政治・政策

劇化された戦争 - 日本たたき

8月
09

中国政府は「劇的すぎる」反日テレビショーを抑制する

1930年代から40年代の中国での日本の戦時略奪行為は、長い間中国のテレビプロデューサーにとって良い事業だった。二国間の政治的緊張は、その人気を増すだけだ。今、中国のテレビ規制者は、さらなる調査のために放映前にすべてのそのような番組を北京に送るよう、省のテレビ局に命令している。その動きは、国営テレビが「下品で粗悪に生産された」反日ドラマを批判した目立ったニュースの後に続いた。それは、当局が、必ずしもその政治性についてではなく、その品質について懸念を持っていることを示唆する。

2004年に、たった15本だけのそのようなショーが放映を認められた。2011-12年には、反日「抵抗」を取り上げた少なくとも177本が承認され、全てのドラマのうちほぼ5つに一つがそのようにされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ランド・ポールの夢

7月
30

リバタリアニズムはメジャーに昇格できるのか?

国の省庁を運営することを考えるとき、あなたの強い請願があなたの父親よりも風変りな人ではなくなっているとファンがしゃべりたてているのを聞くのは、ほろ苦いに違いない。しかし、それがケンタッキーからの上院議員で小さな政府主義者の星であるランド・ポールを賞賛する多くの共和党員の見方だ。彼らは彼を、普通の有権者への話し方といつ黙るのかを知っているという追加の才能を持っている、リバタリアンの間のカルト的な人物で、長きにわたる議員で、ホワイトハウスへの連続的な競争相手である彼の父親のロン・ポールの、価値のある相続人だと呼ぶ。父親のポール氏は、一切れの有権者の間で傾倒を吹き込んだが、それは究極的には彼の原理主義と狂気のオジサン的なやり方によって、縁に限られていた。若い方のポール氏は違っている、と推進者は言う。まったくより政治的な動物だ、と。

その州が2016年の最初の予備選を行うたった31か月前の5月20日にニューハンプシャーを訪れて、その1期目の上院議員は意義深い反応をひきおこした。彼は、ここ数年でパーティーイヴェントで見られた常連よりも多くの若者を含んだ、500人を超える共和党員に、資金調達ディナーで歓迎された。彼はまた、彼を「快いポール」と呼ぶTシャツを売る現地の共和党員にもあいさつされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワゴンを取り囲む - 新疆の移住者

7月
29

民族闘争に悩まされる地域で、移民が支配的な村落の増加が緊張を増している

かつて南シルクロードと呼ばれたものに沿って、渦を巻く塵旋風と時折現れるねじれた気によって中断された特徴のない砂漠の風景を通って、何時間も運転すると、興味深い光景が最後には旅行者に立ちはだかる。まるで上海郊外のかけらが荒れ地の中に植えられているように、鮮やかな赤い屋根を持ったアパートの区画が次から次へと現れるのだ。続くのは、中国の極西の軍隊式の専門用語である入植地で、自身を38団と呼ぶ。それは、数年前までは砂以外には何もなかった場所にある、何千人もの人々の故郷だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サタ・パック - ザンビア

7月
14

アフリカで最も活発な経済の一つで、政治についての心配が増している

ザンビアの首都ルサカのレヴィ・ジャンクション・モールに目隠しをして連れてこられた訪問者は、彼がヨハネスブルグの中産階級の郊外にほうり上げられたと考えるかもしれない。そのきれいなショッピングセンターは、雑貨チェーンのピックンペイからコーヒーショップのマグ&ビーンまで、南アフリカの小売業者でいっぱいだ。少し離れたムウンバロードの商人は、より幅広い階級の買い物客のためのものだが、劣らずにぎやかだ。もしウラン濃縮工場の部品が必要ならば、ここで見つけられるかもしれない、とある地元の事業家は冗談を言う。

ルサカの賑わいは、ザンビアの栄える経済を反映している。GDPが過去10年で平均ほぼ年に6%上がっており、一方インフレは20%以上から7%以下に下がっている。つい最近まで、ルサカにはショッピングモールはなかった。そこにはいま10があり、更に計画されている。その潜在力は巨大だ。ザンビアには、中国がたっぷりほしがっているその主要輸出品の銅と同様に、可耕地、水、宝石が豊富にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

呼び出された - 身分証明政治

6月
25

携帯電話を通じての追跡は、有罪のものも無罪のものも同じように怖がらせる

アメリカと英国では、前払い携帯電話か(携帯電話に番号を賦与する)SIMカードを持つには、ほとんど、もしくはまったく書類作業を必要としない。少額で、顧客は電話をし、メールを送り、インターネットに匿名でアクセスできる。利用者の名前と住所を登録するための努力は停滞している。プライヴァシーが、匿名電話がテロや犯罪の道具であるという主張に勝つのだ。

他の所では、人生はより厄介だ。中国やインドでは、販売に熱心が街路の売り子が時にそのルールを差し控えるが、電話とSIMカードの匿名販売は禁止されている。3月に、5つの大きなマレーシアの携帯電話会社が、政府IDをチェックすることなしに電話を顧客に売ったために、罰金を科された。アフリカと中東では、新しい法の波が、登録しなければ接続できなくなる危険があるので何百万人もがSIMカード登録のために列をなし、去年官僚的な面倒を惹き起こしている。UAE最大の携帯電話会社Etisalatが、130万の登録されていないカードを接続不能にしている。ケニアは少なくとも240万を遮っている。アフガニスタンからペルーまで、政府は取り締まっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

しなければ堰き止められる - テネシー川流域開発公社

6月
16

バラク・オバマはアメリカ最大の公益企業を民営化することを考えている

80年前、フランクリン・ルーズヴェルトはアメリカ最大の公益企業を作り出す法に署名した。テネシー川流域開発公社(TVA)は、テネシー川をせき止めることによって、田舎の南部に安い水力発電を届ける責任があった。

現在、水力発電はそれが生み出す電力のたった9%を占めているにすぎない。残りは、石炭(41%)、原子力(38%)、そして天然ガス(12%)から来ており、(ほとんどが太陽光の)再生可能エネルギーからは1%以下の象徴的な貢献があるだけだ。TVAは、もともとの法律の中で設定されたサーヴィス地域の中で、ほとんどが配電業者向けだが直接産業にも電気を売っている。その地域は、テネシーのほとんど、アラバマ、ミシシッピー、ケンタッキー、ジョージア、ヴァージニア、そしてノースカロライナ各州の一部だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネの話 - 銃規制

6月
11

大きな違いをもたらすほどには騒がしくないけれども

今月の初め、議会に最後には失敗した銃規制法制を可決するようバラク・オバマ政権が圧力を増したとき、ローズアイランドの役人はその選挙区民の火器を買い戻すよう提案することによって、銃暴力を抑制する独自の運動を始めた。

アメリカ最小の州は、4月6日に銃買戻しの日を開き、97のショットガンやライフルと89の拳銃で計186の火器を、その銃の種類と状態に応じて50-200ドル相当のギフトカードで補償し、匿名で集めた。リサイクル業者のSIMS金属管理を含んだいくつかの会社がそのイヴェントに提供し、その銃は融かされた。そこの市長アンゲル・タヴェラスは、そのようなイヴェントが「地元政府がほしくない火器を街路から取り除く一つの方法だ」という。

それはそのような最初の計画では決してないが、銃の買い戻しは、20人の子供たちが殺された12月のコネチカット州ニュータウンの恐ろしい射撃以来浸透しているようだ。アリゾナ、カリフォルニア、メリーランド、そしてニュージャージーの町が、それ以来そのようなイヴェントを行い、記録的な数の武器を集めたところもある。ロサンゼルスでのある買戻しでは、2台のロケットランチャーがあらわれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

愚者の金 - 南アフリカの積極的差別是正措置

6月
10

黒人の経済的権利付与はうまくいっておらず、それはすぐに終わることもない

マンペラ・ランペレほどアパルトヘイトの恐ろしさをよく知っているものはほとんどいない。彼女の恋人で黒人意識運動の創始者スティーヴ・ビコは、1977年に警察による拘留中に撲殺された。南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)のように、今では野党政治家のランペレ博士は、政府は白人優越主義者による半世紀の支配の傷をいやそうとすべきだと信じている。しかし、彼女はそれについて行われている方法を好まない。

3月に、ランペレ博士は、政府が彼女がかつて会長を務めていた鉱山会社のゴールド・フィールズに、ANCとつながりを持った共同事業体にその事業の株を売るよう強いたと主張した。その共同事業体の73人の人々の中には、ANCの議長と2006年の強姦についての審理でジェイコブ・ズマ大統領を弁護した弁護団の一人が含まれていた。ゴールド・フィールズはその主張を否定したが、2010年の取引への独立調査をけしかけているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

政治・政策 を購読