エクアドル

金に向かう - エクアドルの鉱業

9月
03

ブラジルがその鉱業ロイヤリティを上げるとき、エクアドルはそれを下げる

エクアドル人は「比類のない金持ちの中で貧しく生きる。」アレクサンダー・フォン・フンボルトはその19世紀の冒険の中で注目したと言われる。新たに3期目に突入した大統領のラファエル・コレアは、ついにエクアドルの金、銀、銅などの鉱物の地価の富の鍵を開けることを狙っている。彼の最初の6年の任期中に追及されたポピュリスト政策は、国産会社と環境主義者を同じように遠ざけた。しかし、6月13日に可決された新鉱業法は、より実際的な方針を示唆する。

2009年の包括的な鉱業改革は、会社を官僚主義でつつみ、彼らを税で痛めつけた。その政府は、その鉱業体制を世界中のどこの国よりも最も儲かると褒めちぎった。投資家は注目し、他に行った。2月の大統領選挙が道を離れて、コレア氏は経路を変えている。その新法は、以前には青天井だったロイヤリティに8%の上限を課し、必要な許認可を合理化する。会社は、その投資を取り戻すまで、タナボタの税金を支払わない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

エクアドルのサッカー - 南米スポーツ界のダヴィデ

6月
20
どのように地域のスポーツで期待以上の成果を挙げた国は進んできたのか
 
悲しいかな、エクアドルという小国はサッカーになったときは大物食いをする。代表チームは過去3 回のワールドカップのうち2回に出場した。ミッドフィルダーのアントニオ・ヴァレンシアはマンチェスターユナイテッドでクリスティアーノ・ロナウドの位置を受け継いだ。そしてキトのリーガ・デポルティーヴァ・ウニヴェルシタリア(LDC)は最近はるかによく知られたブラジルやアルゼンチンのチームを国際試合でうち負かした。エクアドルの全1部リーグのチームは、それは年間4千万ドルの収入だと推計されているが、何人かのヨーロッパのトッププレイヤーほど稼いでいない。
 
エクアドルの転換は1998年サッカー連盟(FEF)がモンテネグロ人のドゥサン・ドラスコヴィッチに代表チームの監督を依頼した時に始まった。FEFは一部リーグを18チームから12チームに減らし、チームに少なくとも一人の20歳以下の選手をすべての試合の少なくとも半分以上に出場させることを義務付け、若手の開発をした。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
エクアドル を購読