中国情勢

中国の軍事的勃興

4月
21

新興の超大国が引き起こす安定への脅威を減らす方法がある

どれだけしばしば中国が平和的勃興の考えを強調していようとも、その軍事的近代化の速度と性質は、警告の原因となることが避けられない。アメリカとほかのヨーロッパの大国がその防衛支出を減らしているときに、中国は過去10年の約12%という増加を維持するように見える。その防衛予算が現在のアメリカのそれの1/4だとしても、中国の将軍たちは野心的だ。その国は、20年かそこらの間に世界最大の軍事支出者になることになっている。

その努力の多くは、アメリカが台湾についての将来の危機に干渉するのを防ぐことを狙っている。中国は、アメリカのその地域に力を反映するかつて圧倒的だった能力を鈍らせるために設計された「非対称能力」に重点的に投資している。この“接近阻止・領域拒否”戦略は、多数の正確な地上配備の弾道そして巡航ミサイル、艦船攻撃用ミサイルを搭載した近代的ジェット機、(従来型と原子力型の両方の)潜水艦船団、長距離レーダーと調査衛星、そしてアメリカ軍の「盲目化」することを意図したサイバーと宇宙兵器を含む。話されていることのほとんどは、2,700キロ離れた洋上の空母の甲板上に操作できる弾頭を向けることができるといわれる新しい弾道ミサイルについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

完全非閉鎖? - 南シナ海

3月
28
石油やガスの探索が激しくなるにつれ、口論も激しくなっている
 
「南シナ海は、今では穏やかで平和だ。」今週の人民日報は書き留める。そうである限り、中国共産党の代弁者は全く正しい。しかし、その海はまた、その島々や岩礁、水域の一部かすべてを主張している中国と他の5つの国々との間の議論が残ったままだ。それはまた、超大国の張り合いの原因となっている。アメリカは海洋航行の自由を自国の「国益」だと断言し、その海の領有を主張する東南アジア諸国のように、中国を脅威とみている。それについて、中国自身の立場を包む曖昧さは大いに関係がある。
 
二つの最も活発な議論は、その海をそのような価値のあるものにしている炭化水素の巨大な埋蔵量があるかもしれないことの探索権に関わることだ。3月15日にヴェトナムは中国の国有海上石油会社による19鉱区での掘削権入札を求めたという発表に抵抗した。ヴェトナムは一つの鉱区がそれが主張しており1974年に中国によってそこから追い立てられたパラセル環礁から1マイルのところにあることを指摘した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

仏陀と雌虎 

3月
15

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

天朝経済

9月
18

2030年までに、中国経済は英国の1870年代やアメリカの1970年代と同じくらいに大きく現れるだろう

それは恐らく、その終結がしばしば予言されてきたアメリカの経済大国としての弾力性を測るものとなる。1956年に、ロシア人たちは礼儀正しく西側に「歴史は我々の側にある。我々はあなた方を葬り去るだろう。」と通知した。1980年代には、かわりに歴史は日本と共にあるように見えた。今では、それは中国にあるようだ。

これらの予言は、バラク・オバマ大統領の元経済顧問のラリー・サマーズによれば、「自己否定」だ。幾らかはアメリカが彼らを受け入れたためにそれは実現せず、そして彼らに挑むよう駆り立てたためだ。「我々が未来について心配する限り、未来はより良くなる。」彼はホワイトハウスを去る直前に述べた。彼の演説はピーターソン国際経済研究所のアーヴィンド・サブラマニアンにより、新著「エクリプス」で引用された。サブラマニアン氏は、中国の経済的強さは、人々が考えるよりも早くアメリカのそれを陰らせると論ずる。彼は、彼の予言が自己否定的であることを否定する。アメリカがその警告に注意を払っても、それについてできることはほとんど全くない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

8月
22

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

竹の革新

5月
12

シリコンヴァレーの基準で中国の革新の原動力を判断することに注意しよう

中国の継続する経済進歩は、大きな変革をもたらす革新のわざを習得することにかかっている。胡錦濤主席は「独立した革新能力」が「我々の国家的開発戦略の核心」である、と独特な調子で話す。懐疑的な人たちは彼の前提には合意するが、革新と独裁は混在しないと嘲笑する。中国が独裁制を維持する限り、大量生産と定形組み立ての世界に囚われる、と彼らは言う。学生の一人であるコン・カオは、中国は「若年性老衰」の未来に直面していると論ずる。

中国は自家製の革新に大きな投資をしてきた。政府はマイクロソフトやグーグルに中国にリサーチセンターを作るよう説得しただけではなかった。政府は 国中に中国版シリコンヴァレーを作る望みを持ってサイエンス・パークを立ち上げた。北京の中関村サイエンスパークはそれだけで何千ものハイテク企業の本社になっている。中国の大学は運営に参加している。例えば北京大学は、「革新と起業家精神」プログラムを立ち上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国ビジネス - 資金調達が犯罪になるとき

4月
20

若い女性ビジネスマンの死刑判決は起業家たちを震え上がらせた

中国でとても奇妙なことが起こった。4月7日に、有名な起業が盛んな海岸沿いの県である浙江の控訴裁判所で、有名な29歳の女性企業家であるウー・インに5時間の聴取のあと、詐欺罪で死刑判決が言い渡されたのだ。彼女は逮捕される前には、現代中国では一番低い地位の人々でも成功できるという奇跡的な事業の成功を象徴していた。

彼女が死刑に直面しているという暴露は、彼女が与えたといわれる情報による何人かの有名な銀行家や役人の逮捕や、彼女自身の自殺未遂といったことを含んだ、彼女の事件に関わる一連の劇的な出来事の最新ニュースだ。控訴審を含んだ事件の多くは、直接の取材が制限された密室で行われたため、詳細はあいまいだ。しかしながら、それは中国の新聞やインターネット上での事件についての貪欲な議論を止めることはなかった。それは明らかに公衆の関心を捉えたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
中国情勢 を購読