日本

日本とジハード – 砂の嵐

2月
11

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

1月
03

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始める時だ - 日本の起業家たち

1月
01

安倍晋三は日本の認められない起業家たちに新たな望みを与えている

「いまから始まる」インターネット会社のライヴドアの前社長堀江貴文は、今年の春に刑務所から出て2か月後にツイートした。堀江氏は、宇宙旅行事業を含んだ30には収まらない新会社に関与する。もしそのいずれかが大きくなれば、2011年に詐欺で有罪となった堀江氏は、失敗した日本の起業家が戻ってくることができることを示すかもしれない。

日本の大物事業家志望者の雰囲気は、ドットコムバブルが10年かそこら前に破裂してから最も楽天的になっている。より高い株式市場は、成功する株式公開の可能性を押し上げている。首相の安倍晋三は、起業家を強欲な山師以上のものとして扱った最初の日本の指導者だ。過去数年間で、出しゃばりな自己宣伝者の堀江氏が、その見方を持つ場合の証拠物件Aだった。しかし今、堀江氏は、彼が事業の世界に帰ってくることが歓迎されていると語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域観光のためのNarrative Hospitality Strategy

12月
31

地域観光の発展の可能性について考察する論文が、株式会社タップ主催の第6回タップアワードにて優秀賞を受賞いたしました。

こちらから掲載論文を全文読むことができますので、よろしかったらご覧ください。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

広い口のカエル - 日本の安全保障

10月
15

その国は、第二次世界大戦以来最大の軍艦を進水させる

もしそれが空母と同じくらい大きく空母のように見えるのならば、それが空母である可能性がある。または、かんたんにそれに変えることができるだろう。8月6日に横浜で、日本は第二次世界大戦以来その国で最大の軍艦を公開した。公式には、いずもは護衛艦だ。それが2015年に就役するとき、それは対潜水艦戦と国境警備活動に使われる14機までのヘリコプターを積むだろう。満載排水量2.7万トンのその船は、日本の艦隊の他のどれよりも1.5倍大きなものだ。それはまた、被災地にたくさんの人々や装備を運ぶこともできる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公平な税制とは何か? - 消費税再論4

9月
28

さて、消費税の構造についてもう一度まとめておきましょう。前回も書いたとおり、個人はもちろん消費税は価格に上乗せされていますので、そのまま支払わなければなりません。一般の人は、それを経費に算入することも、事実上経費扱いの控除の額を増やすこともできません。つまりまるまる全額支払うことになります。一方で法人はどうでしょうか?法人が消費税課税の財やサーヴィスを購入すると、それらは経費どころではなく資産として計上できます。つまり、どれだけ無駄遣いして赤字を出しても、消費税相当分はまるまる帰ってくるのです。消費税増税は、法人の体質強化だ、などと言いつつ、実は赤字のゾンビ企業を支え続けるための、事実上の既得権益に対する補助金なのです。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

消費税、微調整からはじめよう ― 消費税再論3

9月
21

公平な税制、財政再建、法人税減税と消費税増税による直間比率の是正。こんな言葉が好きな人たち、多いですよね。そんな人たちに、これらをまとめて達成する秘策をお教えします。税率を上げてシステムに負担をかけるよりも全然簡単にできます。運用変更だけで済み、システム変更の手間は一切かからないのです。

それは、仮払い消費税の廃止です。企業は、今まで資産計上せざるを得なかったものを、晴れて費用計上できるようにし、堂々と利益を減らすことによって、法人納税額を減らすことができます。今までは、利益を大きく申告して法人課税されてから消費税分が戻ってくるという形ですから、すでに支払っているものに対して法人課税されていることになりますね。法人の過剰な負担を取り除くためにも、是正すべきですね。一方、消費税の収税額は格段に増加します。これは直間比率を大きく是正し、即財政再建に寄与するでしょう。一方、前回も述べたように、自然人は費用計上すら認められないことを、法人ならば資産を計上してしまう。これは公平の原則から外れますよね。こういう所は、これだけでは全然十分ではないですけれども、少しずつ正していきましょう。税制は、何よりも公平が一番ですから。社会保障の安定のためには、できるだけ皆さん公平に負担していただく形にすべきでしょうね。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

消費税再論2  各種控除について

9月
01

消費税について、賃金に反映されていない、とか低所得者対策、とかいろいろ言われていますが、それ以前にひとつ気になることがあります。各種の所得控除と言うのは、消費税増税分だけ増やされるのでしょうか?各納税者の個人的事情を加味して、とありますが、各納税者の生活費が3%上がるのだから、その事情を考慮して控除も引き上げていただくのが、一番さっぱりしたやり方だと思うのですが。いや、詳しく知らないので、もしかしたら、当然そのような処理はされるのかもしれません。そうだとしたら、大変失礼なことを申し上げていると思います。ただ、もし、万が一、しないということならば、消費税の本質みたいなものがずいぶん見えてしまいますよね。控除と言うのは、個人にとってはある種経費に相当するような部分だと認識しています。そこで、生活費は3%上げますが、それに対する経費は一切認めません、と言う形にすることで、税収増を図るのが消費税の本質だということになってしまいます。要するにピンハネ率を上げるということですよね。軽く世帯頭でだいたいの控除金額3%が増えたとして、どれくらいになりそうか概算してみれば、そのインパクトの大きさはわかると思います。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

日本 を購読