地域統合

空間を熱望して - 台湾の経済的孤立

9月
16

ある自由貿易協定が、驚くほど混乱がなく中国によって歓迎される

5年前の再選以来、台湾の総裁馬英九は、台湾海峡をまたいだ密接な事業のつながりと言う彼の政策は、中国の影響力下での民主的な島をもたらさないと、疑う大衆に論じている。代わりに、それらは自由貿易協定の急成長する地球規模のネットワークからの台湾の排除を終わらせる役に立つだろう、と彼は語る。

中国は、彼らが1949年に袂を分かって以来主張し続けている台湾との公式な関係を、他のいかなる国もが作ることに圧力をかける。自由貿易協定はアジア中に浸透しているが、目障りな中国を恐れる国々は、その経済が輸出に基づいて打ち立てられているが、台湾を遠ざけ続けている。たった一つの解決は、台湾が2010年にした中国との自由貿易協定の調印だった、と馬氏は主張した。これは、他の国が中国の例に従うのを奨励するだろう、と彼は望んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

フランスの独自性

8月
22

大西洋横断自由貿易協定は、映画製作者への補助金に対して必要なく停止を命ずる

ベレニス・ベジョは、サイレント映画時代についての受賞映画『アーティスト』の中で、まったく言葉を発することなしにスターダムに上がった。しかし、今週、欧州議会で、彼女はアメリカとの大西洋横断自由貿易圏の計画に反対する声だった。ヨーロッパの映画製作者は、ブリュッセルが幾分かは彼らをハリウッドとの競争から守る補助金と割り当てを許す文化的例外を諦めるのではないかと恐れる。フランスの公的資金がなければ、『アーティスト』は決して作られなかっただろう、とベジョ女史は宣言した。彼女は、文化的例外を失うことは「本を燃やし、博物館を閉鎖し、親指を切り、第1子を犠牲にし、ベルリンの壁を再建する」ようなものだろう、としたドイツの映画監督ヴィム・ヴェンダースからの手紙を読み聞かせた。

メロドラマは自然に人々を撮影することになる。より困らせるのは、フランスが始める前にその世界でもっとも野心的な貿易交渉を容易に殺そうとするように見える自殺的行為だ。音響映像サーヴィスが全部交渉から除外されなければ、今週末のルクセンブルグでの通商担当大臣会議で、欧州委員会がアメリカとの交渉を始める任務に拒否権を発動するだろう、とフランスは主張する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミルダかエウロパか?

8月
11

なぜいくつかの国は依然としてユーロに参加したいと思っているのか?

ラトヴィア人たちは愛情をこめて彼女をミルダと呼ぶ。その民俗的頭飾りと編んだ頭髪で、彼女は戦間期の最初のラトヴィア共和国の銅貨に現れた。彼女は、ソ連の下で失われた国の象徴になった。亡命者の間でミルダは人気のある贈り物だった。第二次世界大戦中にドイツに住んでいたグンデガ・ミチェレは、5歳の誕生日にブローチにはめられた5ラット通貨を与えられた。1991年のラトヴィアの再興で、ミルダはラトヴィアの紙幣の透かしとして(そして500ラット紙幣に)戻ってきた。今、その政府はその愛されたラットを、来年1月にユーロに変えたいと思っている。(その乙女は1ユーロと2ユーロのコインにだけ現れるだろう。)

多くのラトヴィア人のように、ミチェレ女史はその考えを承認しない。彼女は経済についてほとんど知らないことを認める。しかし、ナチスとソヴィエトの下でのラトヴィアの苦悩を記録するリガの占領博物館の理事として、彼女は象徴の力を理解する。寄付箱の中をじっと見て、彼女はラトヴィアの紙幣が「やわらかくて暖かい色」を持っているという。ユーロ紙幣の特徴のない建築の意匠は「何の感情的なつながりもない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

入ってくる - クロアチアの経済

7月
30

古い経済的心配を持った新しいEU加盟国

クロアチア中で多くの政党が計画されている。12年の退屈な仕事の後で、その国は7月1日にEUに参加する。外国の高官は、そのEUの28番目の加盟国のために祝杯を挙げ、花火を見るためにやってくる。1日後、大統領のイヴォ・ヨシポヴィッチは、その熱意を励ますために5つの非EU西バルカン諸国の大統領を迎える。問題は、ほとんどのクロアチア人がパーティーの雰囲気ではないということだ。

それはほとんど驚くべきことではない。2009年以来、その経済は引き締められるか停滞するかのどちらかだ。今年、GDPは0.3%縮小することが予想されている。2008年に、失業率は13.4%だった。今年、それは20%を越えそうだ。他の所と同じように、若年失業率が特に高い。不正は大問題のままだ。2008年に42億ユーロ(54億ドル)で頂点となった外国直接投資は、去年たったの6.24億ドルだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸分割 - ラテンアメリカの地経学

7月
08

その地域は二つの二者択一のブロックの後ろに落ち込んでいる。市場主導型の太平洋同盟と、より静態的なメルコスールだ

5月23日に、コロンビアの町カリで、4つのラテンアメリカ諸国、チリ、コロンビア、メキシコ、そしてペルーの大統領が、その商品貿易の90%にかかる関税を取り除く協定に調印する。彼らはまた、残りの10%への関税も、7年以内に撤廃するというタイムテーブルにも合意する。彼らはすでに、お互いの国民へのヴィザ要件を取り除いており、共通市場を立ち上げることに向けて迅速に動く熱意を宣言している。太平洋同盟と自分たち自身で呼んでいるそのグループは、チリの財務大臣フェリペ・ララインによると、「現在ラテンアメリカで進んでいるもっとも興奮することだ。」部外者の中にもそう考えるものもいる。コスタリカとパナマも参加したいと思っている。カナダの首相スティーヴン・ハーパーとスペイン首相マリアーノ・ラホイは、カリの会議に立会人として出席すると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のコンクラーヴェ - 世界貿易

4月
15

WTOは無関係から抜け出すことができるか?

世界貿易機関の総会は、5月にその事務局長を選ぶとき、渦巻く煙を飛び越える。しかし、注意のほんの一部のためにそれが与えるだろう物は、新しい教皇を選ぶためにヴァチカンに集まった枢機卿たちに今週捧げられたものだ。2008年にドーハの多国間交渉が崩壊して以来、WTOは広い自由化の利益を再建するのに苦労している。パスカル・ラミーの後を継いでWTOの最高職に就く9人の候補者は、そのジュネーヴの本部と加盟諸国の支持のために忙しく運動している。より広い世界はそれほど関心を持っていない。

WTOにとって事態は悪いかもしれない。最近の逆風を考えると、貿易は著しく良好なように見える。保護主義は、経済危機を通してかなり寄せ付けられなかった。世界貿易は2010年以来、世界の産出よりも早く成長している。WTOは、協定を監視したり紛争を解決したりするとき、かつてないほど重要だ。しかし、世界貿易交渉のウルグアイラウンドの結論からほぼ20年がたつ。ドーハラウンドが始まったのは2001年にさかのぼるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

地域統合 を購読