オーストラリア

対蹠地の支配 - 先史時代の移民

2月
07

4,000年前、冒険的なインド人たちがオーストラリアに渡ったことを遺伝的証拠が示唆する

人類の先祖の物語は、ふつうオーストラリアを忘れられた大陸とする。人類学とオーストラリア原住民の遺伝子の両方が、人類がアフリカから出た最初の足掛かりである、オズの地のバブ・エル・マンデブ海峡のアラビア側から広がるのにたった1.5万年しか必要ではなかったと示唆する。最初のオーストラリア人は、それ故に約4.5万年前に到着した。そのあと、1788年に英国海軍のアーサー・フィリップ船長がろくでなしどもの積み荷と一緒にシドニー湾に現れてニューサウスウェールズの植民地を見つけるまで、オーストラリアとその他の世界との遺伝子の流れは再開しなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北の光 - オーストラリアのノーザンテリトリー

10月
20

原住民の政治とアジアの好況が境界地域を再定義している

ダーウィンは前にそれ自身を作り直さないとならなかった。1942年2月、真珠湾爆撃の10週間後、日本がダーウィンを攻撃し、ハワイよりも多くの爆弾を落とし、多くの船を沈めた。1974年には、サイクロン・トレーシーが、オーストラリア人がノーザンテリトリー(NT)と呼ぶ上の端の州都を押しつぶした。今、エネルギーブームが、ダーウィンが、その領域の長官でオーストラリアの最新の政治指導者であるテリー・ミルズがその国のアジアへの玄関と呼ぶものへ、再び帰ると約束する。ダーウィンは、オーストラリアの南にある首都のキャンベラに比べて、ティモール海の向こうのインドネシアにはるかに近い、と彼は指摘する。彼は間を置く。「距離よりも多くの点で。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国のワゴンに引っかかって - オーストラリアの二車線経済

9月
12

成功の重い負担が語り始めている

シドニー近くの現代オーストラリア誕生の地であるボタニー湾の岸は、その国の二速の経済のスナップ写真を提供する。オーストラリア全体の賃金平均の4倍を提供する西オーストラリアとクイーンズランドの好況に沸く資源豊富な州への「フライイン・フライアウト」労働者を運び去る飛行機が湾を超えて離陸する。湾の南側のカーネルの外出禁止の労働者にとって、見通しはそれほどよくない。石油会社のカルテックスは、ほぼ60年間そこでガソリンを生産している精製所を閉鎖するだろうと、最近発表した。600を超える職が無くなる。かなりが資源富鉱帯のおかげで上昇するオーストラリアの通貨のために、代わりにアジアの精製所からガソリンを輸入しカーネルで貯蔵する方がその会社にとって安くなる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地下の収入 - オーストラリアの新しい税金

7月
15
財政的資源を探す正しい場所
 
どこでも金に困った政府は、新しい収入の素を探す。国外脱出者や税難民を追いかけて、網を外に向けるものもいる。高所得者や金持ちの会社に課税して、上を見るものもいる。一つか二つは後ろすらも見ている。例えばインドは、5年かそれ以上さかのぼって大きな外国の買収のいくつかに遡及税を課している。
 
オーストラリアは、えーと、下(ダウンアンダー)を見ている。7月1日に、それは、二つの新しい税を課した。鉱業税と炭素税だ。どちらの税金も議論を呼び、それらが導入されたやり方はまずかった。だがしかし、他の所でのぎこちない収入調達のいくつかに比べれば、オーストラリアの新しい税は、少なくとも健全な政策立案への家族的類似を生む。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
オーストラリア を購読