ドイツ

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公平な分配 - ドイツの富裕税

9月
29

階級闘争の季節だ

1か月の若さの運動Umfairteilenは、支持者がドイツ中の道に達することを計画している9月29日のために計画している。Umfairteilenは、ドイツ語で再分配を表す言葉の一音節を英語のfairに置き換えたものだ。その目標は、すでに議会の野党によって採用されているが、富裕税だ。

この古い考えは、ベルリンのシンクタンクDIWが、ドイツを含んだヨーロッパに依然として存在している十分な民間の富の一部を政府が差し押さえれば、ユーロ圏の国際危機は簡単に解決しうると論ずる。おまけとして、そのような賦課はまた、不平等を減らす。

最初の疑問は、誰を金持として数えるかだ。DIWは、その分析を個人財産が25万ユーロの点から始めることに基づいている。しかし、それは中産階級をたたくだろう。だから、ドイツでの重要な政治的段階である討論番組は、その議論を取り上げた。一貫した答えは、「金持ち」とはその質問に答えた人よりも豊かな人は誰でも、ということのように見える。(Umfairteilenは100万ユーロにその線を引いている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神々のたそがれ - バイロイト音楽祭

6月
29

補助金漬けのオペラのどろどろの世界

年に1度のリヒャルト・ワーグナーのオペラのバイロイト音楽祭のチケットを取るのは小人の呪いを解くようなものだ。平均の待ち時間は9年である。しかし事態は変わっている。6月15日にドイツの連邦会計検査院は、毎年500万ユーロ以上の補助金を得ているその音楽祭は、チケットの割当方法を変えるべきだと忠告した。

たった40%が直接公に売られているだけで、特等席はたった16%だ。怪しい割当が残りの面倒を見る。バイロイト友の会はそのメンバーのために24%を得る。30%程度は、それを含んだとても高価なツアーを組む旅行代理店や、顧客に感銘を与えたり(またはおそらく脅したり)するための企業スポンサーといった価値のある理由に与えられる。

スポンサーは明らかに、確実なチケットの割当の機会を得るためには長期的な関係を育てる必要がある。その過程は透明とは言いがたい。ドイツ労働組合連盟は秘密の行動を取っている。ワーグナーファンではない(信じるか否かにかかわらず、そのような人は存在するのだ)忠実な労働組合員は、伝えられるところによると、その席を利益のために売ることができるという。この行動を止めようという動きがある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ドイツ を購読