選挙

王のお告げ - スワジランドの選挙

2月
28

アフリカ最後の絶対王政は、その気前の良い生活様式を永遠に保つことができないかもしれない

8月最後の金曜の夜に、稲光のする嵐の中で、スワジランドのムスワティ3世王は神から啓示をうけた。スワジ政府の制度の新しい名前が彼に現れたのだ。「君主制民主主義」だ。ロンドンのシンクタンクチャタム・ハウスでスワジランドについての報告を書く助けをしているアレックス・ヴァインズは、多くのスワジ人に王の意味するところはなんだと思うかを尋ねた。誰も全く分からなかった。

ムスワティ王の話は風変りかもしれないが、そのタイミングは全く奇妙ではない。スワジランドはその二つの立法府のための選挙を9月20日に行う。その重要性を忘れさせるのはあまりに簡単だ。政党は禁止される。候補者は予備選で審査される。王は65人の議員のうちの10人とより強力な上院の2/3を選ぶ。しかし、ヴァインズ氏は、その選挙がにもかかわらず注目すべきだと説明する。ふつうよりも多くの改革志向の候補者が立候補するからだ。ほのかだけれども、それは権力を追うから議会に向けて移す予兆かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それを正しくやる - ガーナの最高裁

1月
19

判事が遅ればせながら去年の選挙で資格を認めた。それは待つ価値があった

大統領選挙の9か月後に、運動の看板が依然としてガーナの田舎に飾られている。いま、最高裁がその結果を保証したので、それはついに下げられるかもしれない。8月29日に、その裁判所は敗れた候補者のナナ・アクフォ=アドによる訴えを拒絶し、ジョン・マハマを大統領として確認した。その法的闘争は、アフリカの民主主義の新たの地平を描いた。20年以上公平な政府を経験し、ガーナはその大陸のモデルとみなされる。それは、1992年に民政移管されてから6回連続の平和的選挙を経験している。大統領は2度暴力なしに変わっている。にもかかわらず、アクフォ=アド氏の陣営は不正を叫び、1,100万人の投票の40%を無効にするよう求めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

10月
17

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いまのところ、とてもよい - マリの選挙

10月
06

うまく行った選挙は平和を近づけるが、さらなる努力が必要とされる

1年を少し超える間に、活気のない西アフリカの国マリは、民族蜂起、イスラム主義者の反乱、軍事クーデター、一連の飛行機ストライキ、国連平和維持部隊を含んだ何千もの外国軍の到着、そしてついに民主的政府を再建するための選挙を7月28日に経験している。多くの観察者のように、国連の事務局長潘基文は、その国を改善するための国際的計画の一部の、その投票について慎重だ。「たとえその選挙が完全ではなくとも、その結果はすべての参加者によって尊重されなければならない。」彼は語った。

潘氏は彼の願いをかなえられそうには見えない。マリの内務大臣は、選挙前の一番人気だった(「IBK」として一般に知られる)イブライム・ブバカル・ケイタは、投票の合計約1/3に基づいた大きなリードをしている、と発表した。その大臣は、もしその傾向が続けば、ケイタ氏は8月11日に予定される決選投票を避けるのに必要な50%の閾値を超えるだろう、と付け加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票は踊る - ジンバブエの投票

10月
02

長く遅れた選挙は、今、心配なほどに急いでいるように見える

もし交通渋滞が活気の何らかの指針ならば、ハラレは繁栄している。ジンバブエの首都の地元政治家は、かつては通勤に20分かかっていたのが、今ではその倍かかっていると不平を言う。その国が7月31日の総選挙と大統領選挙に準備するにつれて、その経済は、2008年の3月の前回投票の時よりも、良い形をしている。当時、ハイパーインフレが吹き荒れ、モノは少なかった。いま、店はいっぱいで、価格は安定している。

その投票は、33年間の悪政の後でロバート・ムガベと彼のZanu-PFを追い出す、今までで最高の機会を提供する。しかし、そのかけ率は、もし選挙の準備がハラレの交通のペースで進んだのならば、小さくなるだろう。数週間前まで、さらなる改革への時間があるように、選挙は9月に起こると考えられていた。しかし、ムガベ氏は、早い日付を布告することにより、選挙への道を滑らかにする責任がある地域的組織の南部アフリカ開発共同体(SADC)に不意打ちを食らわせた。ジンバブエの憲法裁判所が投票を2週間遅らせるようにと言う訴えは、無効の宣言をされた。急いだ選挙は現職に有利だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

憤りの精神が我々の上にある - ジンバブエのきたるべき選挙

9月
11

謎めいたフェイスブックのキャラクターが殺人と大混乱を予言する

ジンバブエの差し迫った大統領と議会選挙の正確な日について政治家が論争するにつれ、「ババ・ジュクワ」を呼ぶ響き渡った音が騒音を切り裂いている。ロバート・ムガベ大統領のZanu-PF党の不満を持った内部者だと主張して、精神的な霊媒とその名が響きあうこの謎めいたキャラクターに属するゴシップ好きなフェイスブックページは、たった3か月で18.5万以上の「いいね!」を集め、投稿の度に何百もの反応がある。

ババ・ジュクワは、与党から秘密を盗み、市民の権利を奪われた大衆とそれを共有するジンバブエ版のロビン・フッドだと考えるものもいる。しばしば電話のかけ方と答えの求め方の指示付で携帯電話番号を含んで、そのブロガーは毎日腐敗と野蛮さを申し立てられた政治家たちを名指しし辱める。ジンバブエ人に投票への登録を勧める投稿もある。「Asijiki!」ババ・ジュクワは書き終える。「後戻りはできない!」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはただ諦めない - マダガスカルの選挙

9月
07

古い衛兵はその国の政治的見通しを破滅させることを決めたようだ

それはすべてとても望みがあるように見えた。2009年初めのクーデター以来4年間の政治的忘却の後で、マダガスカルの大統領選挙への日付がついに決められた。7月24日だ。国連がそれを裏書きした。欧州連合は資金を提供している。そして、南部アフリカ開発共同体(SADC)は、クーデターで追い出されたマーク・ラヴァルマナナも、クーデターを起こしたアンドリー・ラジョエリナも出馬しないだろう協定を仲介した。しかし、それから、追い出された大統領の妻ララオ・ラヴァルマナナが、彼の色で出馬するのを決めることで、ぶち壊しにした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票に近づいて - ジンバブエの国民投票

4月
16

新しい憲法を裏書きするための多くの参加者は、選挙への良い前兆だ

ジンバブエのビジネスマンは、地方の道はひどいかもしれないが、いくつかの隣国とは違って少なくともそれは存在する、と言うことを好む。この、グラスの半分、の姿勢は、ジンバブエ人たちが新しい憲法を裏書きするために3月16日に現れた、驚くべき熱狂を説明するかもしれない。

その改訂版規則集は欠点を持っている。それは政府を厳しく束縛をし続けるが、依然としてチェックが不足している。その国民投票は、草案が合意されてからほんの数週間後にやってきて、公的な議論のためにはほとんど時間がなかった。しかし、(多くの死者の名前によってふくらまされた600万の有権者名簿から)330万人以上の有権者があらわれ、93%がイエスに投票した。ジンバブエの簡単ではない連立与党のすべての政党も、同じようにその文書を裏書きした。

これは、たぶん7月中ごろの、期限切れになっている選挙への道を敷く。その実態と同じように、その国民投票のやり方は、楽観主義への理由を与える。投票は滑らかに進んだ。暴力はほとんどなかった。投票所は時間通りに開いた。結果は3日以内に発表された。不幸なことに、有権者に印をつけるために使われた消えないインクが、少数の戻ってきた役人を害した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

4月
14

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そして、勝者は… - ケニアの政治

4月
10

もし選挙が二回目に突入すれば、事態はより混乱するかもしれない

3月4日の投票日は、多くが恐れたように始まった。いくつかの沿岸地区の警察は、なたを振り回す過激派によってなぶり殺しにされた。しかし、他の所では、時に何マイルも伸びる列に並んで待ち、何百万ものケニア人が新しい大統領と多数の他の地位に忍耐強く投票した。記事の印刷時点では、その国の独立後最初の大統領の息子ウフル(「自由」)・ケニヤッタがかなりリードしていた。

半分近くの投票が数えられ、首相のライラ・オディンガは10ポイントほど負けていた。もし数日間宣言されないだろう最終結果で、対立候補がもっと近くなったり、どちらの候補者も50%以上を得ず、ゆえに決選投票の必要が出てくれば、問題が起こるかもしれない。先頭走者は、一回目の落選者に投票した人々の票を激しく得ようとするだろう。

しかし、二回目の投票が行われる前に、両側の弁護士が無効票の数え方について議論するだろう。一時は6%にもなった異常なほど高い割合の投票が、かなりが、時には政府の高官によってすらも票が間違った箱に入れられたために、無効にされた。有権者は、新しい選挙制度の下ですべて同時に、国会と新たに定められた軍議会を含んだ6つの異なった政府の階層の代表を選んだ。驚くまでもなく、混乱した人もいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

選挙 を購読