無国籍

海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

1月
25

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

無からのカネ - ビットコイン

3月
21

慢性的なデフレがビットコインがその法定のライヴァルたちにとってかわることを妨げるかもしれない

最も熱狂的なファンにとって、ビットコインは薬物の有益な代金支払い法以上のものだ。それはまた、消費者向け金融の多くを崩壊させうる技術的脅威でもある。しかし、それはカネなのだろうか?ハッカーにより大量の通貨が繰り返し消失させられるにもかかわらず、ビットコイン経済は成長し続けている。流通しているビットコインの総価額は、1年前にはたった4.9億ドルだったのが79億ドルに増えており、日々の取引量はほぼ60%増えている。もしビットコインがお金っぽさでドルやユーロと張り合うことを望むのならば、それはマスターカード狂以上のものになる必要があるだろう。

経済学者は、カネとは3つの主要な機能で働くものだと説明する。それは、モノやサーヴィスと信頼して交換できる「交換手段」でなければならない。それは安定して価値を蓄えることができなければならず、それにより利用者は多かれ少なかれ購買力を損なわずそのいくらかをしまいこみあとから使うことができるようになる。そしてそれは計算単位として機能しなければならない。ある経済における価値を測るための統計的な尺度だ。アメリカのドルはその3つにすべてあてはまる。ビットコインはもう少し進まなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

隠された一面 - ビットコインの将来

3月
21

いかにしてその暗号通貨はカネにおけるインターネットになりえたのか

父親はその子供の葬式に間に合った。もし最近の報道を信じるのならば、それがビットコインの地での哀れな状態のようだろう。3月6日にニューズウィーク誌は、ビットコインの隠遁中の創造者であるサトシ・ナカモトを見つけ出したと報じた。そして3月11日に、現在の価格で4.9億ドル相当の顧客のビットコインを失うまでその通貨の取引を長く支配していた日本のオンライン取引所のMt Goxは、今度はアメリカで再び破産により財産保全された。

実際には、事態は少し違っている。ニューズウィーク誌がビットコインの父だとしたドリアン・サトシ・ナカモトはそのサトシではないとの証拠が増えている。より重要なことに、ビットコインの最善の日々は、完全に一人前の通貨としてではないにしても、今度は金融革新のプラットフォームとして、依然として先にあるかもしれない。インターネットがデジタルサーヴィスの基礎であるように、ビットコインの裏にある技術は、人々が所有し支払うための方法の革命を助けうる。見れば新しいプラットフォームかどうかわかるますます増えるヴェンチャーキャピタリストを含んだ、すべての種類のオタクたちは興奮している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

噛みつかれた - ビットコイン

2月
14

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生き延びる - 生物多様性

2月
14

少ない成長ではなくさらなる成長が第6大絶滅を避ける最善の望みだ

海南テナガザル、毎朝お互いに歌う。しかし、最近彼らはあまり歌うことがない。その種は、米とゴムの肥沃な産地であるだけでなく、ゴルファーの天国でもある、ある中国の島の固有種だ。その森のほとんどは、これらの活動のために場所をあけるために破壊されており、そのテナガザルの数は数十匹に減っている。もしその種が消えれば、それは1万2千年前の完新世の始まり以来絶滅した最初のサルになるだろう。

海南テナガザルは、国際自然保護連合によって絶滅寸前に指定された4,224種のうちのたった一つにすぎない。注意は哺乳類と鳥類に集まる傾向にあるが、カエルのような両生類は、さらに危険にさらされている。

過去数世紀にわたって、人類の経済成長は、他の種が直面する問題の多くを惹き起こしている。しかし、より大きな人類の繁栄はいま、他の種が生き延びる最善の可能性を提供する。
 

恐竜に何をしたか

地球の歴史で、これまでに5回の大絶滅があった。一つは恐竜を絶滅させた。別のものは地球上の96%の種を一掃した。すべてが多分地質的な事件が隕石によって引き起こされた。多くの科学者は6つ目のものが進行中で、それは人によって引き起こされていると考えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

無国籍 を購読