国際

境界の問題 - GDP計測

10月
09

アメリカはそのGDPの測り方を変えている

経済学は乱雑な学問分野だ。科学にしてはあまりに流動的だし、アートにしてはあまりにがっしりしている。たぶん、それは、経済学者のもっともよく使う計量である国内総生産(GNP)ももつれていることにも当てはまる。GDPは経済の領域での産出の総価値を測る。その明らかな単純さは、なぜそれが毎月0.1ポイント単位でじろじろ見られるかを説明する。しかし、分析の基礎として、それはかなり主観的だ。それは、何が領域に数えられるか、何が算出に数えられるか、そしていかにそれを評価するかについての難しい決定に基づいている。実に、経済学者は依然としてそれを微調整しているのだ。今週、主に経済的資産に数えられるものの定義が動いた「境界」のために、アメリカのGDPは5,600億ポンド、または3.6%上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カリウムが豊富だ - 肥料価格

10月
09

カリウム価格制度の歓迎すべき大変動

カリはめったにそのような興奮は経験しない。肥料の中でさえも、それは一番上の請求を争っている。リン酸と窒素の地球規模市場は、カリがもっとも一般的な形態であるカリウムの上に位置している。しかし、今週の、世界供給の約1/5を生産するロシアの大手ウラルカリが大きなベラルーシの生産者との価格カルテルをやめたという発表は、その商品を大衆の目に押し込んだ。その動きをOPECを去るサウジアラビアになぞらえるものもいる。

カリの生産者は一般的に静かだが、利益を上げる。2010年のBHPビリトンによるカナダのポタッシュコープへの400億ドルの買収提案が、それが見出しを飾った最後だった。BHPは、世界が養うべきかつてないほどの口を加えるにつれて安定して成長する見通しがあり、運ぶのが簡単な、かさばる商品の見た目を好んだ。その取引は失敗に終わったが、BHP、ヴァーレ、そしてほかの鉱山会社は、依然として大きなカリ計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

昨日の燃料

10月
06

世界の石油への渇望は、頂点に近づいているかもしれない。それは生産者にとっては悪いニュースで、みんなにとって素晴らしいことだ

石油時代の夜明けは、かなり最近だ。それは6,000年前に耐水ボートに使われたけれども、熱心にそれを抽出するのは、ペンシルヴェニアで石油が発見された後の1859年になって始まった。最初の原油1樽は、18ドル(現在の価格で約450ドル)で売れた。それは、クジラの捕りすぎが鯨油不足につながった後で人工照明の主要な燃料だった灯油を作るために使われた。精製過程で作られたほかの液体は、ランプの光にはあまりに不安定か煙っぽく、燃やされるか捨てられた。しかし、数年後の内燃機関の開発のおかげで、ほしくないガソリンと軽油は長くは無駄にならなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済論者の見分け方

9月
20

別に特定の人をイメージして言うわけではないが、ある人が経済を理解しているかどうかを見極める、とても簡易な方法がある。何とか発見機、といってみてもよいだろう。それは、法人税減税を主張するか否かだ。

法人税がコストであることは誰も否定しないだろう。しかし、それがコストなのは、率ではなく、存在そのものなのだ。考えてほしい。税率を引き下げたからと言って、税務部門を縮小できるだろうか?税務署をリストラして小さな政府が実現できるだろうか?そんなことは全くない。1%でも、法人税を取られ続ける限りは、それにかかるコストはほとんど変わらないのだ。むしろ、貼り付けておく人数は変わらないのに納税額が減ると言うことは、単位あたりのコストとしては上がることを意味する。つまり、法人税を減税すればするほど、社会の効率性は低下してゆくのだ。だから、もし法人税をいじるとしたら、撤廃するか、上げるかしか選択肢はなく、下げるなどという愚策はどう考えてもあり得ないのだ。下げるべきだと主張する人は、いったい何%が最適だと考えているのだろうか?経済を理解しない人が感覚で政策を決められると、本当に困るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

格安の食事 - ビッグ・マック指数

9月
19

通貨への我々の気楽な指針は、ユーロ圏を近くで見てみる

連邦準備銀行による資産購入終了の見通しは、外国為替市場での回転を惹き起こしている。新興市場通貨が下落し、ドルへの強気の買いが増すにつれて、パンの間を読むべき時だ。ビッグ・マック指数は、エコノミスト誌の為替レートのはかりだ。それは、長期的には為替レートは財とサーヴィスの同一のバスケットの価格が国境をまたいで同じになるように調整してしかるべきだという購買力平価(PPP)理論に基づいている。我々のバスケットには、ひとつのものしか含まれていない。(牛ではなく鶏肉を使ったインドのマハラジャマックを例外として)ほとんどどこでも同じ内容物を使っている、ビッグ・マックだ。バーガーを買うには、アメリカで4.56ドルなのに対して、ノルウェーでは市場の為替レートで7.48ドルかかるので、ノルウェーのクローネは我々のはかりでは65%過大評価されている。

ほかの通貨はとても生焼けのように見える。ドルは、アメリカよりも南アフリカでは2.5倍多くバーガーを買え、インドでは3倍買える。しかしながら、労働費用がより貧しい国では低いので、先進国の価格を途上国のものと比べるのは、問題だ。中国の元は我々の基本的なはかりでは43%過小評価されている。一人あたりのGDPで調整すると、それは公正価格のたった4%下なだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

市長と富

9月
18

町の指導者たちはますます事業手法を採用し事業を促進している

ニューヨーク市長は、することほぼすべてに事業への尊敬を払う。彼の執務室は取引場の「ブルペン」をモデルにしている。彼の行政は(例えば24時間の公的電話相談を供給すると言った)町のサーヴィスから長期的計画まで、すべてを改善するために事業手法を使う。彼は、ニューヨークを会社として、市の職員を人材として、そして市民を顧客として見ており、だいたいニューヨーカーはそのために彼が好きだ。

マイケル・ブルームバーグは人気のある市長であるのと同様に、成功した事業家だ。しかし彼だけが、町のCEOとして自身を見なしているわけでは決してない。ますます多くの市長が、その仕事を、事業友好的な環境を促進し、その町を世界に売ることだとみている。ヒューストンの市長アニース・パーカーは、会社に「コンシェルジェ・サーヴィス」を提供していることについて自慢する。サンフランシスコ市長エド・リーは伝統的な商工会議所の補完として、技術商工会議所を作っている。ポートランド市長サム・アダムスは、その町の輸出を倍にする計画を持っている。ロサンゼルスの元市長アントニオ・ヴィーライゴーサは、彼の任期中の最大の後悔は、彼がその町をラテンアメリカやアジアに促進するのにより多くの時間を費やさなかったことだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自由を取る - デジタルマネー

8月
11

仮想の資金洗浄家の生活は難しくなっている

ニューヨークでリバティ・リザーヴ(LR)と現在と過去のその7人の従業員に対して起こされた刑事告訴は、デジタル通貨の世界を揺らしている。被告は、クレジットカード偽造者、ID泥棒、ハッカー、薬物密売者のための「サイバー犯罪世界の金融ハブ」として活動したと申し立てられた、資金洗浄活動をしたとして罪に問われる。当局は、2006年から2013年の5月の間にLRが5,500万の取引を行い、60億ドルを洗浄したと推計する。それは、国境を越えた資金洗浄の歴史で最大の事例になる。

LRのウェブサイトが閉鎖され、規制者が仮想通貨は反資金洗浄ルールにより精を出して従うべきだと警告するので、サイバーに熱中するものたちは、どのデジタルマネー事業が次に賢察の視界に入るかについて謎を残されたままだ。違法薬物のオンライン市場であるシルクロードで広く使われる仮想通貨のお気に入りであるビットコインに注意が向くのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平らな電池 - 低排出車

8月
09

電気自動車は未来の環境車両になるレースで失速している。それは悲劇ではない

5月は電気自動車にとって最も陽気な月ではない。5月1日に、アメリカの電池駆動自動車メーカーコーダは破産を宣言した。26日には、交換可能電池を積んだ車のより派手な促進者のベター・プレースがイスラエルで清算を申請した。一部に税金が使われているアメリカの電気自動車メーカーのフィスカーは、崩壊の危機に瀕し、その(同じく国の資金を得た)電池メーカーのA123が去年つぶれて以来まったく車を作っていない。フィアット=クライスラーの社長は、その月の間に、それが500eの電気自動車を1台売るたびに1万ドルの損失を出すという。その車はガソリン車の倍の価格の3.2万ドルするが、カリフォルニアが車メーカーに「ゼロ排出車」の売上に割り当てを課しているので、フィアットはそれらを売ろうとしなければならない。

そのニュースはすべて悪いものではない。カリフォルニアの電池駆動スポーツカーメーカーのテスラは最近その最初の四半期利益を宣言し、4.52億ドルの政府融資を早期返済した。しかし、全体として、電池だけで駆動するものにしろガソリンエンジンをバックアップとして使うハイブリッドにしろ、電気自動車は失敗作だ。それらは、国家補助金があっても高価で、電池だけで駆動するものは移動範囲が限られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

国際 を購読