ハーヴァード・ビジネス・スクール

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

良いことが多すぎる

8月
19

指導者は自分たちの強さに気づくことを学ぶ必要がある

その強みのほとんどを利用しようとすることは指導者たちにとって全く当然のことだ。比較優位の理論は、国や企業と同じように、人々を得意なことに集中するよう方向づける。経営専門家は、マーカス・バッキンガムとドナルド・クリフトンによる『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす:Now Discover Your Strength』と呼ばれる最近のベストセラービジネス本のように、同意する傾向にある。ビジネススクール(や実にビジネスコラムニストも)が社長たちの人物像を描き出すとき、彼らはしばしば多いことが良いことだと推測する。しかし、これは正しいのか?3冊のより最近の本がいくらかの疑問を表す。『Fear Your Strengths』の中で、ロバート・カプランとロバート・カイザーは、「あなたが最もよくできることは、あなたの最大の問題になりうる」と論ずる。強さはいじめになりうるし、決断力は強情さに変わりうるし、礼儀正しさや優しさは優柔不断に発展しうるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政府にはもったいない - 新エネルギー

9月
24

二人の官僚が制度と戦い、費用を払った

クレア・ブロイド・ジョンソンは、連邦機関の中間管理職で見ることは期待できない民間部門のやり手の部類に入った。ハーヴァードとハーヴァード・ビジネス・スクールを卒業した後で、主要銀行やほかの会社のためのエネルギー取引を組み立て、彼女は道を切り開く太陽光会社サンエジソンの設立を助けた。しかし、2009年に、オバマ大統領の希望のある変化を求めたレトリックに感銘を受けて、彼女はエネルギー局に参加した。耐候化と政府間計画事務所(OWIP)が動かなくなった2010年に、彼女はそれを除細動するために選任された。

公務員を解雇することはほとんど不可能なので、ブッシュ政権のエネルギー役人は、OWIPに融通の利かない男たちを蓄積し、トルコ農場と呼ばれたものをつぶすかその3億ドルの予算を削減することによって、彼らを全部取り除くことを望んだ。しかし、オバマの刺激法は、OWIPに、低所得の家の耐候化やほかのエネルギー効率化計画のために、その機関が扱うことのできなかった肝がつぶれるような金額である113億ドルを与えた。その結果は麻痺だった。カリフォルニアは住民の電気とお金を節約するために月に2,500軒を耐候化するよう想定していた。2009年にそれは12軒を終えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマートフォンの奴隷

3月
19

超接続可能性の恐怖と、どのようにして自由の度合いを回復するか

「召使」(1963)は忘れることのできない映画の一つだ。(ダーク・ボガードによって演じられる)陰謀をたくらむ従者と彼のふしだらな主人(ジェームズ・フォックス)との関係の無慈悲な解体だ。その従者は彼の主人が状況を一変させるまで、その弱点を利用する。その物語は、へつらうボガードが堂々としたフォックスに仕えることで終わる。この映画は、ハロルド・マクミランの英国の階級構造の告発だ。しかし、別の気がかりな関係を考えることなしに、それを見るのは難しい。ビジネスマンとそのスマートフォンの関係だ。

スマート装置は時には力を与える。彼らは我々の指先に情報世界をもたらす。彼らは人々を、異臭を放つ見知らぬ人と一緒に電車に押し込む代わりに家から働くよう、自由にする。それは柔軟な労働時間を求める親には巨大な恩恵だ。スマートフォンとタブレットはまた、人々にコーヒーのために並ぶといったそうでなければ無駄にされていただろう空きの時間に仕事をすることによって、効率性を増進する。それらは、電子メールを午前1時に送るようプログラムすることによって、怠け者に24時間働いているという幻想を作り出す役にすら立つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スティーヴならどうするだろう

2月
28

ジョブズは間抜けだが、彼の指導力の教訓は人間性よりも製品についてだ 技術は、過去数年間にわたって合衆国経済の一貫した明るい点だった。そして、どの会社もアップルほどうまくそれを要約できなかった。おそらくそれが、ビジネススクールや指導力のコーチが、GEの「ニュートロン・ジャック」ウェルチ以来最も有名なCEOの習慣を人類学的に見つめたウォルター・アイザックソンによるスティーヴ・ジョブズの伝記から、どんな経営的な教訓を引き出すべきかについて語っているのかの理由だろう。ジョブズは、独裁的ないじめっ子と、今のところ今世紀最も成功した会社の再建を行った事業の天才の両面があるということが明らかにされた。 おそらくこの本は将来のMBAに読むことが求められて当然だ。ジョブズの物語と結びついた経営の芸術は彼らが考えているようなものとは違うからだ。「ビジネススクールは、スティーヴ・ジョブズが指導力について我々に教えることは何か、としばしば私に尋ねる。アイザックソンは語る。「それは、彼がハンディをつけられた場所に留まったとか、彼が人々にとっていやな奴だったとかいったことではない。それは、彼が端から端まで彼の製品に完全な責任を持っていたということであり、彼が製品を投資収益よりも上に置いていたことであり、彼が特定の集団の奴隷ではなかったということだ。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今回、それは真剣だ - アメリカの事業環境

2月
27
アメリカは事業をするのに魅力的でない場所になっている
 
アメリカはかげっているのか?未来の産業をそれほど支配している国について言うのは奇妙なことのように見える。ほかのどこでフェイスブックが学生の悪ふざけから10年以内に1,000億ドルの会社に成長できるだろう?アメリカは、大騒ぎして戻ってくるためだけに、過去の、特に1970年代の衰退についての心配にとらわれている。しかし、今回は、深刻かもしれない。
 
ほかの国が追い付いてきていることに疑いはほとんどない。1999-2009の間に世界輸出に占めるアメリカの割合は、ほとんどすべての産業で落ちた。航空宇宙で36%、情報技術で9%、通信装置で8%、車で3%だ。市場シェアのいくらかの喪失は、中国やほかの経済が勃興するにつれ避けられない。しかし、絶対値で見ても、心配なわけがある。民間部門の職の増加は劇的に小さくなり、世界的競争にさらされた産業では止まっている。年間所得の中間値は1990-2010の間に弱々しく2%だけ伸びた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社は新しい国だ

2月
13
合衆国の会社は国益を越えて動いている。そして仕事もそうだ
 
1月の終わりにダヴォスの郊外で開催された世界経済フォーラム占拠運動は小さかったが注目された。一人の運動参加者は「もし投票が何かを変えられたならば、それは違法だろう。」と読める看板を掲げていた。彼らは彼らは確かに資本主義への不満の感覚を捕らえたが、より重要なのは政府への不満だ。2008年、リーマン・ブラザーズが破たんし世界的景気後退が始まった後、伝統的な知恵は政府が事業から権力を取り戻す新しい時代に入ったというものだった。実際には、正反対のことが起こった。
 
高姿勢な政治家たちはダヴォスで失望した。アンゲラ・メルケルドイツ首相は怒りと意気消沈をかわるがわる示した。そしてティム・ガイトナー合衆国財務長官は、普通よりもさらに防衛的で好戦的だった。ヨーロッパは混乱したままで、合衆国の回復はぜい弱だ。そして近年のたった一つの明るい点だった新興市場は減速している。政治家は労働の分岐、債務、そして不平等といった現在の巨大な問題にほとんど解決案を持っていない。市場は答えをほしがっているが、指導者は、部分的には勇敢な行動が彼らにとって大きすぎる政治的リスクをもたらすので、それを提供できない。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ハーヴァード・ビジネス・スクール を購読