アジア

アジアの革新 - つましい考えが東から西に広がっている

4月
07
世界で最も安い車のタタナノは2009年に最初の1台が生産ラインから出てくる前に象徴になった。インドで最もあがめられているコングロマリットであるタタグループは、革命を具現化することによって強力に売り込んだ。つましい革新は、2,000ドルの車が単なる予兆でしかない消費財を、普通のインド人や中国人の手の届くものにするだろう。アジアの技術者たちは西洋の製品からすべての不必要な装飾をはがすことによって作り変えるだろう。その費用削減はとても大きいので、つましい考えは世界を征服するだろう。かつてトヨタが日本の時代を布告したように、タタはインドの到来を布告するだろう。
 
悲しいことに、その奇跡の車は最初から問題に付きまとわれた。抵抗する農民は、一つの州からタタ自動車の生産をほかに移すことを強いた。初期の売上は火をつけるのに失敗したが、いくつかの車は、文字通りそうなった。地元の顧客はトラックから乗用車に移るという欲望をほとんど示さなかった。ナノが誇大宣伝にこたえるのに失敗したことは、より大きな問題を提起する。つましい革新は売り込まれすぎたのか?西側の会社はリラックスできるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

完全非閉鎖? - 南シナ海

3月
28
石油やガスの探索が激しくなるにつれ、口論も激しくなっている
 
「南シナ海は、今では穏やかで平和だ。」今週の人民日報は書き留める。そうである限り、中国共産党の代弁者は全く正しい。しかし、その海はまた、その島々や岩礁、水域の一部かすべてを主張している中国と他の5つの国々との間の議論が残ったままだ。それはまた、超大国の張り合いの原因となっている。アメリカは海洋航行の自由を自国の「国益」だと断言し、その海の領有を主張する東南アジア諸国のように、中国を脅威とみている。それについて、中国自身の立場を包む曖昧さは大いに関係がある。
 
二つの最も活発な議論は、その海をそのような価値のあるものにしている炭化水素の巨大な埋蔵量があるかもしれないことの探索権に関わることだ。3月15日にヴェトナムは中国の国有海上石油会社による19鉱区での掘削権入札を求めたという発表に抵抗した。ヴェトナムは一つの鉱区がそれが主張しており1974年に中国によってそこから追い立てられたパラセル環礁から1マイルのところにあることを指摘した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

唇と歯のようには近くない - 中国とインド・ヴェトナム

10月
26
中国はインドがヴェトナムとの友好関係を深めていることを恐れるべきではない
 
中国の主権が問題になっているとき、北京の新聞のグローバルタイムスは気取った言葉を使わない。9月に、ヴェトナムがインドの国有石油ガス会社ONGCが南シナ海で中国が領有権を主張する水域で探索をするために結んだ契約は、「中国を限界に押し込む」だろうとガミガミ言った。しかし、今月、インドとヴェトナムは「エネルギー協力」の合意に達した。グローバルタイムスは、ヴェトナムがその共産党書記長グエン・フー・チョンが北京を訪れている間に中国との海洋の小競り合いを解決するための「グランドルール」について合意したたった1日後にそれが署名されたことに激怒した。いま、その新聞は「中国は、その立場を示し、中国に対するより向こう見ずな試みを妨げるために行動を起こすことを考えるかもしれない」と怒鳴る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

爪か顎か - アジアの経済

9月
01
アジアの経済は西側の減速を乗りきれるのかもしれないが、それを防ぐことができるか?
 
英語圏の世界では、人々はフライパンから逃れて火に入ろうとしている。タイでは、そのことわざは、違う型で表現される。人々は、ワニに食べられるためだけに虎から逃げると言われる。アジアでの他の多くと同じくらい、タイ経済は驚くほど素早く、大景気後退から跳ねでた。今年、より大きな脅威は、広がるインフレの顎だ。それを意識して、タイ政府は、8月24日には2010年の中頃から、9回目の利上げを行った。しかし、それは分裂した決断だった。アメリカやヨーロッパでの経済的苦悩は、アジアの雰囲気を暗くしている。虎の唸り声を再び聞いているものもいる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺には無い理想郷 - 南シナ海は永遠の議論の地域になる

6月
14

中国とアメリカはアジア太平洋の安全保障についての雰囲気を作る。1年前、政策官僚と防衛高官がシンガポールのシャングリラホテルに集まり、その主題について年次「対話」を行ったとき、空気は冷たかった。アメリカの防衛大臣のロバート・ゲイツは、当時寒冷前線を掲げていた中国からの無作法な拒絶に不平を言った。会議に出席していたタカ派の中国戦略家は、非を認めず、アメリカは「中国を敵として扱っている。」と怒鳴った。

今年、6月4日に会議が再召集されたとき、シンガポールは連続する熱帯性の土砂降りで水浸しだったが、辞める間際のゲイツ氏は晴れ晴れした雰囲気で、中米関係の改善を讃えた。中国は、初めて防衛大臣の梁光烈を送り込み、ロンドンに拠点を置くシンクタンクの国際戦略研究所によって準備されたそのイヴェントを賞賛さえした。長々と演説をぶつ標準的な中国人軍人として、梁将軍は特に愛想良く、アメリカとの「協力的パートナーシップ」を讃えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アジア を購読