タイ

米の山 - タイ経済

10月
12

ますます不人気な政府は、その最悪で最も費用がかかる政策にこだわる

それは、インラック・シナワトラの政府にとって幸せな二周年ではなかった。自身元首相だった彼女の兄のタクシン・シナワトラへの多数の強硬な反対派が、タクシン氏の過去の犯罪への恩赦を与え、亡命からの復帰の可能性を開きうる法案に対するデモをするために、8月7日にバンコクの街路に繰り出した。たぶん、インラック女史は、今では、いつものクーデターのうわさとともに、これらの種類のデモに慣れている。たぶん、より心配なのは、彼女の政府の長所だと思われる経済実績についての、広がり増加するうろたえだ。

今週、バンコク大学によって行われた世論調査は、その政府への支持率がその最低水準に下がっていることを見つけた。その評判を最も傷つけているのは、米を補助するその主要な枠組みだ。これは、遠くから妹の政策のほとんどを指示するタクシン氏の発明品だった。それは、2011年の選挙運動中に、有益な得票源だった。しかし、その費用はいま、政府の財政と経済全体の両方を危険にさらしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

学校の殺人 - タイ南部の反乱

2月
05

南の奥で野蛮な殺人の波があるが、望みのきらめきもある

先月、自動小銃で武装した男たちが南部タイのパッターニー県のバン・バ・ンゴ学校の食堂に乱入し、二人の教師を射殺した。次の日、教師組合はパッターニー、ヤラー、ナラーティワートの三つの県と隣のソンクラー県の4つの地区の1,300すべての国営学校を抗議のために閉鎖した。それらは再開したところだ。

その殺人は、国の外は言うに及ばず、タイ国内でも比較的なんの注意も惹かなかった。その地域での死と破壊の陰惨な退屈話は今では飽きられている。その銃撃者たちはほとんど間違いなくパッタニー・マレー民族革命戦線コーディネート(マレー語のイニシャルでBRN-C)といったぼんやりとしたムスリム集団の一つから来た。彼らは、1909年にタイ(当時のシャム)に合併された古代パタニ王国の再興のために戦っている。タイは仏教徒が支配的だが、南ではマレー系がムスリム多数派を形成している。2004年以来、4つの最南部の県で5,000人以上が殺されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より少ないコメの力 - タイ米

7月
22
ポピュリスト政治がタイの最大の農作物を混乱させている
 
タイでの米ほど一つの農作物が自己イメージと結びついている国はほとんどない。その国の芳香性のホームマリ米は特に、ジャスミン米の型の中で当然のこととして有名になっている。30年かそこらの間、その国は世界最大の輸出業者だった。
 
今では、しかしながら、その卓越は脅威にさらされている。その国で最も尊敬される経済的なシンクタンクのタイランド開発調査研究所は、輸出が前年比で44%下がり、その国が第一の輸出国としての高い地位からインドかヴェトナムによって叩き落されることがほぼ間違いなくなっている、と最近報告した。これは輸出者に警告であり、それに好ましくない政治的風味を持っている。多くは、これは、1年前に選挙で地滑り的な勝利を得た首相のインラック・シナワトラへの支持の根底である米農家への、人気取りの新たな補助金の帰結である。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
タイ を購読