エチオピア

圏外 - エチオピアの通信

12月
16

政府は携帯電話網を広げているが、その統制を強めている

エチオピアはアフリカで最後の大きな通信独占を行っている。競争の欠如により、8,000万以上の人口を持つ国は、一般的に経済成長とともに急速に発展しているその大陸での産業で、ひどく遅れている。アフリカの他の地域では平均して70%である携帯電話の浸透率は、エチオピアでは25%近くだ。隣のケニアでは40%なのに比べて、わずか2.5%のエチオピア人だけしかインターネットにアクセスできない。

エチオピアの権威主義的な指導者たちは、現代通信の経済的利益についてほかのものと同じくらい熱心だが、政治的な枝分かれを恐れている。つながると、厄介な反対派はますますイライラさせるようになる。それが、中国の二つの主導的な通信設備会社との16億ドルのネットワーク更新協定を説明する。華為とZTEとの契約は、エチオピアの国家独占を保ち、アフリカ最大の経済の一つを解放するのをさらに延期する。

フランス・テレコムとエチオ・テレコムとの間の2010年の契約は、民営化と競争に向けた一歩としていくつかの方面には見られた。それは通信料を下げたが、フランス人社長のブルーノ・デュトワが最近辞めたことでよろめいているようだ。いまでは更なる改善はほとんどなさそうだ、と地元の起業家のマルコス・レンマは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少しなら、自由にデモをどうぞ - エチオピア

8月
16

エチオピアでの政治デモはより大きな自由を布告できたのか?

珍しい政治デモのちらつきが、6月2日にそれがなければ厳しく統制されたエチオピアの首都アディスアベバの街路を彩った。デモ参加者は、平和的に町を通って行進し、多くは投獄された愛する人々の写真を持っていた。のちに彼らはその首都の主要な大通りであるチャーチル通りに集まり、そこで彼らは新しい闘争が始まったと言われた。野党Semayawi(青)党の議長Yelekal Gerachewは、政治犯の解法を要求し、失業と腐敗を攻撃した。

活動家は、1万人もの人々が参加したと主張する。政府高官は、その数が4,000人近くだったという。本当の数字が何であれ、それは、選挙操作への不平の中でのデモが暴力的に抑圧され200人近くの非武装のデモ参加者が亡くなり何千人もが逮捕された2005年以来エチオピアで最大のデモだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アディスで混乱する – エチオピアでの不法な喜び

4月
16

ますます多くの快適な都会の中産階級が自分自身で楽しむことを学んでいる

エチオピアの首都アディス・アベバのボールロードのはずれで固まって並んでいる明るい照明のバーは、真夜中近くに生き返る。民族メロディーが電子ビートと混ざり合う。客は、伝統的な音楽から出る速いダンスの爆発で、尻をくねくねさせ、肩を回す。「キス室」への狭いドアを通って手をつないだウエイトレスと消え、15分後にかつてないほど元気になって帰ってくるものもいる。そしてそれは月曜日だけだ。

たとえその潔癖すぎる国家主義の政府が喜びを開発の敵だとみていても、不法な楽しみがエチオピアで浸透している。ナイトクラブはマリファナの煙でかすんでいる。軽い麻薬性植物の葉のチャットはどこにでもある。運転手たちは、荷積みのために車を止めるとき「少しチャットをする」話をする。2年前、非医療用マッサージ店は外国ビジネスマンがしばしばくるホテルに限られていた。今では、アディスはそのような店が約200あるかもしれない。満足のためには西側ブランドのたばこ3箱分の費用が掛かる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

王様万歳 - エチオピアを支配する

3月
15

エチオピアの新たな指導部は、英雄崇拝を実行している

20年間エチオピアを運営していた間、失われた運動からモデル生徒までのその上昇をメレス・ゼナウィがほぼ一人で行った。彼の敵でさえも、彼が人気と能力を兼ね備えていたことを認める。しばしば昼夜を問わず働き、彼は複雑な政策選択をし、それらを普通の人々に説明することができた。彼は、道路建設から反対派の抑圧まで、すべてを注意深く計画した。彼自身の逝去を除けば。

それは、57歳での病気の後に6か月前の8月20日にやってきて、その国をフラフラにした。知られているように、メレスはとても多くの権力を握っていたので、多くが彼の死が政治的混乱と経済的下降を惹き起こすだろうと心配した。彼だけが、兵士たち、金貸し、エチオピアの人々、そして西側の信頼を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

変化の種 - 事業のための考え

10月
03

いかに小さな革新が農産物保険を貧しい農民の手に届くところに置いたか

北エチオピアの岩が散らばった高地のティグレ地方は、革新的な金融製品を見つけることが期待できるような場所のタイプではない。そこの住民はほとんどが、絶え間ない旱魃の結果として貧しくて不作に脆弱な農民だ。それがまさに、貧しい国々が気候変動に対処するよう助けることができる新種の保険の試験地域として、その地域が選ばれた理由だ。

その考えは単純だ。旱魃が襲った後に農民を助けるのに食糧援助に頼る代わりに、援助機関は災害が襲う前に彼らのために農産物保険に契約することができる。雨が降らなかったとき、農民たちは次の種まきに必要な資産に手を突っ込むことなしに食料を買うための農産物保険支払いを使うことができる。「それは、所得とは関係なくできる。」その計画を調整しているオックスファム・アメリカの気候変動部長デヴィッド・ワスコウは語る。「さもなければ、あなたは崖から落ちてしまう。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

独裁制を受け入れられるようにしようとしてきた男 - エチオピアの首相

9月
13

アフリカで最も成功した実力者の一人の後に何が続くのだろう?

エチオピア首相のメレス・ゼナウィの8月20日の死は、彼の作り出した国について多くを明らかにした。彼の病状の詳細は、最後まで秘密のままだった。1日遅れで、国営テレビでの短い放送が、エチオピア人に過去21年間の彼らの「ヴィジョンのある指導者」が亡くなったことを知らせた。彼は、外国のどこかでの特定できない「突然の感染」によって亡くなった。その首相が最後に大衆の前に姿を現してから2か月間、彼の病気を報道したたった一つの新聞はパルプにされ、その事務所は閉鎖され、その編集者は逮捕された。メレス氏の死についてのさらなる詳細は、EUの高官が彼がブリュッセルの病院で亡くなったことを確認した時だけ表に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バイバイ、ビッグマン - メレス・ゼナウィのあとのアフリカの角

9月
09

そのもっとも有能な指導者の経歴からの、アフリカの最も困難を抱えた地域への教訓

幾つかの国は調和に苦しむ習慣を持っている。バルカンやコーカサスのように、アフリカの角の民族的に多様な国はしばしばお互いに影響を与える。エチオピア、スーダン、そしてソマリアはすべて内部紛争と国境をまたいだ無秩序にあふれている。今週の二つの歴史的な事件がその角の歴史に今新しい章を開くかもしれない。どちらもより大きな政治的開放と繁栄に向かった道を開きうるが、西側が正しい道に圧力をかければだ。

最初の事件は、記憶にある中で最初の議会を招集したソマリアで起こった。しばしば戦っているすべての地域と部族からの代表が、最近解放された首都のモガディシュで会った。彼らは今、不完全にしても競争的な投票で大統領を選ぶことを期待されている。全国選挙が次の議題だ。リスクがあるのは明らかだ。多くのソマリアの政治家は犯罪者だ。そして、最近まで国のほとんどを支配していたイスラム過激派民兵のシャバブは脅威のままだ。しかし、ソマリアは、たぶん、1991年にシアド・バーレを追放した後でそれが血なまぐさい戦いと頻繁な飢饉に身を落として以来、包括的な政府を見つける最善の機会だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしメレスもいけば… - エチオピア

8月
17
エチオピアの大物の報道される悪い健康が神経をいら立たせている
 
エチオピアの普通ならば精力的な首相のメレス・ゼナウィは、6月半ばから人前に姿を現していない。G8やG20といった大きな会議に定期的に招待された彼は、しばしば「アフリカの声」と考えられている。しかし、彼は、とりわけ自国の首都のアディスアベバで開かれた今月初めのアフリカ連合の首脳会談に欠席した。彼の政府は、最初にベルギーの病院で彼が重大な病気に臥せっていたというのを否定してから、病気休暇を発表したことによって不確かさを加えた。ある週刊紙が彼の健康についての記事を発表しようとした時、当局はその報道を止めた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

エチオピア を購読