無国籍

高いステーキ - 心臓病とマイクロビオーム

5月
27

動脈硬化は、肉食と腸のバクテリアの有害な相互作用によっておこるかもしれない

医療試験に参加する人々は、しばしば、新たな薬を服用することから眠りを差し控えることまで、いやなことをしなければならない。オハイオのクリーヴランド診療所のスタンリー・ヘイゼンによって組織された試験の参加者は、明らかに簡単な仕事をした。ステーキを食べるのだ。けれども、ヘイゼン博士の結論を読んだ後で、彼らはむしろそれを少しだけ食べたいと思ったかもしれない。

赤肉の消費と心臓病との間のつながりは、数十年前に疫学者によって認められたが、このつながりの性質は、正しく説明されたことがなかった。非難の指は、ふつう飽和脂肪とコレステロールに指された。赤身の肉はどちらも含む。しかし、多くの最近の研究は、飽和脂肪と心臓病との間には何のつながりもなく、だから何かほかのものが多分関わっているということを示した。ヘイゼン博士は彼がそれを知っていると考える。彼が出版されたばかりのネイチャー・メディスン誌の論文で概説したように、彼はその責任が、人間の内臓に住む100兆かそこらのバクテリアの集合であるマイクロビオームに実際には横たわっていると信じている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな正貨 - デジタル通貨

5月
12

規制者はビットコインのようなデジタル通貨の新形態に干渉しないようにすべきだ

小部族はしばしば独特の貨幣形態を使う。最近まで、西アフリカのアシャンティは、たぶんもっとも奇妙なものを持っていた。金属ディスク、石、または貝の便利さを避け、彼らは金属を使って、その部族の首長の王座を表す小さな椅子の形に、入念にかたどった。しかし、最新の流行の通過、ビットコインはさらに奇妙だ。2009年に発明されたこのコンピューター化された貨幣は、デジタルコードの列としてのみ存在するのだ。

ビットコイン族は、依然として小さなもので、主にコンピューターオタク、薬物取引業者、金本位制主義者、そしてリバタリアンからなっている。しかし、今年の初めの20ドル以下から今週のある時点の200ドル越えまで、ビットコインの価値の大きな変動により、その通貨はより広い注意を惹いている。その価格はまだ地面にぶつかっていないかもしれない。しかし、ビットコインに何が起ころうとも、それは、いかに広く受け入れられたデジタル通貨が有益になりうるかを示す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

印刷に備える - 生体繊維

5月
12

生きた組織を人工的に作る新しい方法

ウディ・アレン監督主演の1970年代の未来ファンタジー「スリーパー」のクライマックスは、アレン演ずるマイルスが独裁者の切り離され保存された鼻を蒸気ローラーの下に投げるところだ。オーガスマトロンや車大のバナナがいっぱいの映画で、悪漢を打ち負かすのは最後の馬鹿げた行為だ。けれども、もしその映画が現在作られたら、これらの悪漢は単に別の鼻を印刷したかもしれない。

器官を印刷するという考えは、(固いものを作り出すために、一度に素材の層を置く)三次元印刷の技術が改善するにつれて、幻想の領域を超えて動いている。移植可能な器官は依然として手に届かないけれども、研究者たちは、細胞の層を生きた組織に仕上げる技術を使っている。そして、オックスフォード大学の化学生物学者ハーガン・ベイレイによる今週のサイエンス誌のものを含んだいくつかの最近の論文が示すように、このやり方は急速に進化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

断片の蒸留 - 暗黒物質

5月
12

宇宙の失われた85%の物質を探すことは、その源泉に迫っている

もしヒッグス粒子がつかみどころがないと考えたならば、暗黒物質の事例を考えるとよい。他の亜原子種を塊にするヒッグス粒子は1964年に予言されたが、去年になってやっと実際にとらえられた。けれども、その48年間の追跡は、暗黒物質の追跡に比べればそよ風だった。物理学者は、スイスの天文物理学者フリッツ・ツウィッキーが、見ることはできないがそれがなければ目に見える宇宙は回る時にバラバラに飛び散るだろう物質を表現するのにその言葉を作り出した1933年以来、それが存在しなければならないことを知っていた。欧州宇宙機関のプランク衛星からの最新の結果は、それが宇宙の全物質の中の85%を構成していると示唆する(だいたい80%という以前の推計から上がった)。

けれども、ヒッグス粒子のように、暗黒物質が構成される実際の粒子は、つかみどころがないとわかっている。ツウィッキーの観察の80年後、そしてのちの数十もの実験の後でも、それらはまだ検知されていないままだ。しかし、4月3日に、アルファ磁気分光計(AMS)と呼ばれる実験は、今までのところもっとも魅力的なヒントを提供した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

啓示はたぶんもう少し後だ - 地球温暖化

4月
18

気候変動は科学者たちが考えるよりもゆっくりと起こっているかもしれないが、世界は依然としてそれに対処する必要がある

それは、北極の夏の海の氷がすべてどこへ行ったのかと不思議に思うアザラシへの驚きとしてやってくるかもしれない。それは、ハリケーンサンディで失ったものと依然として折り合いをつけているスタテン島民へのニュースになりうる。しかし、科学者の中には、人造の気候変動が、数年前に見えたほどひどい脅威ではないと論ずる者もいる。彼らは、二酸化炭素の水準が倍になった時に予想される温暖化の量である、地球の「気候感度」が、以前に考えられたほど高くはないかもしれないと考えるべきさまざまな理由を指し示す。もっとも明白な理由は、20世紀の間の著しい温暖化にもかかわらず、過去10年間で温度は本当には上がっていないということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あの世 - カンブリア爆発

4月
18

中国の古生物学者たちはその動物たちの勃興を説明したいと望んでいる

進化の謎の中で、最も深いものの一つは、カンブリア紀の初めに正確に何が起こったかだ。5.41億年前に始まって5,600万年間続いたその期間の前に、生命は控えめなものだった。バクテリアは約30億年そこにいたが、そのほとんどで彼らは地球をわがものとしていた。海藻、クラゲのような生き物、海綿動物、そして奇妙な虫が、カンブリア紀が始まる数百万年前に現れ始めた。しかし、先カンブリア紀は弱肉強食ではなかった。歯も爪も存在しなかったのだ。

それから、地質学的にはあっという間の2,000万年で、動物たちは力に到着した。その動物王国の主要な集団のほとんど、節足動物、椀足動物、腔腸動物、棘皮動物、軟体動物、そしてその枝から脊椎動物が発展し続けた脊索動物さえも、カンブリア紀の化石層から見つかる。この大型動物相の突然の進化は、カンブリア爆発として知られている。しかし、それが気づかれてから2世紀後、そこにちなんでカンブリア紀が名づけられたウェールズの山脈で、何がそれを爆発させたのか、誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

本棚をたたむ - 電子貸出と公共図書館

4月
17

電子書籍は公共図書館と出版社へのどんでん返しを意味する

サンフランシスコの主要な公共図書館を塗りつぶしているのは、以前その図書館の目録に乗っていた5万枚のインデックスカードだ。それらが参照する大きな本もまた装飾品になっているかもしれない。図書館の常連客は収蔵書をオンラインで検索できるだけでなく、彼らは図書館を訪れることなく電子書籍を借り出すかもしれない。図書館司書にとって、「電子貸出」はデジタル時代の自然な提案だ。出版社と本屋は、それが彼らの事業をほどくかもしれないと恐れる。

書籍取引における図書館の影響についての心配は新しいものではない。しかし、書籍が読者の下に簡単で素早く到達することができるようにするデジタル装置が、それらを激しくしている。大出版社マクミランの社長ブライアン・ナパックが2011年に言ったように、その恐れは図書カードを得た人が「再び本を買う必要がない」ことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空の大きな試験管 - 宇宙化学

4月
15

宇宙は一つの大きな化学セットだ

ほとんどの人々は、星の間の空間は、えーと、からっぽだと考えている。しかし、そうではない。それは実際にはガスで満たされているのだ。確かに、平方センチ当たり100-1,000の分子数という平均密度で、それはかなり薄いガスだ。しかし宇宙は大きく、だからまとめればそれはかなりの量になる。

そのほとんど、92%は、水素だ。さらに8%は、化学的に不活性のヘリウムだ。しかし、0.1%以下のほんのわずかな部分は、その中が酸素、炭素、そして窒素というほかの要素からなっている。これらの他の要素は惑星間ではほんの少量だが、それらはそれに真の風味を与える。
 

生命の兆候

今のところ、約180種類のこれらの分子が、その分子が化学結合の周りを回る時に生み出すエネルギーであるマイクロ波周波数から、宇宙空間で検知されている。それらを研究したい2つの理由がある。一つは、これらの分子が多分生命の前身だということだ。もう一つは、宇宙化学の希薄化された性質が、仕事を進める方法を変えるということだ。それは、化学反応の個々の段階が、地上では難しくときに不可能なやり方で、お互いにほぐす粉ができることを意味する。そしてそれは、地上では知られていない反応が起こることを許す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

純利益 - インターネットの利益計量化

4月
11

インターネットが消費者にもたらしている利益をいかに計量化するか

彼女の2歳の娘が1992年にがんだと診断された時、ジュディ・モリカは近くの南フロリダの医療図書館で何時間も過ごし、その子の状態についての情報を得るために雑誌を念入りに調べた。よく知らない言葉を見るたびに、彼女は止まって図書館のほかの場所でその意味を追い詰めただろう。それは「暗闇の中を歩く」ようなものだった、と彼女は語る。彼女の娘は回復したが、2005年に違った型のがんを診断された。今回、モリカ女史は彼女のそばにとどまることができた。彼女は記事をオンラインで読み、医学と科学的用語を直ちにウィキペディアで調べ、脚注を追って新しい資料をたどることができた。彼女は、娘の専門医に仲間の医者のように話しかけることができた。ウィキペディアは時間を節約させただけでなく、より大きなコントロール感も与えたと彼女は言う。「それに価格をつけることなどできない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

無国籍 を購読