アジア

悪いことが多すぎる - アジアでの強姦

2月
28

デリーでの強姦と殺人は、インドでの女性に対する暴力に注意をもたらした。しかし、医療ジャーナルのランセット・グローバル・ジャーナルに掲載された新しい調査によると、隣り合う国々での状況も同じように明るいものではない。6つのアジア諸国で調査された10人の男性のうち1人以上がパートナーではない女性を強姦したことがあると言い、その数字は妻や女友達を犠牲者に数えると4人に1人近くにまで上がる。国連の計画の一部としてのその調査で、研究者たちは、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パプアニューギニア、そしてスリランカでの18-49歳の1万人を超える男性を調査した。その男たちは、(男性調査官によって)「強姦」については聞かれなかった。そうではなく、彼らは「女性に性交するよう強要したことがあるか」を聞かれたのだ。パートナー以外に対する答えは、バングラデシュでの4%からパプアニューギニアでの信じがたい41%まで、多様だった。」強姦者の7人に1人以上は最初の強姦を15歳以下の時にした。半分以上は20歳になる前にそうした。55%しか有罪だとは感じていないと報告し、1/4以下しか刑務所に行かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

上る中国、沈むロシア - 中央アジアでの中国

2月
22

広大な地域で、中国の経済的影響力はロシアのものに対抗する以上のものだ

ほんの10年にもならない前には、中央アジアの新しく独立した国々がどこにその石油とガスの大きな供給を送り出さなければならないかについてほとんど疑いは持ち上がらなかった。その元宗主国のロシアが彼らのエネルギー社会資本と市場を独占していたのだ。しかし、新たな分野が流れに乗っている今では、そのパイプラインは東の中国に向かう。まるでその点を強調するかのように、今週中国の国家主席習近平は中央アジアを席巻し、エネルギー契約を食い尽くし、何十億ドルもの投資を約束した。彼の外遊はその地域の新たな経済超大国について何の疑いも残さなかった。

すでに中国の最大の天然ガスの輸入元であるトルクメニスタンでは、習氏は世界で二番目に大きなガス田ガルキニシュの生産を始めた。それは、その国からの中国の輸入を3倍にする役に立つだろう。カザフスタンでは、ここ数十年で世界最大の石油の発見であるカシャガンの権益を含んだ300億ドルの契約が発表された。ウズベキスタンでは習氏とホストのイスラム・カリモフ大統領が、この不透明な国では詳細はほとんど発表されなかったが、150億ドルの石油、ガス、そしてウランの契約を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

釣りの旅 - 日本と中国

10月
12

両国関係を尖閣か離すための試みが失敗する

7月29日に日本のトップ外交官斎木昭隆は、ある程度の望みを持って北京へ行った。日本が長く実効支配しているが中国が領有権主張している、東シナ海の岩がちの島々を政府が去年その民間地主から買って以来、二国間の緊張は高まっている。斎木氏の旅の前夜に、高官たちは中国が関係修復に熱心だと主張した。それは、日本の首相安倍晋三と中国の国家主席習近平との間の最初の首脳会談のための地盤を整えることを狙った、日本の高官による3度目の訪問だった。

しかし、中国の反応は萎えたものだった。斎木氏の訪問中に、国営新聞のチャイナ・デイリーは、北京が首脳会談を退けたという高官を引用した。外務大臣は、日本が尖閣と呼ぶ岩の問題は、「対話の呼びかけがない」ことによって解決されないだろうと宣言した。それはまた、安倍氏の最側近で、7月に同じように北京を訪れ、首脳会談についての楽観をたくさん持って帰国した飯島功が、中国の高官のだれかと会ったことすらにべもなく否定した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自発的ではない燃焼 - 東南アジアのスモッグ

9月
09

森林火災が記録的な水準の大気汚染をもたらし、その終わりは視界に入っていない

儲かるパーム油のプランテーションのためにインドネシアが産業規模にその豊富な森林を最初に伐採し始めた1980年代中ごろ以降、「もや」は東南アジアでほとんど年中行事になっている。伐採された森林地帯をきれいにする最も安い方法は、燃やすことであり、それは風に運ばれて数百、いや数千平方マイルを覆うかもしれない汚い白い煙の酸性の雲を生み出す。

その間の何十年間かは、火災を止めるためのおびただしい全国そして国際的な規制の可決を経験しているが、すべてが役に立っていないようだ。過去2週間に、これまでで最悪のスモッグのいくつかを経験しており、人々の肺、喉、そして気分だけではなく、外交関係とインドネシアの環境のイメージを改善するための試みにも、深刻な損害を与えている。さらに悪いのは、抗議にもかかわらず、今後数年間でいかに問題が改善するのかを見るのは難しいということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

重要な懸念 - アメリカ太平洋政策

6月
30

軸とか再均衡とか呼んで、アメリカの太平洋政策は少し不安定なように見える

中国を伴う安全保障の発展についての議会への年次報告の中で、ペンタゴンは今週、中国軍の新しいものと古いものを批判した。新しいものは、アメリカの政府を目標にしたサイバー攻撃への中国軍の関与への無遠慮な非難だった。古くて、一般的で、正当化されたものは、「中国の軍事力増強と戦略的意思決定をめぐる透明性の欠如」への不平だった。

しかし、中国は、アメリカ自身の戦略もまたむしろ不透明だと反論したかもしれない。オーストラリア訪問中のバラク・オバマが合衆国はアジアで「より大きく長期的な役割」を果たすだろうという彼の「戦略的意思決定」を説明してから18か月になる。しかし、アメリカ軍の高官の中にさえも、まったくではないにしても、これが何を意味するのかは依然として完全にははっきりしないというものもいる。最初に「太平洋の軸」と呼ばれたその戦略は、のちに「再均衡」と名付けなおされた。オバマ氏の政権による演説の中でのあいまいな言及は、どの書面によっても詳細を加えられていない(実に、今週の努力で見過ごされているのは、ペンタゴンは自身の戦略よりも中国の戦略についてより詳細を語っているのだ)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

欠乏の角 - 絶滅危惧種の経済学

5月
29

サイ、象、トラ、そしてサメを危険にさらしているのは、アジアの伝統ではなく利潤動機だ

英領ビルマのアラカン(現在はミャンマーのラカイン州)の副委員長兼植民官のR.B.スマートが1917年に書いた中で、彼は現地のサイについて心配した。彼の「ビルマ地名辞典」は、その血と角が薬や催淫薬として大きく重んじられたと注記する。結果として「これらの動物は容赦なく狩られ、撃たれる。」その州はサイが依然としてかなりたくさんいるビルマの数少ない部分の一つだったが、「もし保全されなければ、近い将来にそれらは絶滅するだろう。」

スマートの懸念は、生物多様性よりもむしろ、「ヨーロッパのスポーツマン」が殺すための大動物の喪失のためのように見える。しかし、彼は正しかった。ミャンマーでサイが最後に野生で見られてからから長くたつ。かつてはヒマラヤのふもとまで東南アジアにわたって散らばっていたスマトラサイは、今ではインドネシアとマレーシアの数少ない孤立した場所に閉じ込められている。2011年の推計では、全世界で216頭だとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アジア を購読