(ISS)は、空の人類の別荘だ。すべてのそのような家と同じように、それは(1,500億ドルかかり、さらに増えている)ぜいたく品だ。そして、地球上の多くのほかの計画のように、所有者はそれを弄ぶのに抗することができない。1月16日に、NASAがISSが拡張されると発表したことは、その精神だった。これは、地球ではよくあることかもしれないように、温室でも屋根裏改装でもない。そうではなくて、それはBEAM(ビゲロー拡張可能活動モジュール)だ。

アメリカのホテル事業家で宇宙マニアのロバート・ビゲローは、宇宙ステーションが鉄ではなく織物で作られるべきだという考えを何年も押している。それは、それらが打ち上げの時に折りたたみ、軌道でふくらますことができることを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公共選択の声 - ジェームズ・ブキャナン

2月
07

1月9日に亡くなったジェームズ・ブキャナンは、政治的意思決定を示した

アメリカ人が議会よりも好ましいと判断するものの中には、調査会社のパブリック・ポリシー・ポーリングによると、大腸内視鏡検査、歯根管、シラミ、そしてフランスがあった。アメリカは、経済危機から政治的麻痺に至るまで、よろめいているように見える。それは、1月9日に93歳で亡くなった、ノーベル賞受賞経済学者で「公共選択論」の設計者であるジェームズ・ブキャナンにとってはほとんど驚きではなかっただろう。

ブキャナン氏は彼の分野で外れ値だった。彼は、政治哲学の真剣な繁栄のために、その職業が奉ずる複雑なモデルや数学を避けた(それにより彼を誤って軽量級だと退けるものもいる)。テネシー生まれの彼は、北東部のエリートを信用せず、彼の経歴のほとんどをヴァージニアの大学で過ごした。彼は、彼が深く主観的な問題だとみなしていた経済的費用といった変数への経済学の普通の扱いに挑戦した。彼は、啓蒙主義者の立場から100%の相続税といった異端を採用した。しかし、彼のもっとも偉大な貢献は、政治経済学の領域だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

得られた教訓 - さよなら、ティム・ガイトナー

2月
05

やめてゆく財務長官が最後に語る

共和党がアメリカの政府債務の天井を上げなければ、市場は「混乱」し、その国は危機へと逆戻りするだろう、と1月14日にバラク・オバマは語った。その財務長官のティム・ガイトナーは同じ日にこれはわずかひと月で起こりうる、と注記した。

しかし、もしすべてが計画通りに行けば、ガイトナー氏はその時にはそこにはいない。彼はその手綱を現在ホワイトハウスの首席補佐官のジャック・ルーに手渡す。それは残念なことかもしれない。何千人もの人々が金融危機について学んでいるが、ガイトナー氏ほど実際に把握している人の名前を上げるのは難しいだろう。1990年代にビル・クリントンの財務大臣ロバート・ルービンとラリー・サマーズの下で働いている間に、新興世界のいたるところで通貨と銀行危機に取り組んだ。2007年に世界金融危機が起こった時、彼はニューヨークの連邦準備銀行の総裁だった。ここで彼は、ベアー・スターンズや保険会社のAIGの救済、そしてリーマン・ブラザーズの破綻の決定を含んだ連銀の反応で鍵となる役割を果たした。オバマ氏の財務長官として、彼は、最終的には担保差押えの雪崩を抑制するのにほとんど役に立たなかった複数の抵当計画と同様に、銀行制度を安定化させるストレステストと資本注入を設計し、実行した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ラメントーソ - アメリカの金に困ったオーケストラ

1月
27

ピットの中の困難

ほとんどのアメリカ人に対して偉大な組織での賃金闘争について尋ねれば、彼らはたぶん去年NFLに課された管理締め出しについて思い出すだろう。それは一時的にプロの審判をアマチュアで代用することにつながった。

それは、しかしながら、誰かの給料や組織の威信に深刻な損害を与えることなく比較的早く終わった。アメリカ最高の交響楽団のいくつかはそれほど幸運ではないかもしれない。その理由を見るために、その国最高のものの一つであるミネソタ交響楽団を見るといい。

景気後退のおかげで、過去6年間でチケットの売上と寄付は約10%下がっている。今のところ、その不足は交響楽団の基金を取り崩して埋めている。これが過去数年間のみすぼらしい投資収益とあいまって、オーケストラの経営陣が2007年にその団員との最後の契約に合意した時に予想したものと、その楽団が今実際に持っているものとのかなりの差を生み出している。

差を埋めることに絶望して、その楽団の経営陣は、団員たちに対してその補償を50%切り下げることになる給与と福利の削減を提案した。団員たちはその提案を9月に拒絶した。経営陣はコンサートをキャンセルすることによって反応した。早くても2月の中ごろまでないのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

燃料の雑多な富 - 豊かな世界の石炭

1月
10

なぜ世界で最も有害な化石燃料はアメリカよりもヨーロッパで多く燃やされているのか? - アメリカの安いガスと新しいルール

ハイテクの世界では、汚く黒い石炭の塊は時代遅れのように見えるかもしれない。だが、石炭は過去のものどころではない。どんなにあなたのiPad、壁かけテレビ、そして電気自動車が格好良くても、たぶんそれらは石炭によって電力供給されている。石炭火力発電所は世界の電気の2/5を供給し、かつてないほど多く使っている。過去10年間にわたって倍増した世界の電気生産の中で、その増分の2/3は石炭からきている。その割合で、石炭は5年以内に世界最大のエネルギー源として石油に肩を並べるだろう。2001年まで、それは石油の重要性の半分もなかった。

主要素は、2011年にアメリカを追い抜いて世界最大の電気生産者になった中国のエネルギーへの抑えられない渇きだ。豊かな国のクラブである国際エネルギー機関(IEA)によると、2001年に中国の石炭需要は石油換算で約6億トン(25エクサジュール)だった。2011年までに中国の石炭需要は3倍になり、アメリカが石油から得ていたエネルギーの2/3からその倍に上昇した。中国の国内石油産業は中東の石油よりも多くの第一次エネルギーを生産している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

電機ごみ分別への答えを追い求める会社 - 電化製品の環境問題

1月
07

その問題を分別する経済的価値がある

カタリン・ウィクラーにちょうど起こったことだが、EMCが電機ごみの廃棄をいかに改善するかを考えた時、その情報技術グループの持続可能性最高責任者は、偶像破壊者についての本を読んでいた。彼女にとって、確立した因習を破壊するその考えは、その会社がその問題にいかに接近すべきか彼女が考えていることと完全に合っていた。

これが、マサチューセッツのEMCが、環境防衛基金(EDF)と開放革新会社のイノセンティヴとともに働くオンラインのエコ=チャレンジを始めると決めた理由の一部だ。

「経験と認識の多様性は、革新を生み出す助けになる。」ウィンクラー女史は語る。「そして私は、他の産業の革新者に手を伸ばすことができるという考えをつかんだ。」

そのエコ=チャレンジを通して、EMCは責任を果たすことができるよう使用済み電機部品とサブシステムの発送の後を追う制度を見つけたいと思っていた。

ウィンクラー女史は語る。「電機ごみは社会的、経済的、そして環境的問題だ。それは最後には埋め立てゴミ処理場か発展途上世界に行き、その原料を抽出した非公式経済の人々を傷つける。」

「そして、そこに固定された真の経済的価値がある。だから、これをまとめて解決することには意味がある。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

きれいな考えのために頭を集めろ - 環境技術インキュベーター

1月
06

革新を駆動するために力を合わせる部門

モドレットと呼ばれる装置を電源につないだ後で、家やオフィスにいる人々は、ウェブを通して遠隔操作で使っていない電化製品の管理をして無駄なエネルギーを削減することができる。モデレットを開発したシンクエコは、環境技術事業の発展に捧げられた増加するインキュベーターの一つであるNYCエーカーの壁の中からそうした。

NYCエーカー(ニューヨーク市環境再生可能経済推進者)のポートフォリオの中の新興企業にとって、強く注目しているのは、都市環境の中でエネルギー使用を解決する技術開発だ。「我々は大規模に革新を駆り立てるのを助けたいと思っており、ニューヨークはその100万件の建物で巨大市場だ。」運営部長のミカー・コッチは語る。

しかしながら、環境技術インキュベーターが市場の力をよりきれいな経済を駆り立てるために使うことを狙っている一方で、炭素排出、水消費、そして廃棄物といった問題を解決する方法の開発は、それが広範囲の部門や組織からの入力を必要とするという点で情報技術やバイオテックの革新を育てることと違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バクスターが仕事を始める - 産業用ロボット

10月
23

新しい低価格ロボットが売り出されそうだ

100万台以上のロボットが世界中の工場で働いており、そのほとんどは車を作るためだ。しかし、多くの専門家の目では、これらの機械は古いメインフレームのコンピューターに似ているという。大きく、高価で、柔軟ではなく、どうするかを教えるために専門家チームを必要とするのだ。それらの専門家の一人、ロドニー・ブルークスは、産業が必要としているのはPCに相当するロボットだと長い間論じている。10月に、彼の考えの結果が、バクスターと呼ばれるロボットの形で売り出される。

ブルークス博士は、マサチューセッツ工科大学の人工知能研究所の元所長で、掃除や、兵士が爆弾を取り除く役に立つほかのことをするロボットを作るiRobotの共同創業者だ。彼のボストンに本拠を置く新しい会社リシンク・ロボティクスは、可動式台座に座る不格好な2本の腕のロボットを作っている。顔の代わりに、それはその頭につけられた画面に表示された一組の漫画のような眼を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ合衆国 を購読