無国籍

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

風刺的な韻文 - 政治とユーモア

12月
31

指導者たちをからかうことは、かつてないほど多くの人々によって楽しまれる喜びだ

政治的冗談はかつてないほど遠くに広がる。去年、アメリカの風刺雑誌のオニオンは北朝鮮の丸顔の指導者金正恩を「生きている中で最もセクシーな男」だと宣言した。中国の人民日報は、そのノミネートをまじめに受け取り、その名誉を祝福するために55枚の写真を広めた。オニオン誌が、田舎の白人アメリカ人はバラク・オバマよりもイランの当時の大統領マフムード・アハマディネジャドに好意的な意見を持っていると発表した偽の世論調査を公開した時、あるイランの国営ニュース機関はこれを本当のニュースとして報道した。たくさんの人々がオニオン誌を彼ら自身を楽しませるものとしてそれほど無邪気に見ているのではない。去年、そのサイトのトラフィックは70%程度増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 音楽コンクールを審査する

12月
18

トップの音楽家はメロディと同じくらい動きで評価される

音楽の中には、いつでもパフォーマンスであるものがある。例えば、ロックバンドのライヴを見ることは、音の質を賞賛するだけの問題ではない。音楽家が舞台上に運び上げるものは、ほとんど同じくらい重要なのだ。しかし、クラシック音楽は、そのような邪魔から免れるだろうと考える人がいるかもしれない。演奏がコンクールの一部として審判されているときには、いっそうそうではないかと。しかしながら、ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジの研究者でもあるコンサートピアニストのChia-Jung Tsayによる研究は、賞を与える審判ですらも、聴いたものと同じくらい見たものによって揺さぶられうるということを示唆する。

米国科学アカデミー紀要で発表されたばかりのTsay博士の研究は、審判の判断に同意するかどうか見るために、10の著名な音楽コンクールでの演奏を評価するよう、1,000人を超えるヴォランティア(半分が初心者で半分が専門家)を雇った。それそれのヴォランティアは、それぞれのコンクールの上位3つである30の演奏を調査した。落とし穴は、ヴォランティアのたった1/3しか音楽付の演奏を見せられなかったことだ。残りの2/3は、両方ではなく、それぞれの演奏を見るか聞くかどちらかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥の群れは一緒に着陸する - 動物の行動

12月
14

群がる鳥は着陸するときにいかに衝突を避けるか

着陸は飛行の最も危険な部分だ。飛行機のパイロットは、乗客を運ぶことができるようになる前に、何百回も練習しなければならない。それからでさえも、彼らは副操縦士、管制官、そして彼らを助けるためのすべての種類の器具を持つ。そして、彼らは、はっきりとしるしのついた滑走路で、一度に1機だけそれをする。いま、飛行機の群が狭い水面に何の助けも器具もなしで、みんな一緒に着陸しようとしているのを想像してほしい。その結果は、確かに災害的なものだろう。しかしながら、水鳥はしばしば集団になって、めったに衝突することもなく、特徴のない水域に着水する。だから、いかにして彼らはそうするのか?

それを理解するために、プラハのチェコ生命科学大学のハイネク・ブルダと11人の動物学者グループは、地図、双眼鏡、コンパス、そして風速計を準備した。彼らはこれらを持って、1年にわたって、8か国にまたがって、3,338の群に属する14の種類の15,000羽近くの鳥を観察した。動物学前線誌に掲載されたこの鳥類学的なマラソンの結果は、その単純さが特徴的な発見だった。どの方向から鳥の群れが水面に近づいて来ようとも、そのメンバーは普通、地球の磁場の方向で列を作って着水するのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

圧力にさらされるビットコイン - ビットコイン

12月
07

仮想通貨:それは数学的に優美で、ますます人気があり、かなり議論を呼んでいる。ビットコインの成功はそれを増大する緊張下においている

全ての通貨は、ある程度の合意による幻想を伴うが、仮想通貨制度のビットコインはその最たるものだ。それは、本質的価値を持たないデジタル代用貨幣に基づいた、中央銀行を持たないP2Pの通貨だ。中央当局の信頼に頼るよりもむしろ、それはその通貨の利用者によって暗号的に確認され合同で維持される取引帳簿に基づいた信頼の分配制度に依っている。取引は、信頼される第3者やほかのどんな仲介者の必要もなくほとんどコストなしでそのシステムの参加者間で直接起こることができ、ひとたび恒久的で完全に公開された記録に託されたら取り消しできない。保証はされないが、匿名性は適切な予防策と道具を使って可能となる。ビットコインがオタク、リバタリアン、薬物取引業者、投機家、金本位制主義者の間にそれほど訴えたのは何の不思議もない。

ビットコインは、金融危機のさなかの2008年に、中本哲史というペンネームで発表された論文とともに始まった。その論文中で概説された技術的設計は、次の年にオープンソースのソフトで実行された。それは、2012年に広く有名になり、それ以来見出しを飾っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ビットコイン・バブル - デジタル通貨

12月
07

それは過大評価されているように見えるが、たとえこのデジタル通貨が崩壊しても、他のものが後に続くだろう

ビットコインが盛り上がっている。中央銀行ではなく、自発的参加者のコンピューターネットワーク上で走る暗号ソフトウェアによって存在するようになるデジタル通貨に、投資家たちはのめりこんでいる。今週、ビットコインの価格は、1月に15ドル以下だったものが1,000ドル以上に上がった。

リバタリアン、金本位制主義者、薬物取引業者に長い間好まれて、ビットコインはいくらかの驚くべき新たな愛好者を惹きつけている。ドイツはそれを「口座の単位」として認識している。連邦準備銀行議長のベン・バーナンキは、仮想通貨についての上院委員会に、その考えが「長期的な見通しを持つかもしれない」と語った。ビットコインでの支払いを受け付ける店や企業は少数だが増えている。仲介業者なしに利用者間で直接資金のやり取りができるのでそれを好むものもいる。匿名の資金移動の潜在性や、ビットコインの流通量に固定上限があり、そのために中央銀行が流通量を増やすことによってその価値を膨らませるようなやり方ができないという事実に惹きつけられる人もいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

無国籍 を購読