ブラジル

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農民vs原住民 - ブラジルの土地

8月
22

対立する土地への主張についての長々強い論争が暴力的になっている

ブラジルの憲法が1988年に適用されて以来、どの地域が原住民の部族の土地だとして宣言されるべきかと決めるのに5年で十分だとされた。25年近くたって、その国は、ほとんどがアマゾンで、その地域の13%を覆う557の固有領域を持っている。しかし、100以上の他の領域が依然として考慮されている。その遅れは、さらに南の長く農業がおこなわれてきた地域での紛争を惹き起こしている。

先月、マットグロッソ・ド・スル州のシドロランディアの警察と農民との衝突で、何人かのテレーナ族がけがをし、一人が殺された。それは、ブラジルの90万の土着民のうち1/10に満たない人々の故郷である大きく農業に依存した州での最新の発火にすぎないが、彼らの半分以上が2003年以来殺されている。シドロランディアでの平和を保つために、連邦治安維持軍が送られている。境界決定について連邦政府に助言をする機関のフナイ(FUNAI)は、議会で砲火にさらされており、その力のいくらかを失う事態に直面している。6月7日に、その長官は病気を理由に辞職した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロスタイムへ - ブラジルのサッカー

8月
11

来年のワールドカップへのための舞台稽古への悲惨な準備期間

ブラジルは、来年のサッカーワールドカップのための世界で「最高で最も現代的な競技場」のいくつかを建設している、とブラジルの大統領ジルマ・ルセフは5月27日の彼女の週1回のラジオ放送で自慢した。それは本当だ。しかし、ほとんど同じ瞬間に、北東部のサルヴァドールにあるそのうちの一つで屋根の一部が豪雨のために崩壊した。その災難は、建設作業の規模に比べれば小さかった。7つの競技場が一から作られており、さらに5つが改装されている。しかし、それは、いかに遅い始まりと遅れる締切が、その国のその大会への準備を時計に対して悲惨で高価なレースに変えているかを例証した。

ブラジルは2007年に開催国に選ばれた。しかし、それは、会場を選び、財源を準備し、建設を始めるのにとても長くかかったので、準備大会である今月のコンフェデレーションズ・カップのための6つの競技場のうちたった2つしか、予定されていた去年の12月に完成していなかった。開幕戦の会場であるブラジリアの新競技場は、5月18日に開いたばかりで、一方リオ・デ・ジャネイロの再建されたマラカナは、その大会が始まる前にたった1試合しかできなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

履歴損失削減 - 燃料節約型タイヤ

1月
21

米のもみ殻から抽出されたシリカはより環境にやさしいタイヤを作る

タイヤは工学の注目すべき一片だ。滑りやすい曲がり角での高速運転で、それらはたった数平方センチメートルしか道路と接触しないが、それらは運転手がその過度の周りで安全にハンドルを切るのを助ける。かつて、それらは完全に天然ゴムからできていた。最近、それらはまた、ゴムのようなポリマー、鉄を編み込んだ層、そして繊維の補強物を含んでおり、そのすべては成績を改善し、燃料消費を削減する。今、イタリアのタイヤメーカー、ピレリは、彼らの材料の一つを籾殻から抽出することによって、さらに環境にやさしい燃料節約タイヤを製造している。

燃料を節約する一つの良い方法は、幾分かは車の重量が繰り返しそのタイヤを押しつぶすことによっておこる回転抵抗を減らすことだ。タイヤが弾むとき、それらは運動エネルギーを熱に変え、ゆえにそれを無駄にする。履歴現象損失として知られるそれは、タイヤのゴムに強い化学結合を持つ粉末素材を混ぜることによって削減できる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソクラテス

12月
19

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太っ腹なゲーム - ブラジルのサッカー

7月
25

なぜ良い選手の中に母国にとどまるものがいるのか

今では少なくともその契約は遠のいたようだが、ホームシックのアルゼンチンのサッカー選手のカルロス・テヴェスのマンチェスター・シティからサンパウロのコリンチャンスへの1億レアル(6,400億ドル)での話題になった移籍話は、ブラジルの最も人気のあるスポーツで何かが起こっていることを示唆している。テヴェス選手の移籍は、部分的にはブラジルの国内移籍市場がしまったことによってなくなった。しかし、デニウソンがロンドンのアーセナルからブラジルに戻ったように、テヴェスのチームメイトのジョーもブラジルに戻った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ブラジル を購読