天然資源

異なった規模 - 魚の値段

11月
02

魚はますます高価になっているが、彼らは皆同じ速さで動いているわけではない

漁師になるにはよい時だ。国連の食糧農業機関(FAO)の、世界魚類価格指数は、5月に最高値を記録した。特に中国での消費者の食生活の変化が、持続する上昇基調の多くを説明する。漁業と運輸の費用を上昇させる高い石油価格もまた、魚を食卓にのせる価格に上乗せされている。

しかしながら、全ての魚が等しく作られているわけではない。魚の生産には二つの型がある。「捕獲」(または野生)と「水産養殖」(または飼育)だ。そして、彼らは異なった軌道上にあるようだ。その大多数が野生で捕獲されるマグロのような魚は、より養殖が簡単なサケよりも大きな価格上昇をした。全体として、FAOの野生の魚の価格指数は、1990-2012年の間に倍近くになり、一方養殖魚のそれは1/5しか上がっていない。何がこの大きな違いを説明するのか?

地球規模でとらえられた野生の魚の量は、過去20年間でほとんど変わっていない。年に約9,000万トンのその天井には、1980年代の終わりに到達したようだ。特に消費者が高品質を求めると、生産性向上への限られた余地と同じく、過剰な漁が一つの理由だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金に向かう - エクアドルの鉱業

9月
03

ブラジルがその鉱業ロイヤリティを上げるとき、エクアドルはそれを下げる

エクアドル人は「比類のない金持ちの中で貧しく生きる。」アレクサンダー・フォン・フンボルトはその19世紀の冒険の中で注目したと言われる。新たに3期目に突入した大統領のラファエル・コレアは、ついにエクアドルの金、銀、銅などの鉱物の地価の富の鍵を開けることを狙っている。彼の最初の6年の任期中に追及されたポピュリスト政策は、国産会社と環境主義者を同じように遠ざけた。しかし、6月13日に可決された新鉱業法は、より実際的な方針を示唆する。

2009年の包括的な鉱業改革は、会社を官僚主義でつつみ、彼らを税で痛めつけた。その政府は、その鉱業体制を世界中のどこの国よりも最も儲かると褒めちぎった。投資家は注目し、他に行った。2月の大統領選挙が道を離れて、コレア氏は経路を変えている。その新法は、以前には青天井だったロイヤリティに8%の上限を課し、必要な許認可を合理化する。会社は、その投資を取り戻すまで、タナボタの税金を支払わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインの中の虫 - 東ティモールとオーストラリア

8月
13

ティモールの指導者たちは、その海底油田からのより良い取引を要求する

若く貧しい国である東ティモールの未来の財政は、10年近く前にオーストラリアによる卑劣な申し立てに巻き込まれている。東ティモールは、彼らの間に横たわる海での石油とガスの探査についての2006年の合意について、その大きく豊かな隣国を裁定に持ち込んでいる。今週シンガポール訪問中に話した東ティモールの石油大臣アルフレッド・ピレスは、2004年の交渉中にオーストラリアの諜報機関が違法に情報を入手したという「反駁できない証拠」を持っていると主張した。彼の弁護士は、ティモールの首相官邸が盗聴されたと主張する。

真実が何であれ、東ティモールの指導者たちはオーストラリアがだましたと感じている。2004年にその小さな国は、1999年の国連に組織された国民投票でインドネシアからの独立を問うた後の破壊から回復中だった。インドネシア軍とそれを支持する民兵たちは、怒り狂った殺人と破壊で復讐しようとしていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

銅の解決 - チリの鉱業

6月
16

鉱業はチリで豊かになっているが、その未来は不安定だ

土産物屋は、磨いた銅の装飾品を売る。建設に次ぐ建設が、少しの銅の被覆を見せびらかす。チリの首都、サンチャゴのタクシー運転手でさえも、銅の価格を知っている。何がその国最大の輸出品なのか推測するのは難しいことではない。

銅はずっと地理に親切だ。それは、GDPの20%と輸出の60%を供給する。そのおかげで、インフレと失業がうらやましいほどに低い一方で、チリの経済は年に6%近く拡大している。貧困率は急落している。公共サーヴィスはほとんどが良い。チリには、農業、観光、そしてハイテクすらも含んだ、他の強みがある。しかし、銅価格の小さな変化も見出しになる。

銅鉱山自身は首都から離れている。世界最大の銅山(で世界供給の5%を超える部分の素となっている)エスコンディダは、北に1,300キロ行ったアタカマ砂漠の真ん中にある。世界最大の鉱山会社BHPビリトンは、そこで二つの巨大な穴を掘っている。深い方は幅が3.9キロで、深さが650メートルだ。家ほどもあるトラックが、休むことなく、1日に150万トンの岩をエスカンディダから運び出す。管理者たちは、シフト中に150キロ運転するかもしれない。去年、その鉱山は100万トンの金属を吐きだした。全体で、チリは世界の銅の1/3を生産する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ムトワラのロックフェラーたち - タンザニアのガスブーム

6月
02

ガスの富鉱帯は富の望みをもたらす

何千トンものドリルパイプが、南部タンザニアのムトワラ港のヤードにきちんと積み上げら、100キロ沖合にガスリグを供給する船に積まれるのを待っている。そこでは、センチメートル単位の正確さで導かれたドリルの小片が2キロ水中の海底に食い込み、それから、地元民がその眠たい国の長く待たれた大躍進を加速するだろうと望むガスの埋蔵へと突き進む。

タンザニアは多くの間違った出発を経験している。部分的には南アフリカのサイモンストウンの港にとってかわるために、1954年に英国の植民地当局がムトワラの深水港を開いた時、それは東アフリカ貿易の転換点として売り出された。しかし、その港は朽ち、ムトワラとそのカシュー栽培の後背地は、1963年の独立後タンザニアの支配者によって無視された。ムトワラと商業首都のダルエスサラームをつなぐ道路建設は半世紀後に始まり、それはまだ完成していない。

最も効果的な方法で、タンザニアの教育制度は現地のマコンデ族に技能を備えるのに失敗している。多くが読み書きできず、雇用主の中で最も寛容なものを満足させる労働倫理でさえも欠いている。マコンデ族はタンザニアの他の所で、好色で木彫の才能を持ちブッシュミートを好むダンサーや警備員としてしばしばステレオタイプ化される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金の価格 - チベットの鉱業

4月
23

チベットでの致命的な地滑りは、その地域の資源への殺到についての疑問を提起する

チベット高原の生態系は、「極度に脆弱だ」と2年前に国土資源部は言及した。どのような損害も、回復するのは難しかったり不可能だったりするだろう、とそれは警告した。しかし、それは続き、国有企業の中国黄金集団公司は、その地域の首都ラサの近くのその鉱山の周りの環境を守るための作業で「驚くべき結果」を成し遂げた。3月29日に、その鉱山労働者のうち少なくとも83人が、巨大な地滑りで埋められた。その原因はまだ確かではないが、チベットの鉱業熱狂への批判者は立証されたと感じている。

ラサの約70キロ北西にあるジアマの銅と金鉱山でのその災害は、明らかに北京政府を困惑させている。カリフォルニアにあるメディア監視サイトのチャイナ・デジタル・タイムスによれば、共産党は新聞に、政府か国営新聞社の新華社によって出された報道に従うよう命令したという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

丘の中の金 - キルギスの鉱業

4月
12

外国人投資家への姿勢は、その困難を抱えた国をかくす

砂利道が雪の積もったジグザグ道を登り、樹木限界を超えて、この貧しい中央アジアの国では珍しい効率性のモデルに続く。海抜4キロの所にある門では、バスいっぱいの労働者が、酒が入ってきたり金塊が出て行ったりするのを見るために、そのバッグをX線透視されている。1997年以来、彼らは約270トンの金を、中国国境近くの天山山脈の露天掘りから掘っている。よい年には、クムトール鉱山はキルギスのGDPの12%とその輸出の半分を占め、一方国家予算の1/10近くに貢献した。

しかし、クムトールから金を得ることは、高く離れているためではなく、痛みを伴う。むしろ、キルギスの困難を抱えた政治はクムトールを差し控えさせ、なぜ金や多くの他の鉱床に満ちた国で外資の鉱山がそれほど珍しいのかを説明する役に立つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴールドラッシュの前に - モンゴルの天然資源

3月
11

モンゴルが豊かになる道は、利害関係者のいさかいで舗装されている

世界で最も早く成長する経済の一つ、モンゴルは、その新たに見つかった資源の素と自分自身が争っているとわかる。外国採掘会社と投資家は、その広大な地域の下の底の知れないたまものに目がくらんでいる。その国がその生得権をあまりに安く売っているという信念に迎合するポピュリスト政治家が、金の卵を産む前にそのめんどりを殺すかもしれないと恐れる外国人もいる。ほぼ間違いなくそうではない。しかし、「資源国家主義」は確かにめんどりにとって生活を不快なものにしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会的進歩の欠如に対する怒り - 南アフリカ暴動の背景

11月
25

産業暴動は、1880年代後半にセシル・ローズがデビアスを創設して以来、安い黒人移民労働者の背中の上に立てられた産業と鉱業会社に強い焦点を当てているが、労働組合もまた労働者の怒りに耐えている。

30年にわたって、鉱山労働者全国組合(NUM)は、約50万人(うち30万人以上は金とプラチナ部門で働いている)を雇う産業で支配的な組合だった。しかし、労働者が彼ら自身を代表しようとしている無謀なストライキの波は、NUMと伝統的な労使関係への増加する不満を強調している。

NUMはまた、プラチナ部門で急速な増加をして労働者の不満に入り込んでいる、やや新しい成り上がりの鉱山建設労働組合連合との競争にも直面している。それはまた金にも向かおうとしているという報告がある。

NUMの報道官レシバ・セショカは、暴動の鍵となる教訓は、団体交渉を強化する必要だと語る。「さもなければ、20人や30人の集団に別れた労働力を持つことになり、別々に関与することを要求する。それはより大きな問題になるだろう。」

彼は、暴動に対する会社の姿勢を非難し、彼らが伝統的な組合を解体しようとし、その役員に多く支払いすぎると告発する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

天然資源 を購読