チベット

ワゴンを取り囲む - 新疆の移住者

7月
29

民族闘争に悩まされる地域で、移民が支配的な村落の増加が緊張を増している

かつて南シルクロードと呼ばれたものに沿って、渦を巻く塵旋風と時折現れるねじれた気によって中断された特徴のない砂漠の風景を通って、何時間も運転すると、興味深い光景が最後には旅行者に立ちはだかる。まるで上海郊外のかけらが荒れ地の中に植えられているように、鮮やかな赤い屋根を持ったアパートの区画が次から次へと現れるのだ。続くのは、中国の極西の軍隊式の専門用語である入植地で、自身を38団と呼ぶ。それは、数年前までは砂以外には何もなかった場所にある、何千人もの人々の故郷だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アナーキー・イン・ザ・PRC(中華人民共和国) - 音楽シーン

6月
24

インディ音楽フェスティヴァルがはやっている

中国の音楽シーンは、英国のポップデュオワム!が1985年に北京の工人体育場で演奏して以来、はるかに進んでいる。今週、春がやって来てスモッグが和らぐにつれ、何万人もの若い北京人が、その町の郊外での二つの別々のフェスティヴァルで、延長した労働者の日の休日を過ごした。中国のポップパンクグループ、ニューパンツは4月29日のストロベリー・フェスティヴァルのオープニングアクトの一つで、そのあとにスコットランドのインディバンドのトラヴィスが続いた。ミディ・フェスティヴァルに関しては、クラッシュへの中国からの答えであるブレイン・フェイラーが主役だった。その月の後半には、北京は町の外のウォーターパークで電子音楽の日と、万里の長城でフランスのDJデヴィッド・ゲッタを招いたレイヴを開催する。

そのフェスティヴァルは、カラオケバーで甘ったるい香港ポップスを口ずさむことになれているますます増加する普通青年(putong qingnian)と同様に、(皮肉なTシャツや手首の刺青を考えている)都市の文芸青年(wenyi qingnian)も惹きつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金の価格 - チベットの鉱業

4月
23

チベットでの致命的な地滑りは、その地域の資源への殺到についての疑問を提起する

チベット高原の生態系は、「極度に脆弱だ」と2年前に国土資源部は言及した。どのような損害も、回復するのは難しかったり不可能だったりするだろう、とそれは警告した。しかし、それは続き、国有企業の中国黄金集団公司は、その地域の首都ラサの近くのその鉱山の周りの環境を守るための作業で「驚くべき結果」を成し遂げた。3月29日に、その鉱山労働者のうち少なくとも83人が、巨大な地滑りで埋められた。その原因はまだ確かではないが、チベットの鉱業熱狂への批判者は立証されたと感じている。

ラサの約70キロ北西にあるジアマの銅と金鉱山でのその災害は、明らかに北京政府を困惑させている。カリフォルニアにあるメディア監視サイトのチャイナ・デジタル・タイムスによれば、共産党は新聞に、政府か国営新聞社の新華社によって出された報道に従うよう命令したという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ダイというな - いかにほかの少数民族はうまくやっているか

4月
10

少数民族は共産党支配を違ったやり方で扱っている

簡単な自宅での夕食を妻と息子と囲んで座って、Ai Khamngenは怖い予測をする。今後50年にわたって、アイデンティティを保つのが彼のダイ族かよりよく知られたチベット人かと尋ねられると、彼はチベット人を選ぶ。

彼はまた、いかにダイ族がチベット人よりも巧みなやり方を選んでいるかを描いてもいるので、その予測は皮肉が織り交ぜられている。ある点では、これにより彼らは中国の治安部隊の強硬姿勢を避けることができており、彼らによく仕えている。しかし、Khamngen氏は心配なままだ。

中国は55の公式少数民族を示すが、チベット、ウイグル、そしてモンゴルのたった三つだけが、ふつうその漢族支配者や隣人たちとの不和について、外国で多くの注意を惹いている。その他の52は、国中に散らばっており、南西中国に多くが集中している。ダイ族は、雲南省のはるか南に住んでいるたった130万人の人々で、国境を越えたミャンマー、ラオス、そしてタイの集団と親類のつながりを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

絶望の限界 - チベットの未来

4月
10

チベット高原での暴動の爆発から5年後、その地域は再び危機にある。

中国の青海省の小さな修道院の中で、赤い僧衣を着た僧が、監視されているのかを確かめるためにあたりを見回した後、啜り泣きを始める。「我々はただダライ・ラマに故郷に帰ってきてほしいだけなのだ。」彼は言う。彼の言葉は、過去2年間チベット高原中の公共の場所で彼らが焼身自殺しているのかを説明しようとする何十人ものチベット人の言葉にこだまする。中国国内でのダライ・ラマの支持者の間で絶望が増している。彼らの黙らせようとする政府の努力もそうだ。

チベットの首都ラサでの反中暴動と多くの町や修道院でのデモを含んだ、5年前の今月のチベット高原を覆った暴動の勃発以来、共産党は飴と鞭でチベットの不満を管理しようとしている。鞭は、修道院のよりきつい警備、ラサへの訪問管理、ダライ・ラマの弾劾、そして反対派の逮捕を伴っている。飴は、泣いている僧の修道院からそう遠くないところで見ることができる。巨大な草地を渡る新しい高速道路、離れた村への新しい道路、僧へのより良い住居、そして彼らの礼拝所の回復だ。しかし、現代政治史の中で最大のそのような抵抗運動の一つである、ほとんどが過去2年間で100人以上のチベット人が自分に火をつけるという光景は、どちらのやり方もうまくいっていないことを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ベアテ・ゴードン

2月
02

日本についてのアメリカ人への解説者ベアテ・シロタ・ゴードンは12月30日に89歳で亡くなった

憲法の起草は人が毎日やるものではない。それは、ワシントン、フランクリンとその仲間たちが1787年のフィラデルフィアの蒸し暑い夏に数か月かかって成し遂げた。1946年の春に廃墟となった寒い東京でベアテ・シロタがそれをするのに誘い込まれた時、彼女はびっくりした。彼女は弁護士ではなかった。彼女は22歳でただのアメリカ国民だった。彼女の楽しみの考えは、毎晩外出することだった。彼女は、ほとんどが戦争前に彼女が日本に残したその両親を見つけるために、マッカーサー将軍の占領軍に付けられていた。うまくやっていた彼女の仕事は、日本語の翻訳だった。しかし突然、20数名の男たちとともによばれ、最高機密で戦後の日本の基本法を書くことになったのだ。一週間で、「ベアテ、あなたは女性だ。」と同僚たちがいった。「女性の権利について少し書いたらどう?」「素晴らしい、そうしたいわ!」彼女は叫んだ。そしてそれから彼女にはどうしたらいいのかの何の考えもないことを認識した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仏陀と雌虎 

3月
15

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

チベット を購読