政治・政策

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

議会が寝ている間に - 気候変動

9月
11

バラク・オバマは地球温暖化を遅らせるための一時しのぎ法を提案する

ワシントンの強烈な夏の日差しの中で、6月25日にバラク・オバマは、彼が「変動する気候への調整された急襲」と呼んだものを明らかにした。彼は、公的な建物へのより良い断熱からきれいなエネルギーへの融資保証まで、自由になるほとんどすべての環境兵器を展開することを約束した。敵にできるだけ早くかかわるために、彼は議会によってすでに彼に与えられた権威にのみ頼っている。しかし、彼の大気中の武器庫の中の変化のほとんどは恐るべきものに足らず、補強を提供しうる議会は、そうしないことを好む。

オバマ氏の「気候行動計画」の中心は、環境保護機関(EPA)に発電所が生み出しうる二酸化炭素の量を制限するよう指令することだ。EPAはすでに、新しい工場にそのようなルールを働きかけていた。その大統領は、9月20日までにそれを、そして既存の発電所からの排出抑制を今から1年以内に生み出したいと思っている。発電所がアメリカの温室効果ガスのほぼ40%を大量に出しており、まだいかなる制限にも従っていないので、この命令は理論的には地球温暖化へのアメリカの貢献に大きな影響を与えうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

詰め込まれた - 農業

9月
11

下院は農場法案を拒絶する

少なくともここ40年間で初めて、下院は農場法案を6月20日に拒絶した。罪のなすりあいが飛び交っている。共和党は民主党が「統治できない」と言う。民主党は共和党が「アマチュア」だと言い返す。豊かな農民への費用の掛かる給付で詰め込まれたその法案は、ほとんど悲嘆する価値がない。しかし、2つの側が一緒に働けなかったので、真剣な改革の可能性はいま離れているようだ。

5年ごとに更新にかけられるその農場法案は、2つの大きな関連しないものを調整しなければならない。(連邦政府が食料スタンプを与える)貧者の苦境の緩和と(政府が補助金を与える)農民を甘やかすことだ。納税者はこのすべてに10年にわたって1兆ドルを払い、うち1/5は農民へ、4/5は金に困った家庭へ行った。

伝統的に、その法案は、農業州の共和党員と都市部の民主党員に同じようにごちそうした超党派のものと考えられる。これは、それが普通騒ぎなく可決することを意味する。しかし、去年と今年はそうではなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはただ諦めない - マダガスカルの選挙

9月
07

古い衛兵はその国の政治的見通しを破滅させることを決めたようだ

それはすべてとても望みがあるように見えた。2009年初めのクーデター以来4年間の政治的忘却の後で、マダガスカルの大統領選挙への日付がついに決められた。7月24日だ。国連がそれを裏書きした。欧州連合は資金を提供している。そして、南部アフリカ開発共同体(SADC)は、クーデターで追い出されたマーク・ラヴァルマナナも、クーデターを起こしたアンドリー・ラジョエリナも出馬しないだろう協定を仲介した。しかし、それから、追い出された大統領の妻ララオ・ラヴァルマナナが、彼の色で出馬するのを決めることで、ぶち壊しにした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金に向かう - エクアドルの鉱業

9月
03

ブラジルがその鉱業ロイヤリティを上げるとき、エクアドルはそれを下げる

エクアドル人は「比類のない金持ちの中で貧しく生きる。」アレクサンダー・フォン・フンボルトはその19世紀の冒険の中で注目したと言われる。新たに3期目に突入した大統領のラファエル・コレアは、ついにエクアドルの金、銀、銅などの鉱物の地価の富の鍵を開けることを狙っている。彼の最初の6年の任期中に追及されたポピュリスト政策は、国産会社と環境主義者を同じように遠ざけた。しかし、6月13日に可決された新鉱業法は、より実際的な方針を示唆する。

2009年の包括的な鉱業改革は、会社を官僚主義でつつみ、彼らを税で痛めつけた。その政府は、その鉱業体制を世界中のどこの国よりも最も儲かると褒めちぎった。投資家は注目し、他に行った。2月の大統領選挙が道を離れて、コレア氏は経路を変えている。その新法は、以前には青天井だったロイヤリティに8%の上限を課し、必要な許認可を合理化する。会社は、その投資を取り戻すまで、タナボタの税金を支払わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

消費税再論2  各種控除について

9月
01

消費税について、賃金に反映されていない、とか低所得者対策、とかいろいろ言われていますが、それ以前にひとつ気になることがあります。各種の所得控除と言うのは、消費税増税分だけ増やされるのでしょうか?各納税者の個人的事情を加味して、とありますが、各納税者の生活費が3%上がるのだから、その事情を考慮して控除も引き上げていただくのが、一番さっぱりしたやり方だと思うのですが。いや、詳しく知らないので、もしかしたら、当然そのような処理はされるのかもしれません。そうだとしたら、大変失礼なことを申し上げていると思います。ただ、もし、万が一、しないということならば、消費税の本質みたいなものがずいぶん見えてしまいますよね。控除と言うのは、個人にとってはある種経費に相当するような部分だと認識しています。そこで、生活費は3%上げますが、それに対する経費は一切認めません、と言う形にすることで、税収増を図るのが消費税の本質だということになってしまいます。要するにピンハネ率を上げるということですよね。軽く世帯頭でだいたいの控除金額3%が増えたとして、どれくらいになりそうか概算してみれば、そのインパクトの大きさはわかると思います。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少しなら、自由にデモをどうぞ - エチオピア

8月
16

エチオピアでの政治デモはより大きな自由を布告できたのか?

珍しい政治デモのちらつきが、6月2日にそれがなければ厳しく統制されたエチオピアの首都アディスアベバの街路を彩った。デモ参加者は、平和的に町を通って行進し、多くは投獄された愛する人々の写真を持っていた。のちに彼らはその首都の主要な大通りであるチャーチル通りに集まり、そこで彼らは新しい闘争が始まったと言われた。野党Semayawi(青)党の議長Yelekal Gerachewは、政治犯の解法を要求し、失業と腐敗を攻撃した。

活動家は、1万人もの人々が参加したと主張する。政府高官は、その数が4,000人近くだったという。本当の数字が何であれ、それは、選挙操作への不平の中でのデモが暴力的に抑圧され200人近くの非武装のデモ参加者が亡くなり何千人もが逮捕された2005年以来エチオピアで最大のデモだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生活を消す - ミシシッピ・デルタ

8月
13

南部農村での衝撃的な過疎化率

グリーンヴィルの大通りにある、古典的なポーチコ、高くあげられた丸天井、そしてキラキラしたステンドグラスを持つ堂々としたシナゴーグは、数百人の礼拝者を収容するために、1906年に建設された。最近の良い週には、金曜の礼拝には12人があらわれ、その中の数人は90歳代だ、とある管理人は語る。宗教教育のための四つの教室は、今、たった3人の子供たちを満たしているだけだ。あとのユダヤ人共同体は、亡くなったか、その郡のより豊かなほかの部分に流れ出た。

ミシシッピの肥沃な沖積平野とアーカンソーとルイジアナのそれに隣接する部分である、デルタを後にしているのは、ユダヤ人だけではない。1940年以来、その地域の人口は、ほとんど半分に減っている。いくつかの郡では、それよりさらに減っている。それは、その国中での加速する傾向のもっとも目立った例になっている。過去2年にわたって、アメリカ農村部の総人口は、ほんの小さな数字であるけれども、1970年代に国勢調査局が追跡を始めて以来初めて減っている。全部で1,976のうち1,261という、農村郡の多数は、人口が減っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺にて - 都市復興

8月
09

かつて荒廃していた南ボストンの一部は、革新のあふれる場所になっている

「70年代に子供だった頃、これは嫌なにおいがしていた。ボストン保全センターのジム・ルーニーは、その巨大なセンターがたつ南ボストンの水辺について話す。腐った卵の匂いがし、ものがそこら中に浮き、中が見えなかった。いやな水だった。」さらに、1,000エイクスまたは400ヘクタールのその地域は、高架の高速道路によって、町の他の部分から切り離されていた。そこには、貧弱な公共交通しかなく、道路はほとんどなかった。かつてそこは、(近くに住んでいた)「南部人」が港湾労働者として働いていた、鉄道ヤードとドックを自慢していた。しかし、海辺の仕事の多くは遠い昔に無くなった。軌道は、アスファルトの海に覆われた。倉庫は空になり、その場所は巨大な駐車場になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

政治・政策 を購読