中国

中国の特徴を持った民営化 - 中国での政府と事業

9月
06
国家資本主義の隠れたコスト
 
7月の浙江省での命に関わる高速鉄道の事故のあとで、当局は残骸を埋めるためにブルドーザーを送った。その事故は困惑させるものだった。中国の国主導による現代化への突進は、手抜き、粗雑な安全基準、そして信じがたいほどの量の不正を伴うということを思い出させるものだ。それは、共産党の賢明な案内のおかげで中国は世界で2番目に大きな経済になったという公式な物語の筋を否定した。むしろ、党が埋めようとした、厄介な反証と取り組むことになったのだ。
 
中国の国家主導経済モデルを判断するのがとても難しいのは疑いがない。政府の行動は深い深い秘密の下に隠れており、簡単な計測を超えている。しかし、半民営会社は、一般に理解されているより多様で、賞賛に値するものではない。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

それが問題になる時 - 中国の金融スキャンダル

8月
29

国が関与しなければ、中国はかなりスキャンダルに悩まされている

空売り筋は、最近、あてにならない会計の申し立てのまっただ中で、外国市場で株価が崩壊している中国企業が続出しているのを大いに楽しんでいる。カ ナダに上場している林業会社のシノ・フォレストを例に取ると、ある調査会社がその会計に疑問を呈したあと、3月に25.3カナダドル(26ドル)だった株 価は6月に1.99カナダドルまで暴落した。(シノ・フォレストはその主張を否定し、独立した委員会による調査を委任した。)

疑わしい会計の申し立てのあとで株価が暴落するのは、恐らく中国以外では誰でも予想できる。その国でスキャンダルが問題になるのは、多くの場合、他の場所とは少し違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らにシュートを決めさせろ - 新疆

8月
08

中国の荒れ狂う西部は経済開発計画では落ち着きそうもない

新疆の状況は「良好で安定している」と中国外交部の高官は7月初めに語った。それから2週間も経たない7月18日に、中国の西端の反抗的な地域は、再び暴力に揺さぶられた。オアシスの町ホータンで分離主義の暴徒に警察が発砲し、14人が死亡したと公表された。保安官と二人の人々が、この二年間で新疆で最も血なまぐさい衝突の中で市民の人質が殺されたと語った。援助の塊で落ち着きを買おうとした最近の政府の努力はうまく行かなかったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

たったひとりの孤独 - 中国の人口

7月
31

中国の最も人口稠密の省が、一人っ子政策に対する公開の批判を始める

ひと世代前にそれが始まったときに議論になったが、中国の一人っ子政策はより大きな論争を引き起こしている。最近まで、中国でのほとんどの議論は、人口学者に限定されてきた。その多くは、その政策には、始まったときにもほとんど長所がなく、出生率が人口置き換え水準を下回り、若者、中年、高齢者のバランスという中国の人口バランスがとても歪みはじめた今ではさらに被害を与え始めていると論ずる。

今月、その議論は政治的になった。1.04億人を擁し中国で最も人口の多い州である広東省の役人が、その省のルールを弱めるよう公に要求したからだ。広東省の人口家族計画委員会の主任である張楓は、「国の指導者に家族計画と政策の緩和の承認」を申請したと語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

溶ける雰囲気はない - 中国の抑圧

6月
27

「脱税者」の時宜にかなった釈放

数年に渡る反対派への最も激しい取り締まりの中で、中国当局は一人の著名な活動家艾未未の事件で、軟化した珍しい手がかりを与えた。6月22日の深夜、ほぼ3ヶ月に渡る拘留の後で痩せて見えた、髭面でそれでも恰幅のよい芸術家は家に戻った。しかしながら、これは中国の批判者を黙らせる努力の緩みを表すものではないようだ。

公式には、艾氏は「保釈中」だ。中国国営通信社の新華社は、彼の「慢性的な病気(彼は糖尿病と高血圧を患っている)と同様に罪を認める良い姿勢」のために自由になったと語った。

艾氏はまた、伝えられるところによると彼が逃れたと言われる税について「繰り返し」支払う意思があると語っている。中国の警察は経済犯罪の告発を反対派を監禁する口実に使うのを好む。艾氏は、「執行猶予中」で話すことができないといって、留置の詳細を明らかにすることや罪について語ることを拒絶している。

艾氏の留置は西側で広い批判を引き起こした。だから、温家宝首相が2日後にハンガリー、イギリス、ドイツを廻り始めるのは偶然ではないかもしれない。中国は時々重要な外交拘留を円滑化する手段として反対派を解放してきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

天下に新しいものは何もない

6月
20

中国が世界だった時に哲学者達が考えたこととそれが今の中国にどのように役立つか

ヘンリー・キッシンジャーが1970 年代の初期に中国へ先駆的な訪問を行った時、その国は最近亡くなった共産党の信用を失った指導者である林彪と孔子の両方を非難するキャンペーンに掴まれていた。後者が明示されていたので、それはまるでアメリカの報道機関がリチャード・ニクソンとアリストテレスを中傷していたようなものだ。しかし、中国の指導者がよくその外国の交渉相手に思い出させようとするところの5,000 年の歴史という、その過去はその国内政治とその世界観に絶え間ない存在感を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

三峡で窒息する - 中国とダム反対派

6月
14

中国の政府はついにその怪物ダムの問題を認めた

今週の揚子江の中下流地域での雨は、その地域のここ50年で最悪の干ばつを緩和する助けになった。しかしそれは、三峡ダムが災害の原因になったという主張とともに上流のそのダムに対する批判の嵐に水をかけることはなかった。その巨大な大建造物への批判は、政府が珍しくそのダムが原因となった環境、そして他の「緊急の」問題について認めたことによって励まされた。

非公式に、当局者はここしばらくその計画について心配し、そして時には彼らの疑念は公式なメディアにも現れるようになった。しかし、政府はそれ自身、それを承認することを拒絶している。その計画が1992年に形式的な議会により承認されたとき、議論は3年前の天安門事件を受けた当時の抑圧的な政治的雰囲気によってもみ消された。去年の7月、そのダムが2006年に完成してから最大の洪水に直面して、当局者は自分たちがそのダムの洪水を管理する能力を大げさに言いすぎていたことをほのめかした。5月18日に干ばつのためにダムが再び脚光を浴びる中、温家宝首相が議長を努める閣議は欠点を認めることに踏み込んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

中国 を購読