無国籍

神聖ながん - 北極生態系

8月
11

がんの肉を食べることは、ホッキョクグマが地球温暖化を生き残るのに役立つかもしれない

ホッキョクグマは、アザラシが息をするために氷の穴から上がった時に待ち伏せするのが上手だ。けれども、夏の数か月間、氷が後退するときに、この鰭足類をたたく死のゲームは難しく、クマたちは冬の間に蓄積した脂肪の層に代わりに頼ると推測されている。これが、環境保護家の中に、地球温暖化が北極の海の氷をかつてないほどに早く融かし、クマたちがその脂肪貯蔵を補充するための時間を減らすにつれて、その種は将来困難に陥ると結論付けるものがいることにつながっている。しかし、新しい研究は、アザラシだけがクマの食料貯蔵庫に入るものではないということを示唆する。彼らは、それを夏の食料であるがんで補完し、故に変化する気候の帰結を逃れることができるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウイルスの楯 - マイクロビオーム学

7月
31

ウイルスは人々を病気から守る役に立つ

人々やほかの動物と共存共生する小さな器官の共同体であるマイクロビオームの物語は、毎日広がっている。今まで、過去数年間にわたって現れているその物語は友好的な協力のように見られている。生活場所の代わりに、バクテリアは消化を助け、その宿主の代謝を規制する役に立つ。けれども、その物語の最新章は、異なった取引を描く。動物の宿主とウイルスの間のものだ。そしてこの取引の中では、バクテリアが目標だ。

米国科学アカデミー紀要にその結果を公開したばかりのサン・ディエゴ州立大学のジェレミー・バーとその同僚たちは、イソギンチャクの外側の層から魚の肌を経由して人の口に至る軟組織膜によって隠された粘液の中のバクテリオファージと呼ばれるウイルスの高い集中に興味をそそられた。そのような膜は、病原体の最初の目標であり、それがなぜ多くにそんなにも人々が喉と肺の感染症にかかり、腸をひっくり返すのかの理由である。バクテリオファージ(または短くしてファージ)は、バクテリアに寄生する。バー博士は、さもなければ宿主の粘液膜の中で仕事を始めるかもしれない病原虫と、彼らが活発にともに働いているのかどうか不思議に思った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

量子の慰め - 暗号法

7月
31

秘密通信の盗聴は、まさに難しくなろうとしている。

暗号法はアリスとボブそしてイヴの間の軍拡競争だ。これらは暗号作成者が、内密に通信しようとする二人の人々と、三つ目は彼らの会話を傍受し解読しようとする人に与える名前だ。現在、アリスとボブが少しだけ前を行っている。しかし、イヴも追いついている。アリスとボブは、それ故に、秘密を守るためのまったく新しい方法を探している。そして彼らは間もなく、量子機構のおかげで、それを手に入れるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマート機械の時代

7月
31

知的作業は、手作業の行く末に進むかもしれない

その最初の小説『プレイヤー・ピアノ』の中で、カート・ヴォネガットは、産業がいつか「巨大なルーブ・ゴールドバーグ・マシン」(または英国人ならば「ヒース・ロビンソンの仕掛け」と言うだろう)のようになるかもしれないと予見した。彼の物語は、機会が手作業と同様に知的労働も乗っ取り、巨大なコンピューターEPICAC XIVがすべての決定をする暗黒郷を描く。わずかな経営者と技術者がその新しい主人の世話をするために依然として雇われる。しかし、ほとんどの人々は家屋敷に住み、そこで不要不急の仕事をし、テレビを見、そして「ウサギのように子供を産んで」時を過ごす。

こんにち、我々の目の前でヴォネガットの巨大な機械が組み立てられているかどうか不思議に思うことなく『プレイヤー・ピアノ』を読むのは不可能だ。グーグルは自動運転車を設計している。アメリカの軍事治安複合体は自動飛行殺人機を開拓している。教育事業家は啓蒙をオンラインで行っている。我々はますますヴォネガットの暗黒郷に住んでいるのだろうか?それとも、技術熱狂者は、人生がさらによくなりそうだと論ずるのが正しいのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

突破口を開いている - 市民のクラウドファンディング

7月
14

オンライン新興企業は、その近所を改良するために、市民に頼っている

名前、結婚日、そして愛の宣言が、オランダの町ロッテルダムの中央の混雑した主要道路をまたいだ新しい歩道橋のルヒトシンゲルを覆う。その計画への資金援助を求めるウェブサイトに頼まれて、地元の人たちはその1.7万の木製厚板の一つにメッセージを刻む権利のために、ひとつ25ユーロ(32ドル)を支払った。その歩道橋の長さは、寄付の量次第だ、と彼らは警告した。3か月以内に、夢想的慈善家たちがその全350メートルを作るのに必要な資金の1/3を支払った(政府の賞がそれからその上に上乗せされた)。もし彼らが市役所の官僚にそれを計画させていたら、ロッテルダムの住民はその橋が地面から離れるまでに20年待っていたかもしれない、とその建築家のクリスティアン・コレマンは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

縮む包帯 - 精神医学

7月
07

1冊の本が精神医学を支配するようになっている。それは危険だ

人間の脳は、知られている宇宙の中でもっとも複雑な物体だ。それは1,000億の神経細胞を含んでいる。それがいかに複雑かということを思えば、それは本当に珍しいくらいにしか間違えない。

しかし、それは時には間違える。それが、1952年以来アメリカ精神医学協会が「精神混乱の診断的統計的マニュアル(DSM)」を出版している理由だ。最新版が5月22日に店に並ぶこの本は、何が精神の混乱を構成しているかについてのその協会の考え方を含んでいる。それは、精神医学者によってだけではなく、アメリカにとどまらない世界中の保険会社、製薬会社、そして心配な患者とその親たちによって調べられている。それは何が精神疾患で何がそうではないか、そしてそれ故に誰が治療を受け、だれがそのために支払うのかを定義する産業標準になっている。

ほかの主要な医学分野で、人々の生活に対してそれほど大きな力を持った、そのような単一の教科書を持っているものはない。そしてそれは心配なことだ。他の医学分野で、医者の宣告をそれほど不確かに補強する科学的現実はないからだ。
 

分野別命令

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球温暖化の計測 - 気候変動

7月
03

二酸化炭素の濃度は、過去400万年で最高水準にある

5月4日正午、ハワイのマウナ・ロア観測所の周りの大気中の二酸化炭素濃度は400ppmに到達した。その日の平均は399.73で、その観測所の研究者たちはこの数字もここ数日で400を超えると予想している。前回そのような数値が地球上に広がったのは、ジャングルが北カナダを覆っていた400万年前の鮮新世だった。

例えば2012年5月の北極海のように、すでに他の所で400ppmを越えるいくつかの計測がなされていたが、それらは例外的だった。ハワイは人の集中からとても離れているので、(1958年以来)CO2計測の基準だ。北極は、対照的に、ヨーロッパや北米からたくさんの汚染された空気が入ってくる。

CO2濃度は5月に頂点を迎え、北半球の夏の植物の成長がそのガスを吸収するにつれ10月まで下がり、それから冬と春の間に再び上昇する。マウナ・ロアでの監視の責任者ピーター・タンスによれば、今年の通年の平均数値もたぶん400ppmに到達し、季節調整済みの年間数値は2014か15年の春に400ppmに到達するだろうという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

100万につき400 - 環境監視

6月
30

地球の記録的な温室効果ガス水準についてのたった一つの良いニュースは、それらがよく測られているということだ

ほとんどにデイヴとして知られるチャールズ・D・キーリングは、人々や政府の世界についての見方を変えた、物腰の柔らかな幾分優雅な男だ。彼を自然の中に連れ出した計画に興味を持った、少し狙いのない化学専攻の卒業生の彼は、1956年に、当時はほとんど僻地ですらなかった科学的なトピックである、大気中の二酸化炭素の割合を測ることのできる道具を作り始めた。1958年に、二酸化炭素の水準が現地の工場や産業によってあまりにひどく影響されないだろう場所を探して、彼はハワイの火山のマウナ・ロアの頂上にいくつかの道具を設置した。彼は、その水準が季節によって明らかに変動することを発見した。植物が二酸化炭素を吸収するにつれ、北半球の夏には下がり、落葉が腐るにつれ北半球の冬に下がるのだ。そして彼は、年平均が315ppmであることを発見した。

彼は、マウナ・ロアやほかの所での計測を、ほぼ50年間続けた。その時を通して、年の変動水準は上がり、それが上昇する率は増した。「キーリング曲線」ののこぎり状の発展は、気候変動科学の象徴になった。そして今週か来週に、キーリングの死の8年後に、その曲線が初めて400ppmの壁を破る時が来るだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全てにとって自由 - 学術出版

6月
25

自由に接続できる科学出版が地歩を築いている

4月の初めに、政府が納税者の資金を学者に移すための仲介機関である英国研究会議協議会は、それが資金を出した研究の結果がいかに公開されるかのルールを変えた。今から、それらは、直ちにが好ましいが、間違いなく1年以内に無料で利用できる学術誌で公開されなければならない。

2月にホワイトハウス科学技術政策室は、連邦機関に同じような計画を作るよう言った。その1週間前、政府が資金拠出した研究に6か月後に自由に接続できるよう求めるだろう法案が、議会を通過する道に向かい始めた。欧州連合も同じ方向に動いている。慈善団体もそうだ。粒子物理学の研究所、図書館、そして研究費割り当て機関の共同事業体SCOAP3は、その分野の主導的な学術誌12誌全部に、それらが毎年掲載する7,000の記事を無料で読めるようにするよう圧力をかけている。学術出版社にとって、そのパーティーはすぐに終わるかもしれないようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

無国籍 を購読