災害・復興

日本のエネルギー危機 - 何が危機なのか?

4月
27

なぜ首都はそのトイレの電気を消さなければならないのか

もし地震に襲われた電力会社の東京電力がより不人気になるために何かできるとしたら、それはエアコンを動かし続けるだけの電力を供給できずに蒸し暑い夏を迎えるという見通しだろう。しかし東京電力は広報にほとんど成功していない。顧客を大きな節電努力が必要だと説得しながら、彼らは考えられたよりも多くの予備を持っていることが明らかになった。

4月15日には彼らは夏のピーク月の電力不足の推計を3週間前に発表した8.5GWから3~4.3GWに下げた。追加能力は、100やそこらの小さな天然ガス発電機や、会社の自家発電、そしてより多くの水力発電から来た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

我慢による沈黙

4月
27

世界は日本の冷静な精神を賞賛してきた。しかし、それには心配な面もある。

一般的な合意として、冷静な国の中で、一番忍耐強い被災者は3月11日に地震と津波に襲われた東北人だ。その地域で一番愛されている詩人である(1896年に生まれた)宮沢賢治の、一番よく知られた詩は「雨にもマケズ」で始まる。それは、厳しい状況に上品に耐える美徳を激賞している。宮沢の仲間の東北人がこのような本当の根性の試練に直面したことはほとんどない。しかし、彼らが長く黙って耐え忍べば耐え忍ぶほど、彼らが日本再生のためのエンジンとして行動しなくなることが心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

災害復興

3月
31

災害復興についての個人的な考えをまとめたものです。素人の思いつきのようなもので、読むほどの価値があるものかはわかりませんが、ご興味がありましたら、どうぞ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

災害・復興 を購読