モルディヴ

デリーと深く青き海の間に - 「クーデター」後のモルディヴ

5月
28

ライヴァル指導者たちは言い争い、インドからの支援を競う

大統領のうち片方は間違っていなければならない。モルディヴの支配者、ワヒード・ハサンは、早期の選挙ほど彼を喜ばせるものはないだろうと言う。「モルディヴは今、かつてないほど民主的だ。」彼は、5月14日のデリーへの最初の外遊の間にしゃべりたてた。固く握手を交わし、身なりの良い赤いネクタイをし、目をまっすぐ見つめて、彼は明日陽気に投票に行くだろうと語った。もし彼が混乱した列島の憲法と残念なほど気が進まない連立相手にそうすることを妨害されなければ。

注目を集める彼の前任者のモハメド・ナシードは、首都のマレからのキーキー言う電話線を通して、ばかげたことだと退ける。「我々は選挙を必要としている。それは彼の連立相手とは何の関係もない。ただ彼の問題だ。」(前副大統領の)ハッサン氏は、やめることができたが、彼の反対派をつぶすのに時間をかけることを好む。ほとんどが野党労働者の600人程度の人々が、過去数か月で逮捕されている、とナシード氏は不平を言う。野党の国会議員は離反を誘導されている。政治犯経験者のナシード氏は、彼が間もなく牢獄に戻ると考えていると語る。月日が流れるにつれ、公正な投票への機会はかすむ、と彼は語る。「私は真剣に、選挙が全く行われないのではないかと疑っている。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モルディヴ を購読