災害・復興

高く濡れている - インドの洪水

9月
09

自然災害がひどい反応で悪化している

ほとんどが小さな州のウッタラーカンドでの、北部インドでの洪水は、巨大な規模で災害になっている。6月14日のモンスーンの初期の強烈な襲撃が、川を増水させ、道路、橋、ホテル、そして村を丸ごとすら押し流した。岩がいっぱいの奔流が車や家を壊し、犠牲者をがれきや泥の下に埋めた。雨が来るといういくらかの警告にもかかわらず、約10万人の人々がそれらにとらわれた。少なくとも1,000人が亡くなった。さらに多くが行方不明だ。最終的な犠牲者数はわからないかもしれず、数千に広がっている。

1年のこの時期は、巡礼者と観光客の群がヒマラヤのふもとの現地民に加わり、この惨事に全国的な規模を与えている。最もひどかったのは、ほとんどが巡礼者の何百もの死体が見つかったガンジス川の水源近くにあるヒンドゥ寺院の町である、小さくて高い高度にあるケダルナートだった。最初の洪水を生き残った多くは、その努力が継続する悪天候によって邪魔された軍の救助を待って、1週間以上吹きさらしで飢えて座っていた。空軍は、大量火葬のための積薪を作るために材木をおとした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あなたは湿るだろう - 沿岸の都市と気候変動

8月
21

アメリカ人は、海水面が上がっている時でさえも、海岸の家を建てている

ハリケーンサンデーがニューヨークとニュージャージーを通って引き裂く前に、それはフロリダで止まった。巨大な波がビーチを覆い、フォートローダーデールのコンクリートの堤防に押し寄せ、フロリダの沿岸の高速道路のA1Aにあふれた。ひと月後、別の一続きの暴力的な嵐が南部フロリダを襲い、フォートローダーデールのビーチとA1Aのかなりの部分をひどく侵食した。労働者は新しい堤防を建設し、高速道路を修理し、いくつかの歩道橋を付け加えている。ビーチの侵食はフォートローダーデールに中部フロリダの内陸の鉱山から砂を買うよう強いた。その鉱山の柔らかく白い砂は、もともとのより暗く粒の粗いものに対して目立つ。

ハリケーンと嵐は、フロリダにとって新しいものでも何でもない。しかし、海が温かくなるにつれ、ハリケーンはより強烈になっている。さらに事態を悪くしているのは、これが鋭く上がる海水面の背景に対して起こっており、かつては季節的な悩みだったものを実存する脅威に変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小川を上げる - ヴェトナムの洪水管理

6月
24

低地にある町は洪水を防ぐために抜本的な行動をとらなければならない

ホーチミン市(地元ではHCMCと呼ばれる)の川と運河は、そのバイクが動けない地区を通る血管のように曲がりくねって流れる。その町の場所は、安く物を作り南シナ海に簡単に接続する近くの港にトラックを運ぶ製造業者にとって良いところにある。しかし、それは、洪水を防ぐためのその町の非現実的な運動に精通している都市計画者たちを心配している。

かつてサイゴンと呼ばれたHCMCは、今のところ破壊的な洪水から免れており、支援者たちは今のところ助けるのに熱心だ。例えば世界銀行は、数少ない中央の地区の雨水と運河の社会資本を更新しており、4月8日には、オランダの町ロッテルダムからの役人が、HCMCが気候変動に適応するのを助けるために設計されたオランダとヴェトナムの合同計画を促進するために町にいた。しかし、町の半分近くは海抜1メートル以下にあり、地盤沈下を引き起こす地下水くみ上げは巨大な見たこともない影響を持つかもしれない、と科学者たちは語る。アジア開発銀行によれば、その町の70%近くは、すでに極度の洪水に対して脆弱だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として復興を待っている - ハイチ

1月
09

破壊的な地震の3年後に、「NGO共和国」は失業の国になっている

「ハイチはビジネスに開かれている。」2011年3月からその国の大統領を務めるミシェル・マーテリーは宣言するのを好む。彼の政府は、外国人が不動産を持つことを簡単にしたり、世界銀行のビジネスのしやすさランキングでハイチが上位50に入ること(それは今185か国中174位だ)を目標にすることによって、この話を後押ししている。11月に、その大統領はトゥーサン・ルーヴェルチュール空港の輝く到着ホールを開いた。マーテリー氏自身、彼が言うには支援者や投資家を訪れたりして、とてもよく外国に行くので、彼の旅行とそれらに結び付いていると言われる日当は、辛辣な冗談の素になっている。

しかし、首都のポルトープランスを破壊し何万人もの人々を殺した2010年1月12日の地震の後でその国が自身を再建するにつれて望まれた迫力ある成長は、現れなかった。9月の終わりまでの12か月に、その経済は穏やかに2.5%成長した。それは打ち砕かれた期待の2年目だった。IMFは2011と2012年の両方に8%の成長を予測していたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

モンスーンかその後か - インドの気候

8月
05
迫りくる旱魃は管理できる。モンスーンへの長期的変化は破壊的になるかもしれない
 
インドの北部平原のくらむような日中の熱は、地球を割く。農民たちは、彼らが屋外で寝るチャーポイの上に倒れる。雨が降って当然だが、空は晴れている。痩せてしわになったプリティ・シンは、彼の全作物は、飼い葉の種がまかれた畑とともにしおれている。
 
一定せず遅れてやってくるモンスーンの夏が二年続いた後で、今年、雨は単に降らなかった。シン氏は、かつてないほどに減っている地下水に到達するまでの井戸、発電機、そして軽油のために支払う余裕がなかった。農家はいつでもギャンブルだ。しかし、シン氏は5万ルピー(890ドル)の年間所得の半分を失っており、今は冬麦の作物に頼っている。近くの別の農家は、金貸しへの累積債務を支払うために彼の土地を売らなければならない。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

死にゆくとき - 合衆国農業

7月
30

2012年の干ばつは農家の利益をへこませ、食料価格を押し上げる

2012年の旱魃は、冬季のほんの少し少ない雪と喜ばしい春の早い始まりで、十分に罪なく始まった。しかし、夏が過ぎ去るにつれ、一連の暑さの記録がアメリカ中で打ち立てられた。水不足と極端な熱気の両方があいまって55年間で最悪の旱魃を作り出した。今後数週間さらなる乾燥した天気が予想されている。

アメリカ中で、農地は干からび、トウモロコシはしおれ、貯水池は水位が下がり、川は干上がり、野火がユタとコロラドで起こっている。深刻な旱魃状態が隣接する48州のほとんどで忍び寄り、国立気候データセンターからの新しい報告では、7月10日の時点で、合衆国大陸部の55%が、穏やかから極端な旱魃で、1/3が深刻から極端な旱魃状態であるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

再び飢えている - サヘル

7月
19

飢饉の繰り返される脅威に合わせて準備するより良い方法があるに違いない

サハラ砂漠の南の縁に広がった広大な乾燥地であるサヘルで、ほぼ1,900万人の人々が食料不足になっている。国連によれば、100万人以上の5歳以下の子供たちが死の危険にあるという。さらに300万人が、「激しい栄養失調」だとそれは言う。6月19日に、それは、世界のより豊かな国々に、飢餓を寄せ付けないようにするために、16億ドルを見つけるよう頼んだ。

これはここ7年でその地域を襲った3度目の大きな食糧危機だ。今回のものは、旱魃、去年の貧しい収穫、高い食料価格、そして半ダースのサヘル諸国の中の一つであるマリの不安定によって引き金が引かれた。その理由は2005年や2010年とほとんど同じだ。危機ではない年でさえも、国連の子供関連機関であるユニセフはその地域で87万の極度の栄養失調の事例を取り扱っているという。

ロンドンの東洋アフリカ研究学院のカルロス・オヤは、この慢性的な不安定が、自然によるものではなく政策の失敗の結果だという。この地域での灌漑は不適切だ。政府は正しい穀物準備の積み上げができていない。その大陸の反対側で政治闘争に荒らされているジンバブエのような国でさえも、約40万トンのメイズの備蓄をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

災害・復興 を購読