中国

別れるのはとてもとても難しい、ヤフー! - 中国とアメリカのインターネット

6月
09

アリババとヤフーは別れることに合意する

「友敵」という言葉は、ヤフーとアリババとの間の7年間の関係を表現するために発明されたのかもしれない。2005年にヤフーがアリババの株式を10億ドル取得することによって固められたそのアメリカのインターネット会社と中国のeコマースの巨人との間の連携は、天国で作られた組み合わせだと思われた。

ヤフーはアメリカの現金と技術、そして既にほかの中国のインターネットの起業家に触発された台湾生まれの社長ジェリー・ヤンを提供した。アリババは、eコマースにとって当時世界最大の未開発の市場へのアクセスを提供した。悲しいことに、その2社はすぐにお互いに皿を投げ合った。彼らは、検閲からアリババのオンライン支払事業アリペイのスピンオフに至るまですべてのことについてけんかした。1年以上にわたる言い争いの後で、彼らは5月20日に多少なりとも友好的に別れる取引を発表した。

それは両方の側の株主にとって救いだろう。アリババの元気のよい社長のジャック・マは、それが株式市場での資金調達を追求できるように、ヤフーからその会社を自由にすることに熱心だった。一変させようと苦労しているのでふけのようなボスたちを落としているヤフーは、その長期にわたって傷ついている投資家に現金を戻すことによって彼らをなだめることに熱中している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国の軍事的勃興

4月
21

新興の超大国が引き起こす安定への脅威を減らす方法がある

どれだけしばしば中国が平和的勃興の考えを強調していようとも、その軍事的近代化の速度と性質は、警告の原因となることが避けられない。アメリカとほかのヨーロッパの大国がその防衛支出を減らしているときに、中国は過去10年の約12%という増加を維持するように見える。その防衛予算が現在のアメリカのそれの1/4だとしても、中国の将軍たちは野心的だ。その国は、20年かそこらの間に世界最大の軍事支出者になることになっている。

その努力の多くは、アメリカが台湾についての将来の危機に干渉するのを防ぐことを狙っている。中国は、アメリカのその地域に力を反映するかつて圧倒的だった能力を鈍らせるために設計された「非対称能力」に重点的に投資している。この“接近阻止・領域拒否”戦略は、多数の正確な地上配備の弾道そして巡航ミサイル、艦船攻撃用ミサイルを搭載した近代的ジェット機、(従来型と原子力型の両方の)潜水艦船団、長距離レーダーと調査衛星、そしてアメリカ軍の「盲目化」することを意図したサイバーと宇宙兵器を含む。話されていることのほとんどは、2,700キロ離れた洋上の空母の甲板上に操作できる弾頭を向けることができるといわれる新しい弾道ミサイルについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安い中国の終わり - 製造業

3月
18

世界の製造業にとって中国の賃金上昇は何を意味するのだろう?

香港から中国を世界の工場にした地域である深圳へフェリーで渡ると、巨大な看板が挨拶する。「時は金なり、効率は人生なり。」

中国は世界最大の工場だ。そのテレビ、スマートフォン、鉄鋼管などの産出は、2010年にアメリカのものをしのいでいる。中国は今、世界の製造業の1/5を占めている。その工場は、とても多く、とても安く作っているので、その貿易相手の多くでインフレを抑制している。しかし、安い中国の時代は終わりに引き寄せられているかもしれない。

歴史的に工場が群がってきた沿岸の省から始まった費用の上昇は続いている。土地価格の上昇、環境安全規制の増加、そして税がすべて役割を果たしている。しかしながら、最大の要素は、労働力だ。3月5日に、投資銀行のスタンダード・チャータードは、珠江デルタで操業している200を超える香港に本社を置く製造業者への調査を発表した。それは、今年になってすでに賃金が10%上がっていることを見つけた。深?でアップルのiPad(や他の多く)を生産する台湾の請負製造業者のフォックスコンは、先月給料を16-25%上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

中国 を購読