家族

バイバイ、ブーメラン - 家族生活

11月
04

大人になった子供に出ていくよういかにして説得するか

宗教学と創造的作文の卒業生で失業中のアンドリューは、両親とともにオレゴンに住んでいる。彼だけではない。全人口の36%に当たる、18歳から31歳までの2,160万人程度のアメリカ人は、依然として親の家に悩み暮らしている、とシンクタンクのピュー・リサーチ・センターは言う。この数字は、休日の間だけ家にとどまっているかもしれない学生を含んでいるので、少し間違っている。にもかかわらず、パパとママにくっついている若者の割合は、1968年に調査が始まって以来、最大だ。

アンドリューは、「強烈な情熱で」彼の状況を憎んでいる。それは、もちろん、安全で、乾いており、温かく、彼はその両親の助けに感謝している。しかし、彼は退屈で、欲求不満で、彼らの引き立ての下に帰るので彼の恋愛生活は「限られている」。(母親が彼に料理をさせないという事実は、二人のためにロマンティックな食事を準備することを挑戦にする。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前制度 - 世代を超えた社会流動性

3月
08

苗字は世代を超えた社会的流動性の程度に落胆させる手がかりを提供する

「偉大なるギャツビー曲線」は、バラク・オバマの経済顧問のアラン・クルーガーが、世代をまたいだ所得不平等と社会的流動性との間の関係に与えた名前だ。クルーガー氏は、この1節を、より不平等な経済はより流動的ではない社会を持つ傾向があるということを示した、オタワ大学のマイルス・コラックの研究を描写した2012年の演説で使った。コラック氏は、アメリカや英国といったいくつかの場所では、ひとつの世代の所得の違いの約50%が、前の世代の所得の違いに帰することができると計算する(より平等主義的な北欧諸国では、その数は30%以下だ)。

それさえも、あまりに楽観的な絵かもしれない。コラック氏の研究は、父親と息子という、たった2つの世代間の所得水準を比較した最近の研究を引いている。それはやむを得ずだ。3つやもっと多いデータをカヴァーしたよいデータは少ない。しかし、限られたデータへの依存は、社会的流動性の過大な推計につながりうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ピンチを感じて - 日本のサラリーマン

10月
20

日本の主婦は夫に少ししか小遣いを与えていない

大人のポケットマネーを測ることは、ある国の経済生活を試すのに手早い方法の一つだ。伝統的に主婦がその夫の賃金を管理し代わりに日々の支出のための少額を返す日本では、30年にわたってそれを測っている。最近の小遣い調査は、もし興味をもてば、恐ろしい物語を作る。

驚くまでもなく、小遣いは、日本の経済的な星がゆっくりとした効果を始めたまさにその時である1990年に月ほぼ7.8万円で頂点に達した。年次白書を編集した新生銀行によれば、その数字は、今年その金額の半分に急落し、ほぼ1981年の水準に戻ったという。その縮小した予算は、不必要なものの刈り込みを強いている。ゴルフ、外食、深酒、そして千鳥足でタクシーに乗って帰宅といったものが無くなった。かつてどこにでもあった飲み会で使われる平均金額は、2012年までの10年で、半分以上減って2,860円になり、1979年にその調査が始まって以来最低だった。

調査を受けた中のほぼ1/5の人々が、いまではカネを節約するために仕事に水筒と食事を持ち込み、同じ期間に昼食にかける平均時間は、ゆっくりとは程遠い33分から消化不良を誘発する19分に縮んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生は45歳で始まる - 人間の生殖

3月
12

高齢の母親の望み

生殖のことになれば、男性は簡単だ。ほとんど人生の終わりまで、ほとんどが十分な精液を供給する。女性はそれほど幸運ではない。彼らは卵の在庫とともに生まれ、それは典型的には中年に達した時に底をつく。しかしながら、それは変わりそうだ。研究者たちは、女性は卵巣の肝細胞を隠しており、それらは新しい卵を産むことができることを確認した。

幹細胞は、継続的に分かれ、異なった型の細胞に変わる能力を持っている。大人からの幹細胞は、様々な細胞の型を生み出すことができる。それに加え、それらが見つかった組織も作り上げるのだ。2004年に、ハーヴァード医学校のジョナサン・ティリーとその同僚は、ネズミの卵巣で幹細胞を発見した。それ以来、それらの卵巣幹細胞が卵に発展し、受精され、完全に健康な子ネズミを生み出すことができることを示している。しかし、研究者は、似たようなことが人間でも可能かも知れないと信じることに気が進まない。

これが本当に実例だと証明するのはやっかいだ。特に若い健康なドナーからの人間の卵巣組織は、手に入れるのが難しい。ティリー博士の突破は、かつての同僚である日本の埼玉医科大学の高井泰が、性転換した30人の患者から冷凍した健康な卵巣細胞を得たときにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

家族 を購読