アメリカ

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

家長たちの秋 - ラテンアメリカの人口動態

8月
11

伝統的な人口動態の傾向が驚くべき速さで変わっている

アナ・カロリナ・ベルチャーの祖母は、家の外で働いたことがなかった。6人の子供たちの面倒を見て、彼女はほとんど時間がなかった。ベルチャーさんの母親は、その娘のように、サン・パウロで先生をしていたが、彼女の人生における野望は家族を持つことだった。彼女は22歳で結婚し、4人の子供のうち最初の子をすぐに産んだ。「私は21,2のころに家族のことについて考え始めた。」アナ・カロリナは語る。「しかしそれは具体的な計画ではなく夢だった。私のほしかった主たるものは、経歴だった。」

いま30歳で、結婚して2年になる彼女は、その友人のほとんどのように、依然としてその第一子の「予定を調整」している。「私の祖母はすべてをその夫のためにした。(私の母は)生き残り、多くのことを受け入れた。しかし、最近、私の年齢で教育を受けた(彼女は修士号を持っている)女性が、男性からの正しい行動を主張するのはより簡単だ。私たちはマチズモや性差別主義を受け入れる必要がない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸分割 - ラテンアメリカの地経学

7月
08

その地域は二つの二者択一のブロックの後ろに落ち込んでいる。市場主導型の太平洋同盟と、より静態的なメルコスールだ

5月23日に、コロンビアの町カリで、4つのラテンアメリカ諸国、チリ、コロンビア、メキシコ、そしてペルーの大統領が、その商品貿易の90%にかかる関税を取り除く協定に調印する。彼らはまた、残りの10%への関税も、7年以内に撤廃するというタイムテーブルにも合意する。彼らはすでに、お互いの国民へのヴィザ要件を取り除いており、共通市場を立ち上げることに向けて迅速に動く熱意を宣言している。太平洋同盟と自分たち自身で呼んでいるそのグループは、チリの財務大臣フェリペ・ララインによると、「現在ラテンアメリカで進んでいるもっとも興奮することだ。」部外者の中にもそう考えるものもいる。コスタリカとパナマも参加したいと思っている。カナダの首相スティーヴン・ハーパーとスペイン首相マリアーノ・ラホイは、カリの会議に立会人として出席すると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新世界 - ラテンアメリカと移民

5月
03

長く才能の輸出国だったラテンアメリカは、今それを輸入している

ラテンアメリカの移民の歴史は昼食の話題にぴったりだ。1,200万人のメキシコ人がそこに住んでいるので、タコスとトルティージャの露店が合衆国中に広がっている。マドリーでは2000年代初めの経済危機から逃れたアルゼンチン人たちによって給仕されたパリージャの上でステーキがジュージューいう。そのような珍味を洗い流すために、どの大きな都市のバーも亡命キューバ人によって振られたモヒートを出す。

最近、料理の考えは両方向に流れる。メキシコ・シティは、スペインのタパスバーでいっぱいだ。新しいポルトガルのベーカリーがサンパウロで跳ね上がっている。アメリカの簡易食堂でさえも国境の南に浸透している。その理由は、ラテンアメリカが意欲的な移民の出発点であるのと同様に目的地になっているということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーナスマネー - カリブ海のサッカー

4月
16

別のFIFAスキャンダル

人口たった1.5万人のカリブ海の非常に小さい英国領アンギラは、サッカー統治団体FIFAの209の加盟者のうち、もっとも小さなものの一つだ。その代表チームは世界で206位で、下にはブータン、サン・マリノ、そしてタークス・カイコス諸島しかいない。1997年のその最初の試合以来の成績は、28戦2勝だ。しかし、それはFIFAの会長ゼップ・ブラッターがその不評な組織を呼ぶ「FIFAファミリー」による養育の欠乏のためではない。

FIFAがほかのすべての加盟者に与えた年に25万ドルのサッカーへの投資に加えて、2003年に地域連盟はその島の首都のヴァレーにトレーニングセンターを建設するための65万ドルを受け取った。2010年にブラッター氏はこれを始めるためにアンギラに行った。FIFAによれば、そのセンターは安全フェンス、人工照明、そして事務所と更衣室付の観覧席を持ったピッチからなる予定だった。現在、訪問者は、さびて壊れたフェンス、雑草の生えたでこぼこのピッチをつつく鶏、そしてコンピューター端末が依然としてプラスティックに包まれたままの空っぽで明らかに使われていない事務所を持った小さな観覧席を見つける。2011年2月に贈られた追加の50万ドルで作られるはずだった宿舎、体育館、カフェ、教室は、何の兆候もない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙人へのスペクトル - 民間宇宙産業

4月
14

アメリカの通信規制者は、商業的ロケット技師に支援を与えることを狙う

アメリカの主たる通信監視機関の連邦通信委員会(FCC)は、地表から離れられない会社の間に音波を割り当てていたものだ。それはまた、衛星のいくつかへの周波数も監視している。今、それはさらに宇宙に向かっている。その委員長のジュリアス・ゲナチョウスキは、民間ロケット発射に使うことができる特別なラジオ周波数を作り出す計画を間もなく発表することが期待される。

この事業は今、離陸し始めている。そのドラゴン宇宙船が国際宇宙ステーションに再補給しているスペースXはすでに、そのファルコン9ロケットの5基の発射を準備している。そして来月、別のアメリカ企業オービタル・サイエンスが、そのアンタレスロケットの試験発射をする予定だ。民間宇宙産業が発展するにつれ、その支持者は、それが天空に宇宙飛行士からその遺物を宇宙に託したいと思う人々の灰まですべてを運ぶだろうことを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ペニーが落ちる - 硬貨鋳造

3月
31

小さな金属のかけらに反する事例

ほとんどの人々は1セントのものに2セントは支払わないだろう。しかし、アメリカの政府はただそれをするのに去年1.16億ドルを費やした。その金を失う購入はお金そのものだ。主にその主原料の亜鉛の価格のために、2006年以来生産するのに1セント以上かかるペニー玉だ。

カナダが学んでいるように、鉄鋼はもっとよくない。そこの政府は最近その鉄でできたペニーを捨てた。アメリカの政治家は、その北の隣国の教訓を学ぶのに気が進まない一方で、気づいているかもしれない。2月14日のオンラインフォーラムで、バラク・オバマはペニーがもはや彼が信じるところのお釣りではないとほのめかした。15年前、一握りのペニーがあればマクドナルドでハンバーガーが買えたが、インフレのために硬貨では今ではフレンチフライ一つも買うことができないことを意味する。瓶に追いやられ、クッションの後ろで無くなり、ペニーは商業の促進というその主要な機能を行うことができなくなっている。自動販売機と駐車メーターはそれを受け付けない。取引の度に数秒を費やし弄んで、ペニーは紙幣を苦しめ、経済に年に何百万ドルもの費用をかけさせる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

過去と未来 - ラテンアメリカの統合

2月
24

その地域の時代錯誤の新しい顔

ヨーロッパがひれふし、ラテンアメリカの多くが急成長する中で、かつて大西洋をまたいだ「戦略的連合」のジュニアパートナーだったものが命令をしていると期待するかもしれない。しかし、そうではない。1月26,27日のチリの首都サンティアゴでのEUとの2年に一度の首脳会談と、その次の日のラテンアメリカとカリブ海諸国の共同体であるCELACの懇親会で、ラテン諸国は内部分裂と過去の目立ちたがり屋政治へののめりこみの両方を示すと決めたようだ。

たぶんそれが、ドイツのアンゲラ・メルケルとスペインのマリアーノ・ラホイ以外のヨーロッパのより重要な指導者たちがわざわざ長旅をしようとしなかった理由だろう。仕事の主要な潜在的な点は、EUと、ブラジルとアルゼンチンに率いられた貿易ブロックのメルコスールとの間の、長く停滞した貿易交渉だった。これらは1990年代に始まった。「しかし、お互いの市場へのアクセスという中心問題において、我々は依然として仕事に取り掛かっていない。EUの貿易担当委員のカレル・ドゥ・グヒュトは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すぐに行きます! - スペインとアメリカ諸国

10月
25

ラテン系と地元の人々が同じように新たな大陸に旅立っている

2007年までの10年間で、約150万のラテンアメリカ人、そのうち30万人以上は2007年だけ、が、より良い生活を求めてスペインに引っ越した。今では、スペインが困難にあり、多くのラテンアメリカ経済は急成長しているので、その流れは変わっている。スペイン現地の記録では、約2万人のコロンビア人と4万人のエクアドル人が2011年にその国を去り、多くが母国に富を求めていることを示す。

その傾向の典型は、ヘラルド・ナヴァーロだ。彼は、当時好況を迎えていた建物取引で職を見つけたいと思って、2007年にスペインに引っ越した。しかし、不動産バブルがはじけた時に、ナヴァーロ氏は職がないことに気付いた。スペインでの限られた余地しかない職で競争するよりも、ボゴタでの建設増加が機会を開いているコロンビアにナヴァーロ氏は帰国した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アメリカ を購読