ビジネス・産業

脅かされる現金 - アフリカでの電子支払

3月
14

ポール・エドワーズは、有料テレビと携帯電話をアフリカにもたらした。今度は電子支払だ

「満足した人々は革新しない」アフリカで電子支払のためのスイッチと線を供給する企業であるエマージング・マーケット・ペイメンツ(EMP)の社長、ポール・エドワーズは語る。エドワーズ氏は確かに休まないタイプだ。1990年代の初めに、彼は南アフリカの有料テレビ会社でアフリカの他の部分にも拡大したマルチチョイスの社長だった。数年後、彼はアフリカ最大の携帯電話会社MTNを経営した。EMPは彼のアフリカでの3つ目の大事業だ。その目標は、かなりの所に銀行がない大陸に電子支払いサーヴィスをもたらすことだ。

アフリカ人のたった15-20%しか銀行口座を持っていないが、60-70%は携帯電話を持っている、とエドワーズ氏は語る。携帯電話のクレジットは、すでに料金決済の手段として使われている。ケニアのGDPの1/4は、その国の形態マネーサーヴィスであるM-Pesaを通って流れている。銀行と携帯電話の浸透率の差は、電子支払いサーヴィスの隠れた需要の規格だ、と彼は語る。アフリカのほとんどの取引は現金で決済されるが、徐々により多くの顧客が電子支払いの安全性と便利さを選びそうだ。EMPはそのような取引が滑らかに流れるよう確保する仕組みを打ち立てている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む

文化革命 - 食品会社と革新

1月
01

アメリカのギリシャヨーグルト現象は、大きな食品会社を不快な感じにさせた。彼らは革新でよりよくなろうとしている

ハムディ・ウルカヤのものほど見事な事業経歴はほとんどない。彼はニューヨーク北部の築85年のヨーグルト工場を2005年に買い、18か月後に、チョバーニ「ギリシャ」ヨーグルトに最初の一つを売った。今年、彼は10億ドル以上相当のそれを売ると予想している。アメリカの61億ドルの市場におけるギリシャ式ヨーグルトの市場は、チョバーニが始まった時には無視できるほどのものだったのが、半分近くにまで上がっている。「それほど速く変わった商品はない。」チョバーニを作る会社の単独所有者のウルカヤ氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始める時だ - 日本の起業家たち

1月
01

安倍晋三は日本の認められない起業家たちに新たな望みを与えている

「いまから始まる」インターネット会社のライヴドアの前社長堀江貴文は、今年の春に刑務所から出て2か月後にツイートした。堀江氏は、宇宙旅行事業を含んだ30には収まらない新会社に関与する。もしそのいずれかが大きくなれば、2011年に詐欺で有罪となった堀江氏は、失敗した日本の起業家が戻ってくることができることを示すかもしれない。

日本の大物事業家志望者の雰囲気は、ドットコムバブルが10年かそこら前に破裂してから最も楽天的になっている。より高い株式市場は、成功する株式公開の可能性を押し上げている。首相の安倍晋三は、起業家を強欲な山師以上のものとして扱った最初の日本の指導者だ。過去数年間で、出しゃばりな自己宣伝者の堀江氏が、その見方を持つ場合の証拠物件Aだった。しかし今、堀江氏は、彼が事業の世界に帰ってくることが歓迎されていると語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域観光のためのNarrative Hospitality Strategy

12月
31

地域観光の発展の可能性について考察する論文が、株式会社タップ主催の第6回タップアワードにて優秀賞を受賞いたしました。

こちらから掲載論文を全文読むことができますので、よろしかったらご覧ください。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下落の翌日 - アフリカの株式仲介

12月
12

古いやり方で株式を取引する

8月16日の朝10時数分前に、20数人の着飾った男女がハラレの下町のユニオン通り101の5階にゆっくり集まる。彼らは、ジンバブエ証券取引所(ZSE)でのその日の取引開始を待って、小さな部屋にある木製テーブルの輪の周りに集まる。それぞれのトレーダーの前には、取引場での彼らの場所を記した数字付の緑の長方形がある。目に見えない信号で、取引は始まる(ベルは部屋の真ん中のテーブルに使われないまま置いてある)。

アフリカの株式市場は、幾分かはその大陸の急成長する経済に触れることを欲する先進国の投資家からの関心が増しているために、今年、沸いている。ジンバブエは、70強の上場企業のうち半ダースかそこらしか外国投資家の関心を惹くのに十分なほど大きいものがないのだけれども、アフリカのいわゆる前線市場のうちで最も大きなものを持つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

異なった規模 - 魚の値段

11月
02

魚はますます高価になっているが、彼らは皆同じ速さで動いているわけではない

漁師になるにはよい時だ。国連の食糧農業機関(FAO)の、世界魚類価格指数は、5月に最高値を記録した。特に中国での消費者の食生活の変化が、持続する上昇基調の多くを説明する。漁業と運輸の費用を上昇させる高い石油価格もまた、魚を食卓にのせる価格に上乗せされている。

しかしながら、全ての魚が等しく作られているわけではない。魚の生産には二つの型がある。「捕獲」(または野生)と「水産養殖」(または飼育)だ。そして、彼らは異なった軌道上にあるようだ。その大多数が野生で捕獲されるマグロのような魚は、より養殖が簡単なサケよりも大きな価格上昇をした。全体として、FAOの野生の魚の価格指数は、1990-2012年の間に倍近くになり、一方養殖魚のそれは1/5しか上がっていない。何がこの大きな違いを説明するのか?

地球規模でとらえられた野生の魚の量は、過去20年間でほとんど変わっていない。年に約9,000万トンのその天井には、1980年代の終わりに到達したようだ。特に消費者が高品質を求めると、生産性向上への限られた余地と同じく、過剰な漁が一つの理由だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ビジネス・産業 を購読