教育産業

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

利益なしの名誉? - 高等教育事業

9月
11

ビジネススクールが民間企業と結びつくことは興味深い事例研究だ

ビジネススクールを経験する種類の人々は、利益のために提供されている教育という考えに何の問題も感じないだろう、と思う人がいるかもしれない。しかし、アリゾナの苦闘している学校サンダーバードが教育会社のローリエートとの提携を計画していると3か月前に発表した時、卒業生と学生の間に騒ぎがあった。その契約の保留を求める嘆願はほぼ2,000の署名を集めた。「売り払う」ことによって、サンダーバードの経営陣は学校のブランドを薄め、その学位を安くしている、とそれは言う。

サンダーバードは、第二次世界大戦後の元空軍基地に建てられたその学校自身、非営利のままだ、と主張する。その提携は、その学校のオンライン教育と幹部のためのコースを拡大し、学士号を導入するための外国キャンパスを作り出すために使われるだろう。しかし、去年上院委員会によって発行されたアメリカの営利高等教育会社への破滅的な報告は、その取引についての疑念を説明する役に立つ。それは、2009-10年の学校年度にそのような組織は政府から320億ドルの学生援助を得たことを見つけた。彼らは州立大学よりも高い料金を課すが、教育にそれほど費やしていない。その落第率は警告すべきものだ。2008-09年に、中央値の学生はたった4か月しか続かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

始めさせろ - 学生のクラウドファンディング

8月
25

若者がその未来の権利を売るのを助ける

マシュー・クルプが去年ロードアイランドデザイン校を卒業した時、彼は興味をそそる財務実験の一部となった。学生融資を返済し、新しいデザイン会社の資金調達を助けるために、クルプ氏は、若者や「成り上がり者たち」が、彼らの将来の稼ぎの権利の代わりに現金を彼らに与える意思のある豊かな投資家を見つける助けをするアメリカの会社のアップスタートを経由して38,500ドルを調達した。このクラウドファンディングの新しい応用は、人気と議論の両方を約束する。

最近ヴェンチャー基金やシリコンヴァレー型のものからほぼ600万ドルを調達したアップスタートは、若者への株のような投資を促進するたった一つの組織ではない。別のアメリカ新興企業ぺイヴは、似たようなサーヴィスを開発している。ドイツ企業キャリアコンセプトは、学生が勉強のための資金調達をするのを助け、メキシコ、チリ、アメリカのような国で低所得者の学生に焦点を当てているルムニは、すでにほぼ2,000人の学生が個人や組織から現金を調達するのを助けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

学校への新しいルール

4月
17

革新者がインドの医療を揺さぶっている。どうして同じことが教育にできないだろうか?

バンダリ現代公学校は、技術的シフトダウンによってのみ近づくことができる。普通サイズのタクシーは狭くて混雑した通りを抜けることができないので、トゥクトゥクに乗り換える必要がある。間もなくその通りは路地になるので、自転車リキシャに乗り換える。

ニューデリーのブランプリ・スラムは活気のある場所で、移民、ムスリムなどの周縁者の本拠だ。西洋剃刀と汚い水の入ったバケツを持った理容師が、歩道の上で顧客のひげをそっている。工場が人々の目の前でブンブン言っている。動物と子供たちはどこにでもいる。水牛がカートを引き、白いポニーは特に何もしておらず(彼らは結婚式で人気がある)、子供たちは自転車の空気入れや洗剤を売り歩いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

オンライン語学者 - 語学教育企業

1月
10

技術が語学教育を変え始めている

記者のひどい中国語をただす先生は、物腰柔らかな、信ずべき、そして遠く離れたところにいる人だ。スカイプのおかげで、椅子から動くことなく多かれ少なかれどんな言語のネイティヴ話者とも面と向かっての授業が受けられる。技術はいつか語学学習を余計なものにするかもしれず、一方簡単にもする。

語学教育会社はゆっくりと技術を取り入れている。ベルリッツが最大のものだ。1878年に設立されたその方法は単純だ。生徒の母語を一言も発することのない先生の素で、4,5人を超えることのない生徒を教えることだ。ベルリッツはまた、学習者を特別な必要に合わせてグループ化する。例えば観光客やエネルギーの重役だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学の挑戦

12月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む
教育産業 を購読