カナダ

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荒れた境界 - カナダの騎馬警官隊での性差別

9月
11

女性隊員が隊列の中で嫌がらせを主張する

初期ハリウッドの騎馬警官隊は、いかに女性を扱うかを知っていたことで有名だ。彼は荒れ地の中で彼女を守り、アメリカの悪漢から彼女を救い、もしロマンティックな気分になれば、山頂で彼女とともに歌った。しかし、女性は厳格に救う対象だった。もしその騎馬警官隊が正義を追究するために走り去る時に女性のパートナーがいれば、彼女はたぶん馬だ。

王立カナダ騎馬警察(RCPM)は、1974年の女性の募集を始めた。彼女たちは今、その7,000の補助職員のほとんどとともに1.9万の職員の1/5をなしている。しかし、ほぼ300人の現在そして元女性騎馬警察が参加したいと期待している、最近始まった性的嫌がらせへの集団訴訟は、「いつでも犯人を捕まえる」ことで有名なその部隊が、依然としてほとんど女性を「得て」いないことを示唆する。申し立ては、幼稚な悪ふざけ(ある伍長は夜間勤務中にゴム人形と一緒に勤務していたと言われる)から物理的虐待までにわたる。ある女性は、1980年代に馬の肥しの間を引きずられたと主張する。弁護団は静かに降りるようだ。部下と性行為をし、同僚に露出し、職務中に酒を飲んだと認めた下士官は、単にほかの州に飛ばされただけだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大パイプライン戦争 - カナダのエネルギー

6月
04

エネルギー産業とスティーヴン・ハーパーの政府はタールサンド・オイルを市場に届けるよう確保しようとしている

ひと目見ると、5月23日に始まったカナダの国立エネルギー委員会の公聴会は、小さな問題しか伴っていない。エネルギー配送者のエンブリッジはオンタリオ州サーニアにある石油化学工場に向けて輸入石油を西に送る195キロの導管の9番線の流れを逆転させる許可を求めている。代わりに、エンブリッジは、アルバータやノースダコタからナンティコックの精製所へ、そしてケベックの他の所へ、軽質原油を東に運ぶパイプラインを欲している。しかし、カナダと合衆国両方の環境活動家は変換に反対する署名を集めている。彼らは、もしそれが承認されれば、9番線はすぐにアルバータのタールサンドからモントリオールへ、そしてもし別のパイプラインの流れが逆転すればメーン州のポートランドへ輸出のために石油が動き出すだろうと、心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
カナダ を購読