スワジランド

王のお告げ - スワジランドの選挙

2月
28

アフリカ最後の絶対王政は、その気前の良い生活様式を永遠に保つことができないかもしれない

8月最後の金曜の夜に、稲光のする嵐の中で、スワジランドのムスワティ3世王は神から啓示をうけた。スワジ政府の制度の新しい名前が彼に現れたのだ。「君主制民主主義」だ。ロンドンのシンクタンクチャタム・ハウスでスワジランドについての報告を書く助けをしているアレックス・ヴァインズは、多くのスワジ人に王の意味するところはなんだと思うかを尋ねた。誰も全く分からなかった。

ムスワティ王の話は風変りかもしれないが、そのタイミングは全く奇妙ではない。スワジランドはその二つの立法府のための選挙を9月20日に行う。その重要性を忘れさせるのはあまりに簡単だ。政党は禁止される。候補者は予備選で審査される。王は65人の議員のうちの10人とより強力な上院の2/3を選ぶ。しかし、ヴァインズ氏は、その選挙がにもかかわらず注目すべきだと説明する。ふつうよりも多くの改革志向の候補者が立候補するからだ。ほのかだけれども、それは権力を追うから議会に向けて移す予兆かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

足を踏み外して - スワジランド

10月
04

彼の国が危機にある中で、王は自分を甘やかす

スワジランドの年に一度のリードダンスの週に、多くの無垢な少女たちがその南部アフリカの王国中から王母の王宮であるルドジドジニにやってくる。マ ランガの二重の滝のすぐ下の小ウスツ川の岸で、その女性たちは大きな葦を切って積み重ね、象徴的な砦としてフェンスに立てかけるために、その女性指導者の 牛の柵のところに運ぶ。その儀式は、その女性たちが地域別にわかれた集団になって歌って踊る2日間のパレードで最高潮を迎える。ムスワティ3世王はレパー ドの皮の腰巻を巻き、3本の緋色の羽根を髪につけて王座からそれを見る。時々、彼はこの行事を新しい妻を選ぶのに使う。彼は今13人持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

窮地にある王 - スワジランド

8月
04

アフリカの最後の絶対君主は崩壊しているかもしれない

政府には現金がなく、スワジランドの王のムスワティ3世が考えることすらも嫌っているように見える根本的な改革なしには誰もそれを貸そうとしていないようだ。しかし圧力は高まっている。10%の賃金カットに直面している公務員はストライキの脅しをかけている。国の補助金を奪われた学校は閉鎖しなければならないかもしれない。世界で最も高いHIV/AIDSの発生率を持つ国で診療所は資金を必要とする抗レトロウイルス薬が不足している。多額の未収入金を抱える政府の納入業者は政府にはできない現金引換を要求し始めている。43歳の王は彼の即位25周年を祝う式典をキャンセルすらした。

これは、南アフリカの北東の角に閉じ込められたスワジランドが1968年に英国から独立して以来被る最悪の危機だ。その収入の殆どは南アフリカが支配的な地域関税同盟からくる。しかし去年、経済減速のために、実に隠れた補助金であるこの収入はほとんど2/3落ちた。政府支出が普通スワジランドのGDPの半分近くを占めるので、これは経済に打撃を与えた。多くの事業が政府の予算削減に従ってダメになった。失業率は大きく上がり、労働人口の40%程度がすでに仕事がない。スワジランドの120万人の人口の内、ほぼ3/4が1日2ドル以下で生活している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スワジランド を購読