マリ情勢

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦いは山に移る - マリの戦争と平和

3月
07

フランスは望むよりも少し長くとどまらなければならないかもしれない

古代の町トンブクトゥが聖戦士の支配下にある一方で、マモウ・マイガというアーモンド形の目をした21歳の女性はアダマと名乗ったハンサムな占領者が家まで送ってくれるのを受け入れた。「彼は私がとても特別だと言ったの。」彼女はつぶやいた。彼が彼女の気の進まない家族に巨額の持参金を提案した後で、彼らは結婚した。しかし3週間後、フランス軍がその町の泥の煉瓦のミナレットから見えた時、アダマは脱出した。彼の花嫁は取り乱し、彼女の家族は救われた。マモウの妹は、10か月間厳しい支配を課した聖戦士が嫌いで、夜逃げした義兄が返ってこないことを望むといった。「どうして彼への電話にこたえることすらするだろう?」彼女は訊ねる。

いかにフランス軍が決然とイスラム主義者たちを北部マリで最も人口の多い部分から追い出したかと考えると、マモウはすぐにはアダマに再会しそうもない。広がる砂漠を渡るときに空から射撃されたものもいる。フランスは、合計3,000と推計される中から数百人を殺したと計算する。残りは、アルジェリア国境のそばの離れた山に隠れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

2月
25

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅威にさらされる巻物 - マリの遺産

10月
25

イスラム狂信者がマリのもっとも大事にされた写本を危険にさらしている

サハラ砂漠の南西の端にあるマリの町トンブクトゥが、イングランドとの境界のウェールズの落ち着いた小さな町のヘイ・オン・ワイと姉妹都市になっていることは奇妙に見えるかもしれない。この提携の理由は本だ。ヘイはその本屋街と年次の文学祭で有名だ。トンブクトゥは大量のアラブの写本を持っており、その中には、イスラムや哲学から数学や天文学に至るまでのトピックの、12世紀にまでさかのぼるものがある。

しかし、ヘイが昔と同じように紳士的であるのに、過去数か月のトンブクトゥは、マリの北部2/3を支配する激しく攻撃的なイスラム主義者によって支配されている。その町を管理するグループのAnsar Dineは、イスラム教の厳格なサラフィズムを信奉する。それはその町の文化的遺産の友達でも何でもないことを証明している。

今年の初めに、それは偶像崇拝に当たるとしてトンブクトゥの古代の墓を壊し始めた。9つが破壊され、7つは世界遺産とされた町の一部だった。「その使命はまだ終わっていない。」Ansar Dineの報道官は語る。しかし、記念碑の破壊は、今のところ、終わったかもしれない。蛮行に対する国際的な怒りは別にして、それはその町の市民からひどく受け取られた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちの恐ろしい新たな前線 - マリでの文化的攻撃

7月
19

過激派イスラム教徒はその地域と古いアフリカの遺産を脅かしている

木の板に三日月形の金属枠があしらわれたトンブクトゥのシディヤヤモスクの主要な門はこの世が終わる時にだけ開くという伝説があった。暗喩的な意味で、北部マリの古代からの貿易拠点を今支配しているアル=カーイダに明らかにつながったイスラム民兵が、今その町に攻撃を浴びせているということだ。7月2日から、彼らは、住民を恐れを伴って仰天させた宗教的熱意に触発された街全体での文化的蛮行の一部として、「その謎を破壊するために」つるはしとショヴェルで古い入り口を叩き壊している。他に破壊されたものは、8つの霊廟と多数の聖者の墓がある。さらなる破壊が恐れられている。

「みんながイスラム主義に怒り狂っている。」幸福な時代のツアーガイド、アサーヌ・トラオレは語る。「それはまるで、彼らが我々の体の一部を叩き切っているようなものだ。」住民の中には、トラオレ氏が言うところの「ひげもじゃの奴ら」に対してデモをしたいというものもいるが、多くは恐れている。その全盛期にトンブクトゥは、金、象牙、塩、奴隷の、サハラをまたいだ交易からの税金で豊かになった、学びの中心だった。さまようスーフィの神秘主義がイスラム以前の信仰と融合した時、それは「333人の聖人の町」として知られるようになった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神聖ではない同盟 - マリの分離

6月
04

トゥアレグの反乱軍とアル=カーイダは北に獰猛な新しい国を作るために合同する

銃声が夜の静寂を切り裂いた。何週間にもわたって、ガオとトンブクトゥという古い砂漠の町の住民は、ライヴァルのトゥアレグの反乱軍が衝突するのを恐れてきた。1月から3月の間に、彼らは一緒になってマリ軍に対する破壊的に有効な作戦を行い、その最後の軍隊が4月の初めに立ち止り、アザワドと呼ばれる独立国家を宣言した。しかし、対抗意識がそれから燃え上り、無法と党派心がそれ以来広まっている。

5月26日に破裂した機関銃が、住民をあわてて避難場所に送った。しかし、その射撃は祝福のためだと判明した。そのフランス語のイニシャルMNLAで知られる世俗集団アザワド解放民族運動は、地元で支配的なAnsar Eddine(信念の守護者)と呼ばれる集団からのイスラム原理主義者と取引を成立させた。その二組は軍隊を合同し、暫定政府を立ち上げることに合意した。平和がやってくるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

マリ情勢 を購読