インド

異なった衣類から切り出す - インドの社会起業家

3月
14

慢性的な女性の医療問題を解決して事業を打ち立てる

ラタン・ジャダヴは、30代の恥ずかしがり屋の痩せた女性だが、西インドのマハラシュトラ州の田舎であるオスマナバードで農業をしている。彼女の小さな泥の家は、台所の窓敷居に10代の娘の化粧品がきちんと並べられる一方で、親類から借金をして買ったコンピューターといった現代的な利便性を誇りにしている。しかし、個人的な衛生ということになると、どちらの女性も(結婚式のような特別な場合は例外かもしれないが)ブランド物の生理用品よりも綿の布きれを好む。手作りの代替品が仕事をするのに「なぜ買わなきゃいけないの?」とその母親は訊ねる。

ジャダヴ女史は、布きれ、乾いた葉、麦わら、または新聞紙を好んで生理用品を避ける3億人の生理中のインド人女性の一人だ。調査会社のACニールセンは、インド人女性の70%が生理用品を買う余裕がないという。ふつう男性によって経営される薬品店でそれを求めることを嫌って、支払うことができる多くの人々もそれを買わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

めちゃくちゃなスープ - インドの栄養失調

12月
15

有権者に影響を与えるための巨大な安い食糧計画は栄養失調を終わらせないだろう

「歴史的」で「無類な」は、与党インド国民会議の党首のソニア・ガンディが、8月20日にデリーで始まったインドの新しい食糧法を表現するのに使ったものだ。彼女は貧者の飢餓を終わらせることを約束した。その法律とその導入へのより正確な言葉は、「その場しのぎ」で「混沌とした」だろう。その計画はインドの12億の人々のうち8億人に到達することを狙い、彼らにそれぞれごくわずかな価格で月に5キロの米か小麦を施すものだ。それは、それを世界最大の食料補助にする。しかし、それは、混乱、冷笑、そして財政的無責任さの主張の中で始まっている。

その食糧計画は、ガンディ女史の雑用係のマンモハン・シン首相が、議会が最後には合意しなければならないというめったに使われない執行力の法令として7月にそれを導入した時、法律になった。ガンディ女史は、5月の終わりに予定されている総選挙に打ちのめされることを恐れ、だから議会党はいまその計画を通すことに急いでいる。議会は依然として説得されなければならない。彼女はその法案を、20年前に暗殺され、その騒々しく宣伝された誕生日が立ち上げの日に選ばれた、彼女の夫のラジヴ・ガンディの思い出に結び付けようとした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗がりから出る - インドの田舎に光を当てる

9月
21

村人たちは暗くなった後に日光を楽しむ

その国で一番人口稠密な州、北インドのウッタル・プラデーシュに夜間飛行すると、その町はきらめく島のようだ。しかしながら、その間には、真っ黒な海が横たわっている。たぶん、ウッタル・プラデーシュの2億の人々の2/3は、定期的な電気を持っていない。インド全体で、7億、またはその人口の半分以上が、全国の電気網への信頼できない接続に悩んでいるか、まったく接続できないかだ。

紙上では、その国の北と南の電気網をつなぐ計画が存在する。それは役立つだろうが、長い間接続されていないインドの田舎が正しく接続されるだろうと期待するものは誰もいない。一方、村人たちは、肺に害をなし、学校の宿題にはほとんど役に立たないおぼろげな光しか出さないパラフィンランプで負けずに頑張っている。暗闇は危険を生むので、女性たちは日が沈むと家にとどまる。市場や家が早く閉まるので、電気の欠如は事業を制限する。銀行は村に到達するよう命令されているが、彼らは電気が必要だ。そして、ほとんどのインド人は携帯電話を持っているけれども、多くがそれらを充電するのに苦労している。インドの40万の携帯電話の電波塔は、少なくとも幾分かは、うるさく、汚く、費用がかかるディーゼル発電機によって電気供給されている。電気は、携帯電話会社の営業費用の2/5を占めうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイスマンがやってくる - 自分でやる氷河

9月
20

もし気候変動が地元の氷河を持ち去るのならば、別のものを作ったらどうだろう?

気候が温暖化するにつれ、氷河は縮む。それは、農産物に灌漑するのにその融けた水に頼っている人々にとっては問題だ。例えば、ジャンムー・カシミール州のレーよりも上の渓谷に住んでいる農民だ。彼らが住んでいるその地域の低地氷河のほとんどは消えており、より高いところにあるものは、10キロも後退している。農民が新たに蒔かれた農産物に灌漑する必要がある融けた水は3月から4月にかけて到達していたものだ。今、それは6月までやってこない。そのような短い成長期間の場所では、多く使うには遅すぎる。

その地域に住んでいる退職した土木技師のチェワン・ノーフェルは、答えを持っていると考えている。もし天然の氷河が亡くなっているのならば、人工のものを作ったらどうだろう?これは、過去10年かそこら、彼がしていることだ。さらに、彼は、ぴったりの時に融け、農民の畑に直接その内容物が流れ込むところに新しい氷河を作っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高く濡れている - インドの洪水

9月
09

自然災害がひどい反応で悪化している

ほとんどが小さな州のウッタラーカンドでの、北部インドでの洪水は、巨大な規模で災害になっている。6月14日のモンスーンの初期の強烈な襲撃が、川を増水させ、道路、橋、ホテル、そして村を丸ごとすら押し流した。岩がいっぱいの奔流が車や家を壊し、犠牲者をがれきや泥の下に埋めた。雨が来るといういくらかの警告にもかかわらず、約10万人の人々がそれらにとらわれた。少なくとも1,000人が亡くなった。さらに多くが行方不明だ。最終的な犠牲者数はわからないかもしれず、数千に広がっている。

1年のこの時期は、巡礼者と観光客の群がヒマラヤのふもとの現地民に加わり、この惨事に全国的な規模を与えている。最もひどかったのは、ほとんどが巡礼者の何百もの死体が見つかったガンジス川の水源近くにあるヒンドゥ寺院の町である、小さくて高い高度にあるケダルナートだった。最初の洪水を生き残った多くは、その努力が継続する悪天候によって邪魔された軍の救助を待って、1週間以上吹きさらしで飢えて座っていた。空軍は、大量火葬のための積薪を作るために材木をおとした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

生きることの費用 - インドのAIDS

8月
25

インドの全大人にHIVテストをすることは、生命と金のどちらも節約するだろう

命を持っているものにとって、それは値の付かないものだ。けれども、政策立案者はより現実的なやり方をしなければならない。それは特に、もし不公平だとしても、世界のより貧しい部分に当てはまる。当局が、公共の財布への他の要求とその価値が比較できるように、保健計画の費用効果を理解するのは重要だ。

これにいかに取り組むかは、公共科学図書館誌に掲載された、ブラウン大学のカーティク・ヴェンカテシュとイェールのジェシカ・ベッカーによる論文によって例証される。

ヴェンカテシュ博士とベッカー博士は、インド政府が、定期的にその国の人々にAIDSの原因となるウイルスのHIVの検査を、知らないうちにそれに感染した人を治療するために、することが良い考えかどうかを自身に尋ねた。短い答えは、できるのならばした方がよいだろう、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

森から出て - インドの未統治の空間

8月
09

殺人的な攻撃は、インドの「アウトランド」での無視を強調する

コングレス党のための政治ポスターが林床にばらまかれている。ジープは弾丸で穴だらけになっている。政治家とその息子が殺されたところにハエが揺らめいている。それは、5月25日にインドの政治家たちを運んだ17台の車の護衛隊をマオイストの反乱軍が待ち伏せ攻撃した3日後の、曲がりくねった丘の脇の道での光景だ。犠牲者のほとんどは20分間の銃撃戦の間に亡くなった。攻撃者たちはそれから少しの目立った生き残りをしょっ引いて、即座に処刑した。全部で、28人が殺された。

そのコングレス党の政治家たちは、チャッティースガル州の遠く離れた森林地域の鉱物が豊かなバスタル県での集会から戻っており、そこはインドの土着民のアディヴァシーが優勢である。その訪問は危険が高かった。マオイストは、その地域を「解放地域」だと考えており、政治家などに近づかないよう警告する。しかし、その護衛隊への治安保護は、一人の軍のレンジャーが少なくとも100人の人民解放ゲリラ軍がいると推計するものに対して、わずかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

学校への新しいルール

4月
17

革新者がインドの医療を揺さぶっている。どうして同じことが教育にできないだろうか?

バンダリ現代公学校は、技術的シフトダウンによってのみ近づくことができる。普通サイズのタクシーは狭くて混雑した通りを抜けることができないので、トゥクトゥクに乗り換える必要がある。間もなくその通りは路地になるので、自転車リキシャに乗り換える。

ニューデリーのブランプリ・スラムは活気のある場所で、移民、ムスリムなどの周縁者の本拠だ。西洋剃刀と汚い水の入ったバケツを持った理容師が、歩道の上で顧客のひげをそっている。工場が人々の目の前でブンブン言っている。動物と子供たちはどこにでもいる。水牛がカートを引き、白いポニーは特に何もしておらず(彼らは結婚式で人気がある)、子供たちは自転車の空気入れや洗剤を売り歩いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別の国 - インド北東部

4月
09

平等に扱われず、インドの北東部に住む人たちは依然として外国人のように感じ得る

夕方の影の中で、テレビクルーがデリーのマニプル・ハウスの305号室への道に列をなす。中で小さく皮の椅子に腰を掛けているのは、イロム・シャルミラだ。長いプラスティックのパイプが彼女の鼻の中にテープで留められている。ふつうインド北東部の州マニプルの病院に拘束される活動家の彼女は、カメラのフラッシュを浴びる。マイクが彼女の口に向けて押し付けられる。彼女は小声でささやきどもり、彼女の頭は静かに揺れる。しかし、彼女の抵抗の狙いははっきりしている。インドは、彼女の仲間の北東人を強姦、誘拐、殺人、または虐待した兵士に刑の免除を与える法を廃止すべきだ、と言うものだ。

3月4日に、シャルミラ女史は、自殺未遂で告発された。これは年中行事になっており、どこの誰によるハンガーストライキよりも長くなっているものを中断している。「マニプルの鉄の女」は、2000年11月のある日曜日に、分離主義者と戦うことが想定された準軍事組織のアッサム・ライフルズの男たちによって、マニプルのバス停で10人の民間人が殺されたのを知ってから、食べたり飲んだりしようとしていない。その兵士たちは、半世紀以上にわたって北東部の多く(そしてより最近にはカシミール)に適用される粗野な法の軍事特別法の保護を享受している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

償還への道 - インドのマイクロファイナンス

2月
01

その産業は生き返り始めている

インドのマイクロファイナンス部門は、かつては貧者の救済者で投資家にとってはよいかけだと喧伝された。その産業にとっての最高点は、12億ドルの融資を持ち南部の州アーンドラ・プラデーシュの1/3を占めていた当時インド最大のマイクロファイナンス会社だったSKSが2010年7月に公開された時だった。その3.5億ドルの提案は13倍以上の倍率だった。

事態は急速に転げ落ちた。その業界の多くは、暴走した成長が貧しいインド人への無謀な融資に拍車をかけたと認める。SKSの上場のたった数か月後にアーンドラ・プラデーシュの州政府は、何人かの農民を自殺に追い込んだその産業の力ずくの集金戦術を非難した。それは息が詰まるようなルールを課した。その州のほとんどすべての融資が帳消しされたのだ。事業は停滞に転がった。しかし、その産業は、規制者がはるかにより中心的な役割をはたして生き返り始めている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

インド を購読