GM

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

秘密を守れますか? - 知的財産

4月
15

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェアリング経済の繁栄

4月
08

インターネットでは、すべてが借りられる

昨夜、192の国の3万の町で25万の部屋を提供するサーヴィスから、4万の人々が部屋を借りた。彼らはその部屋を選び、すべてをオンラインで支払った。しかし、彼らのベッドは、ホテルの部屋よりもむしろ、民間の個人により提供された。ホストとゲストは、サンフランシスコの企業のAirbnbによって組み合わされた。2008年にそれが始まって以来、400万以上の人々がそれを利用している。2012年だけでそのうち250万人だ。それは、人々がベッド、車、ボートなどの資産をインターネットを通して調整して直接お互いに借りる新しい「シェアリング経済」のもっとも目覚ましい例だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈滞期、新興企業

1月
11
起業家や経営者への景気後退の影響はとても大きい
 
経済沈滞期に設立された有名企業の一覧は長く多様だ。その中には、GM、AT&T、ディズニー、MTVなど、すべて景気後退期に設立された企業が含まれる。2009年のある研究によると、フォーチュン500の会社の半分以上は下降期か弱気の市場の時期に始まったという。景気後退は、会社を始めるのに、全体として悪いときではないのかも知れないようだ。実は、不景気(と好況)は、普通認識されているよりも、事業の展望に長い陰をもたらす。それはビジネス形成率といかに既存の会社が経営されるかの両方に影響するからだ。
 
景気後退は、ヨーゼフ・シュンペーターが呼ぶところの「創造的破壊」である生産的な経済撹拌の過程を加速すると論ずる者もいる。破壊の部分は簡単に見ることが出来る。下降は、墓標として大通りの窓を板張りにして、事業を殺す。しかし、景気後退はまた、新事業の創造をせき立てる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

エクアドルのサッカー - 南米スポーツ界のダヴィデ

6月
20
どのように地域のスポーツで期待以上の成果を挙げた国は進んできたのか
 
悲しいかな、エクアドルという小国はサッカーになったときは大物食いをする。代表チームは過去3 回のワールドカップのうち2回に出場した。ミッドフィルダーのアントニオ・ヴァレンシアはマンチェスターユナイテッドでクリスティアーノ・ロナウドの位置を受け継いだ。そしてキトのリーガ・デポルティーヴァ・ウニヴェルシタリア(LDC)は最近はるかによく知られたブラジルやアルゼンチンのチームを国際試合でうち負かした。エクアドルの全1部リーグのチームは、それは年間4千万ドルの収入だと推計されているが、何人かのヨーロッパのトッププレイヤーほど稼いでいない。
 
エクアドルの転換は1998年サッカー連盟(FEF)がモンテネグロ人のドゥサン・ドラスコヴィッチに代表チームの監督を依頼した時に始まった。FEFは一部リーグを18チームから12チームに減らし、チームに少なくとも一人の20歳以下の選手をすべての試合の少なくとも半分以上に出場させることを義務付け、若手の開発をした。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アメリカに戻っている - 多国籍製造業

5月
17

外国に工場を立てる魅力が薄れている

「顧客が別の製造工場を中国に建てようと考えていたら、私は別の場所を考えるよう説得してきた。」ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のハル・シルキンは述べる。「例えばヴェトナムは考えたのかい?それともアメリカで作ることに挑戦したらどうだろう。」アメリカ企業である顧客がアメリカの顧客のために工場をたてることを考えているとき、シルキン氏は、愛国的な理由ではなく、グローバリゼーションの経済は早く変化するので、ますます本国に止まるよう提案するようになっている。

労働力の鞘取り、つまり外国、特に貧しい国々の安い労働力を利用することは、多国籍企業を海外移転させるただ一つの要因では無かったが、それは間違いなく大きな部分を占めていた。しかしながら、今では、新興国は景気がいいので、そこの賃金は上がっている。例えば、中国で工場労働者に支払う額は2005年から2010年の間に69%も急上昇した。BCGの新しい調査によれば、このように労働力の鞘取りから得られるものは小さくなりはじめており、無意味な場合もあるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
GM を購読