宗教

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興都市の教会 - アフリカのカトリック

4月
14

ヴァチカンの支部は、激しい競争にもかかわらず、強くなっている

受難節の4回目の日曜日に、ゴスペルの讃美歌がガーナの沿岸の静かな道路に出現する。5人組の楽隊が大西洋の上の丘の単純なカトリック教会の祭壇に香を焚く司祭を歓迎する。楽隊は別にして、ミサは伝統的だ。讃美歌はヨシュア記からの一節と互い違いに歌われた。教区民は、時折歌と手拍子の短い爆発に足を向けるよう奮起させて、熱心に見物する。

ここケープ・コーストでは、ピーター・タークソンが教会指導者として20年前に最初の経験を積んだ。現在枢機卿のその64歳は、教皇候補として目され、その教会のアフリカでの急速な繁栄を強調する。ヴァチカンによれば、アフリカには世界全体の16%の1.86億人のカトリックがおり、半世紀前と比べて数で6倍以上になっている。

そのアフリカ教会の活気は、その大きさだけではなく、その信仰への献身によっても注目される。「アフリカ人は度し難いほどに信心深い。」アクラの大司教チャールズ・パルマー・バックルは説明する。ワシントンのピュー・リサーチ・センターによる2010年の調査は、サブサハラアフリカを世界で最も信仰心の厚い場所に位置付けた。キリスト教は伝統的なアフリカ宗教にとってかわったけれども、かつてのアニミズム的な儀式の熱意は伝えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

2月
26

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウンマへの金融 - イスラム金融

1月
18

マレーシアはイスラム金融の突撃を主導する

マレーシアが誇るべきものの中で、金融サーヴィスでの指導力は明らかなものではない。だが、いくつかの点で、その国は世界で最も重要なイスラム金融の中心だ。資産に置いてその国の銀行制度の1/5を少し超えた部分がイスラム法に従っている。ムスリム諸国の平均は12%かそこら、しばしばそれよりも低い。マレーシアはイスラム債権であるスクークの世界的市場を独占している。その国は世界最初のスクーク国債を2002年に発行した。2012年の最初の9か月間で、その国は世界の総スクーク発行のほとんど3/4を占めていた。マレーシアにはまた、「イスラム金融の思想指導力のための」国際標準決定機関であるイスラム金融サーヴィス委員会の本部もある。

その国はいかにしてこのニッチを切り開いたのか?マレーシアのムスリム遺産、外部志向の性質、そして英国やシンガポールのような金融ハブとのつながりが、その場所を宗教の世界と資本主義を橋渡しする天然の候補者にしたのだ。中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシアもまた協力的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
宗教 を購読