イタリア

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荘厳さの夜明けに - ルネサンスの春

4月
22

新たな展覧会が15世紀初めの巨匠たちをほめたたえる

イタリアのうぬぼれは引き潮にある。先月の選挙は、道化者たちが勝利した。イタリア経済は苦労しており、新たな教皇は、前任者によって彼に譲られたローマカトリック教会への不幸な調査の結果を読んでいる。しかし、フィレンツェへの訪問者にとって、フィリッポ・ブルネレスキが1436年に建設した大聖堂は、同時代の評論家によれば、「すべてのトスカーナの人々を陰に覆うほど広く空の上に」そびえたつ。

ブルネレスキの大聖堂は、フィレンツェがかつて新しい世界の支点だったことを思い出させるものだ。それはまた、多くがここで生まれたと論ずる、ルネサンスとして知られるようになった知的芸術的運動をかたどる。

この重要な瞬間に捧げた新たな展覧会が、いかにフィレンツェ共和国の著名な人々の小集団が、古代の学びを再発見するために、中世の思想の甲羅を突破した。彼らは、政治、芸術、建築、文学、そして哲学にわたって広がる研究と創造性の波を自由にし、復活の手本になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誘惑の名人 - ティツィアーノ

8月
12
ヴェネツィア・ルネサンスのもっとも偉大な画家:(書評)Titian: His Life by Sheila Hale
 
シェークスピアが作家の中で目立っているように、ティツィアーノはその仲間の中で目立っており、シーラ・ヘイルの信ずべきそして読みやすい本は、彼女の主題の価値以上のものがある。
 
ティツィアーノは、風景、肖像画、そして性的覚醒の自然の世界を描いた。彼は宗教の力を否定せず、そして彼は記憶に残り感動させる祭壇画を描いた。しかし、彼のもっともよい作品は人生から描かれたものであり、豪華な公爵、腐敗した教皇、強力な皇帝の虚栄と欲望を満足させるために作られた。それは感覚を研ぎ澄ませ、喜びを与える。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

遠すぎる橋? - 遺跡保護

4月
14

 

会社はイタリアのバラバラになった宝物を生き返らせる役に立ちたいと思っている―高い値段で

有名なポーランド人映画監督ロマン・ポランスキが2007年に(今は行き詰っている紀元79年のヴェスヴィオ山の噴火についての大予算の叙事詩であ る)映画ポンペイを作る契約を結んだ時、ポンペイ遺跡の母国であるイタリアは、撮影のための彼の一番の選択肢だった。しかし、そのプロダクションは、現実 的なイタリア人役人が例によって映画クルーが考古学遺跡を踏みにじることに反対し、スペイン政府がイタリアに安いオファーで勝ったために、最後にはスペイ ンに移った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
イタリア を購読