英国

自然の遺産 - 野生動物管理

3月
09

スコットランド高地帯の鹿をめぐる新たないさかい

ポール・リスターは普通ではないスコットランドの地主だ。彼の衣装棚にはタータンはなく、そして彼はウイスキーを飲まない。彼は狩りも射撃も魚釣りもしない。代わりに彼はその時間を自然保護について考えることに使っている。リスター氏は一人ではない。新たな地主の系統が、スコットランドをかなり買い占めているのだ。彼らの鹿についての見方は、伝統的なスポーツ用の地所との問題を惹き起こしている。

彼らの土地は、スコットランドの標準によってでさえも、広大だ。家具事業家の跡取りであるリスター氏は、9,300ヘクタールのアラデール城を管理する。デンマークのファッションの大物アンダース・ホルフ・ポールセンは、東部高地帯に6万ヘクタールを所有し、英国で2番目に大きな民間地主になっている。

両者ともに、スコットランドの環境の素晴らしかった過去を恋しく思っている。17世紀には、その高地帯には、松、ブナ、そしてセイヨウナナカマドの森があった。しかし、それから、その木々は、ヒツジやライチョウの狩り場として利用するために切り倒された。草を食べる鹿は地面を裸にし続ける。最近、若木は成木に育つ前に食い荒らされる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

プラスティックのポンド - 新しい貨幣

3月
09

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

巨人の一人 - ロナルド・コース

2月
09

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まず手を洗いなさい - 生物医学

1月
31

賢い消毒剤取り出し機は、医療職員に手をより頻繁に洗うよう巧妙に勧めることにより、命を救うことを約束するかもしれない

1800年代には誕生は危険な事業だった。多くの女性がそのあとすぐに亡くなったのだ。当時ウィーン総合病院で働いていた産科医のセンメルヴェイス・イグナーツは、患者に触る前に漂白剤で手を洗うことによって、死亡率を90%減らすことができた、と観察した。これはルイ・パスツールが細菌論を打ち立てるよりも前で、センメルヴェイスはその関連を説明することができなかった。けれども、彼がその発見を公開した後で、多くのその同僚はその手がきれいではないという示唆に立腹した。結局医者は紳士で、別の産科医のチャールズ・メイグスがいうように、「紳士の手はきれい」なのだ。くじかれたセンメルヴェイスは鬱になり、最後には精神病院に送られた。彼は看守に残忍にたたかれた後で14日後に亡くなった。

病院での衛生は、センメルヴェイスの時から大きく進歩している。しかし、まだ改善の余地がある。毎年、アメリカだけで10万人近くの人々が、病院での防ぐことのできた感染で亡くなる。英国のスキンケア会社デブ・グループのポール・アルパーによって考え出された発明が、これを変える役に立つかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

おっぱい、ダメ -- タブロイドのヌード

12月
10

タブロイドのヌードについての論争は、性と社会について何を言うか

ある英国紳士は慣例を好む。トーストの上のマーマイト、グラスに入ったぬるいビール、口の中の虫歯、そしてサン誌の数百万人の読者にとっては3面のダヴェントリーのケリーのおっぱいをちらっと見ることだ。そのようなことは、英国の最大部数のタブロイドによってなされた主張だ。いわく、そのトップレスの写真は1970年に当時の経営者ルパート・マードックによって導入され、それらは国民生活の無害な定着物になっている、と。だが、生意気にも尊ぶべきかもしれないが、3面は先が見えているかもしれない。その運命は、性、フェミニズム、そしてメディアへの進化する姿勢に光を当てる。1970年から英国で何が変わり、何が変わっていないかについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボールを見る - プレミアリーグ

12月
09

世界でもっとも豊かなサッカーリーグはビッグデータを抱きとめている

リヴァプール・サッカー・クラブが8月17日にストークとの開幕戦に臨むとき、それを最も近くで見るのはアンフィールド競技場の4.5万人のサポーターではないだろう。212か国の8億世帯に広がった観念的な英国プレミアリーグ(EPL)ファンの一団も、そのゲームをもっとも詳細に見るわけではないだろう。EPLは新たな観察者の種を持っている。勝つための最善の方法を発見するために統計を使って注意深くそれぞれの動きの後を追う洗練されたデータ会社だ。

EPLでの賭け金は高い。大きなテレビ視聴者がそれを世界でもっとも豊かなリーグにし、今季31億ポンド(48億ドル)の純収入が予想される。しかし、EPLのクラブはたくさん稼ぐけれども、彼らはたくさん費やしもする。才能は値が張る。選手の給料は平均的なクラブの収入の70%を吸収し、その数字が94%にもなるところもある。プライド以上のものが懸かっているのだ。そのリーグよりも下の収入はEPLの1/4なので、規制は収入がその支出にはるかに及ばないクラブをそのままにできる。何人かが見つけたように、規制されることは死のスパイラルの原因になりうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

道は長い - 英国のソマリ人たち

12月
09

ソマリ人たちはほかの移民よりも悪い生活を送っている。何が彼らを抑止しているのか?

理髪店はゴシップのための素晴らしい場所だ。ケンティッシュ・タウンのハッサン・アリの店も変わらない。その北ロンドン人は、機械技師になる夢を持ってソマリアから英国に到着した。しかし、彼は理髪がうまかった。できる仕事は何でもするのだ、と彼は語る。英国で最大の難民人口であるソマリ人のほとんどは、働いていない。彼らは英国で最も貧しく、最も教育を受けておらず、最も雇用されていない部類に入る。他の難民たちが栄えている国で、なぜソマリ人たちはそれほどにひどいのか?

1世紀以上前に最初に英国に到着したソマリ人は、経済的移民だった。商船の船員は、カーディフ、リヴァプール、そしてロンドンといったドックのある町に住んだ。1990年代に内戦がソマリアを破壊した時、難民が英国に群れを成してやってきた。1999年に最高潮を記録し、(その年に英国に到着した難民の11%に当たる)7,495人のソマリ人が到着した。それ以来、流入は減速している。それは依然として大きな共同体を残す。2011年の国勢調査は、イングランドと英国に101,370人のソマリア生まれの人々がいるのを見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マリに追いつこうとしようではないか - 英国経済

9月
12

なぜ投資適性で159番目になることは、ある国にとって回復を維持することができないのか

良い経済的ニュースは、旱魃の中の雨のしずくのように英国に降り始めている。その国は干からびている。先週発表されたGDP推計の改定は、産出が依然としてその2008年のピークよりも3.9%低く、イタリア以外のどのGDP諸国よりも悪い成績だということを示唆する。信認が戻るにつれ、英国経済が依然として弱い投資、生産性、そして賃金の病気の核を持っており、厳しい政策決定が前に横たわっているということを指摘するのは、ほとんど不作法なようだ。

その経済は、第一四半期に年率換算で1.2%成長した。経営者の調査は、今年の0.8%の成長と言う公的な予測が上方修正されなければならないことを示唆する。抵当信用は再び流れている。住宅価格は上がっている。FTSE100の株価指数は、5月にその2007年のピークを少し超えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の飴 - ウォルポールの名画

7月
14

エカチェリーナ2世によって飛びつかれた伝説的な英国芸術蒐集が、250年後に戻ってくるが、ほんの数か月間だ

1742年、英国の初代、そして最も長く仕えた首相である、ロバート・ウォルポール卿はついに退職した。20年以上にわたって、ウォルポールは大蔵大臣として得たその巨額の富を使って、ヨーロッパの偉大な民間蒐集品と競り合う美術と芸術の蒐集品を作り出した。

ノーフォークのホートンにある彼の父親の家の跡地に建てたパラディオン邸宅に、ウォルポールは、ダウニング通り10番地を含んだ彼の様々なロンドンの家を飾った絵画をまとめた。ルーベンス、レンブラント、そしてヴェラスケスによる肖像画が、当時もっとも流行の建築家だったウィリアム・ケントによって設計された内装の中に、パオロ・ヴェロネーゼによる名画に並んでつるされている。3年間、ウォルポールはこの栄華にふけり、彼の支出についてのどんな書類仕事も破壊した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

英国 を購読