環境・自然・農業

自然の遺産 - 野生動物管理

3月
09

スコットランド高地帯の鹿をめぐる新たないさかい

ポール・リスターは普通ではないスコットランドの地主だ。彼の衣装棚にはタータンはなく、そして彼はウイスキーを飲まない。彼は狩りも射撃も魚釣りもしない。代わりに彼はその時間を自然保護について考えることに使っている。リスター氏は一人ではない。新たな地主の系統が、スコットランドをかなり買い占めているのだ。彼らの鹿についての見方は、伝統的なスポーツ用の地所との問題を惹き起こしている。

彼らの土地は、スコットランドの標準によってでさえも、広大だ。家具事業家の跡取りであるリスター氏は、9,300ヘクタールのアラデール城を管理する。デンマークのファッションの大物アンダース・ホルフ・ポールセンは、東部高地帯に6万ヘクタールを所有し、英国で2番目に大きな民間地主になっている。

両者ともに、スコットランドの環境の素晴らしかった過去を恋しく思っている。17世紀には、その高地帯には、松、ブナ、そしてセイヨウナナカマドの森があった。しかし、それから、その木々は、ヒツジやライチョウの狩り場として利用するために切り倒された。草を食べる鹿は地面を裸にし続ける。最近、若木は成木に育つ前に食い荒らされる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生き延びる - 生物多様性

2月
14

少ない成長ではなくさらなる成長が第6大絶滅を避ける最善の望みだ

海南テナガザル、毎朝お互いに歌う。しかし、最近彼らはあまり歌うことがない。その種は、米とゴムの肥沃な産地であるだけでなく、ゴルファーの天国でもある、ある中国の島の固有種だ。その森のほとんどは、これらの活動のために場所をあけるために破壊されており、そのテナガザルの数は数十匹に減っている。もしその種が消えれば、それは1万2千年前の完新世の始まり以来絶滅した最初のサルになるだろう。

海南テナガザルは、国際自然保護連合によって絶滅寸前に指定された4,224種のうちのたった一つにすぎない。注意は哺乳類と鳥類に集まる傾向にあるが、カエルのような両生類は、さらに危険にさらされている。

過去数世紀にわたって、人類の経済成長は、他の種が直面する問題の多くを惹き起こしている。しかし、より大きな人類の繁栄はいま、他の種が生き延びる最善の可能性を提供する。
 

恐竜に何をしたか

地球の歴史で、これまでに5回の大絶滅があった。一つは恐竜を絶滅させた。別のものは地球上の96%の種を一掃した。すべてが多分地質的な事件が隕石によって引き起こされた。多くの科学者は6つ目のものが進行中で、それは人によって引き起こされていると考えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジサシの限界 - 鳥類学

12月
27

メイン州の沖合で小さな悲劇が起きている

彼らは、他のどの鳥よりも多い年に5.5万マイルを飛行に費やす。30年の寿命で、それは一つか2つの卵を産むためだけに、月への3往復の旅行に等しい距離を飛ぶのだ。しかし、北極アジサシが大変なのはそれだけではない。近年、メイン州の沖合の産卵場で、その数は40%以上減っている。同じような減少はオランダやアイスランドでも報告されている。

過去30年にわたって、メイン沿海諸島国立野生動物保護のリンダ・ウェルチのような研究者は、肉食のカモメによって乗っ取られた島々の在地の海鳥の数を増やそうとしている。北極アジサシは、約5年前まで増えていた。それから、彼らは減少し始め、2008年に4,224組だったものが2012年には2,467組になった。食料の欠如が理由のようだ。その鳥は、ニシンやほかの小さな魚を探し回り、商業漁船との競争に直面するかもしれない。一方、気候変動は、魚がより冷たいほかの水域に泳いでゆく原因となっているかもしれない。研究者の中には、変化する気候が、その鳥の冬の目的地、南極での食物連鎖を乱しているかもしれず、彼らがメインで産卵するのにあまりに弱くしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

海の変化 - 太平洋諸国

12月
20

太平洋の指導者の集まりは、気候変動を心配する

太平洋諸国の指導者は、太平洋諸島フォーラム(PIF)の年次首脳会談のために、9月3日から6日に、マーシャル諸島の首都マジュロに集まっている。ホストのクリストファー・ロヤック大統領は、気候変動についての「マジュロ宣言」への支援について派手な宣伝をしている。彼は、54,000人の住民がいる29の低地の環礁とサンゴ礁の島々の集まりである彼の国は、特に海水面上昇の脆弱だと語る。ロヤック氏は、今年のマーシャル諸島北部での数か月にわたる深刻な干ばつと、6月に堤防を破りマジュロの飛行場の滑走路に流れ込んだいつもの年よりも高い潮位は、地球温暖化の結果だと語る。

マーシャル諸島は人造の環境破壊についてよく知っている。第二次世界大戦後10年以上にわたって、アメリカはその北部にあるビキニとエニウェトクの環礁で多数の主として秘密の核実験を行った。ビキニと隣のロンゲリックは、人が住めないままだ。隣のキリバスやツヴァルのように、その国の全部の島々は海抜ほんの数メートルで、海洋の上昇によって飲み込まれうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

iPhoneがある時に、なぜ外出するのか? - 国立公園

11月
04

アメリカの国立公園は若者を引き付けるのに苦労している

毎年900万人を超える人々がグレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園を訪れており、それはグランドキャニオンにぽかんと見とれる人の数の倍以上だ。その光景は素晴らしい。アパラチア山脈の最高点である区リングマン・ドームの頂上から、強く惹かれる猫背の稜線が地平に向かって傾いており、それぞれでより薄い青が最後のものにこだまする。その公園はまた、1,000マイルを越えるハイキング、バイク、そして乗馬の小道、良く保全された辺境の小屋、そしてオレンジサラマンダーからアメリカグマまですべての種類の面白い動物相を自慢する。しかし、ケント・ケイヴがそこで働いて30年強で、多くの観光客にとってその公園が、ノースカロライナのチェロキーの土産物屋とテネシーのアミューズメントパークのピジョン・フォージの間の途中にある「克服すべき障害物」であるという感覚が、かつてなく強くなっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カリウムが豊富だ - 肥料価格

10月
09

カリウム価格制度の歓迎すべき大変動

カリはめったにそのような興奮は経験しない。肥料の中でさえも、それは一番上の請求を争っている。リン酸と窒素の地球規模市場は、カリがもっとも一般的な形態であるカリウムの上に位置している。しかし、今週の、世界供給の約1/5を生産するロシアの大手ウラルカリが大きなベラルーシの生産者との価格カルテルをやめたという発表は、その商品を大衆の目に押し込んだ。その動きをOPECを去るサウジアラビアになぞらえるものもいる。

カリの生産者は一般的に静かだが、利益を上げる。2010年のBHPビリトンによるカナダのポタッシュコープへの400億ドルの買収提案が、それが見出しを飾った最後だった。BHPは、世界が養うべきかつてないほどの口を加えるにつれて安定して成長する見通しがあり、運ぶのが簡単な、かさばる商品の見た目を好んだ。その取引は失敗に終わったが、BHP、ヴァーレ、そしてほかの鉱山会社は、依然として大きなカリ計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

根を置いている - ロボット植物

10月
05

どの植物が地下に到達するかのロボットモデル

庭、牧草地、または森林を見るとき、ほとんどどの植物も半分が地下にあるということを人々はしばしば忘れる。茎、葉、そして花はかわいらしい。しかし、植物の根は、醜く目には見えないけれども、たぶん彼らのもっとも巧妙な部分だ。それらは、育っている土壌の物理的特性と化学的構成についての情報を集め、それをどちらの方向に育ち続けるのかを決めるために使う。それらは、ミミズ、モグラ、そして人造のドリルが費やすエネルギーのほんの一部を使って、地面を貫通することができる。植物の根は、それ故に、地下探検のために知られるもっとも効率的な仕組みだ。

しかし、たぶん、もうそれほど長いことではない。ポンテデーラのイタリア技術研究所のバーバラ・マッツォライに率いられた、プラントイド計画について働く研究者たちは、よりよくはないとしても、本物と同じくらい良いロボットの植物の根を開発したいと思っている。そうする中で、彼らはいかに実際の根が機能するか理解し、土壌汚染を監視し鉱物を捜し水を探すかもしれない機会を案出しようとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さいが致命的だ - 大量絶滅

10月
05

歴史上最大の絶滅は、たぶん気候を変えた宇宙の岩によって引き起こされた

どんな学童でも知っているように、恐竜は、外部空間からの岩が今の南部メキシコにあたるところにぶつかった時、たちまちのうちに一掃された。それは、白亜紀の終わりの6,600万年前に起こった。よく知っている子供たちは、この大量絶滅が独特でも最大でもなかったことを知っている。5.41億年前のカンブリア紀の初めに動物の生命が複雑になって以来、4つの他のものが地質学的に記録されている。

しかしながら、これらの賢い子供たちも他の誰も知らないことは、これらの絶滅が似たような原因を持っているのか、と言うことだ。しかし、2.523億年さかのぼる二畳紀の終わりの、すべての中で最大の絶滅は、実に同じく衝突によって引き金が引かれたという証拠が積み重なっている。にもかかわらず、引き金は同じだったけれども、詳細は大きく異なっている、と西オーストラリア大学のエリック・トーヴァ―は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

敏感な情報 - 気候科学

9月
28

次のIPCC調査の中の頂点

「その報告はみんなからの英知を怖がらせるだろう。」最近イヴォ・デ・ボアは語った。彼は元国連の気候交渉責任者で、気候変動に関する政府間パネル (IPCC)の来たるべき第5次評価報告書について話していた。しかしながら、その報告書が公開されるまで2か月となり、かつてほどそれが恐るべきことではないかもしれないと、ひとつの兆候が示唆する。

問題のその兆候は、気候の敏感性についてだ。これは、大気中の二酸化炭素の水準のある増加に反応して、世界平均気温がどれだけ増すことを予想するかについての、研究者によって使われる基準だ。エコノミスト誌によって見つけられ、ページの裏面に複製された、公表されていない報告からの一つの表によると、CO2濃度が425ppmと485ppmの間では、2100年の温度はその産業化前の水準よりも1.3-1.7℃上になるだろう。それは、2007年に作られたIPCCの以前の調査よりも低いだろう。当時、それは445-490ppmの濃度は、2.0-2.4℃の温度上昇の結果となりそうだと考えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ようこそプラスティック界へ - 海洋エコロジー

9月
28

誰かにとって汚染であるものは、他の者にとって機会だ

2008年以来、地質学者は、人々が地球の営みに深い影響を与えてきた年月を取り巻くだろうその惑星の歴史に提案された新たな時代である人類世(Anthropocene)の考えについて熟考している。ほとんどの場合、人類世についての議論は、産業革命の始まり以来どれだけ大気中の化学物質が変わったかを中心題目とする。時に、畑、牧草地、そしてプランテーションの形での、新たな地球上の生態系の影響もまた考えられる。けれども、現在まで、いかに人類世が地上と同様に海洋で新たな生態系を作り出しているかは、それほど調べられていない。

マサチューセッツのウッズホール海洋研究所のトレーシー・ミンサーと同じくウッズホールにある海洋生物学研究所のリンダ・アマラル=ゼトラーが、環境科学技術誌で描いたように、そのような生態系は、にもかかわらず、現れている。海鳥、ウミガメ、そしてほかの海の生物への浮遊するプラスティックゴミの悪影響は、よく知られている。しかし、ミンサー博士とアマラル=ゼトラー博士が発見したように、プラスティックゴミはまた、それを利用することができるほど小さな生物に新たな居住地を提供する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

環境・自然・農業 を購読