コンゴ情勢

コンゴとルワンダ – アフリカのもっとも悪名高い殺し屋たちをいくらかやっつけるための長く待たれた一押し

2月
11

ルワンダの1994年の大虐殺では、3ヶ月間でほとんどがツチ族の80万人が殺害され、隣のコンゴで二つの連続する内戦の引き金を引いた。これらは多かれ少なかれ2003年には終わったが、その大虐殺の副次的影響は、依然として暴力をかき立て、軍隊を鼓舞している。今月、国連安全保障理事会は、3,000人強の他国籍介入部隊が、権力を失ってから東コンゴの離れた森林地帯に逃げこんだルワンダ大虐殺実行者たちによって20年前に作られた民兵に対する軍事攻撃を承認した。彼等は以前の敵を倒そうとして、それから残虐な悪事を働いている。

ルワンダ解放民主軍(FDLR)は、キヴ湖周辺の国境地域で、強姦、略奪、そして市民の殺害を非難されており、それらの悪事は彼等がやってきて以来コンゴに広がる政治的混沌に寄与している。国連は、長い間、その湖周辺の他の十を超える民兵とFDLRを排除しようと努めている。6ヶ月前、それはFDLRに武器を放棄する期限として1月2日を提示した。それにしたがったのは、主としてルワンダに送還されることを恐れていないほんの少しだけで、残りはその猶予期間を再武装と戦争準備のために使った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より大きな銃が途中にある - コンゴ民主共和国

8月
22

東コンゴの新たな国連介入軍が、もっともしっかりした司令を持っている

その国で2番目に大きな町ゴマの空港に到着した後で、新たな国連軍によってコンゴでみられた最初の道路の広がりは、前に何が横たわっているかを完全に指し示すものだ。舗装されている部分が珍しいその道路は、中央の支配に反対したツチの兵士たちによるそれほど昔ではない素晴らしい勝利の場所だ。重装備した彼らは、去年の遅くに、火山の丘から、国連軍が間もなく拠点を置くだろう小さな町のサケへの道に沿ってキヴ湖の浅い岸へさっと下り、復員したコンゴ軍兵士たちを彼らの前に押している。道路の両側にある人の高さの草には、数日間制服を着た死骸が散らかり、ハエがゆっくりしたもの、酔っぱらい、そして不運なものの上に群がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗闇の芸術 - コンゴの国連

8月
21

ほとんど顧みられないが、国連はその最初の戦争を戦おうとしている。それはやる価値のある賭けだ

アフリカの経済は徐々に上昇しているが、コンゴ民主共和国では、多くにとっての生活はこれまでと同じくらい悪い。武装した男たちが罰を受けずに強姦略奪をする。反乱集団は、鉱物資源と農業潜在力の豊かな広大な土地を恐怖で満たしている。結果として何百万人もが亡くなっている。そして、何年にもわたって、外部世界は肩をすくめる以上のことはほとんどしていない。その主要な努力である14年目になる国連の平和維持活動は、遠く離れたところで殺人的な無秩序にもぐりこむ前に、隣のルワンダでのジェノサイドによって発火した民族紛争として始まった「アフリカの世界戦争」を終わらせるのに失敗している。

今、事態は変わっている。ルワンダ政府は最近までコンゴの反乱軍を支援していたが、その残酷さと国際的な怒りに辱められて、その支援をやめた。それは、無駄にするには惜しい機会を贈るので、国連の安全保障理事会は、少なくとも反乱軍のいくらかと戦うために3,000の軍隊を展開して、新たな政策を試している。国連の記章をつけた南アフリカ、タンザニア、そしてマラウィからの兵士たちは、コンゴ東部で大混乱をまき散らしている非正規軍を引き受けるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和のヒント - コンゴ

4月
21

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

保留の痛み - ルワンダへの援助

1月
27

ルワンダの広く賞賛された開発計画は今行き詰っているのか?

一人の新参者が西のコンゴ民主共和国からルワンダを東に分かつ、深くて危険な水のキヴ湖に到着した。ハイテクのはしけがルワンダ側のキブエの港できらめく鋼鉄タンクとともに錨をおろしていた。近くには、赤いブイの並びが、木製ボートの漁師たちが縦横に通る水路に伸びる新しいパイプラインへの道に印をつけている。

周りの火山からの二酸化炭素とメタンを吸い込んで、キヴは世界で最も爆発性の湖だ。もしそのガスが突然発散されれば、その爆発(地学的に言うところの「湖水循環」)は、おそらく岸に住む200万人の人々を窒息させるか焼き尽くすかして、「人類が経験した中で最大の大惨事」になりうる、とフィンランド人技術者ジャーモ・グメルスは語る。彼は、メタンを取出し電気に変えようとしているアメリカのエネルギー会社コントゥアーグローバルによって作られたそのはしけの上で働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かつて安定していたことがあるのだろうか? - コンゴ

5月
16

コンゴの無法な東部で別の反乱が吹き荒れている

「ターミネーター」とあだ名されたボスコ・ンタガンダ将軍は、国際司法裁判所から2002-03年に東コンゴで戦争犯罪を犯したとして指名手配されている。3月に、その裁判所は、少年兵を使ったとして別の東部地域を荒らした、別の元コンゴ人反乱軍指導者トーマス・ルバンガに有罪判決を下した。つぎはンタガンガ氏のためにその裁判所が来ているという噂が東コンゴの丘を渦巻いた。だから、彼は300人の兵士を率いて、農場と愛する牛たちを持っており多くの地元民が彼の仲間のツチである北キヴ州の中心地に深くひきこもった。

過去20年間地球上でもっとも死者が多く出た場所の一つである東コンゴが、それ以来災害の瀬戸際で揺れてきた。それはまたやってきたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それはより悪くなりうる - コンゴの選挙

12月
20

ジョセフ・カビラは再選されたが、反対派は不正に泣く

投票作業員が票を数えている倉庫は混沌としている。投票用紙は建物中や外の泥にまき散らされている。機密のものが入ったバッグが床にばらまかれている。数えている人たちは訪問者に飲食物を乞うている。1週間前に結果を数え始めて以来、彼らはどちらもほとんどとっていないのだ。その光景がコンゴを象徴している。選挙を遅れずに実施するという決定は、混乱を作り出したに違いなかった。その帰結は悲惨なことを証明するかも知れない。

わずか9年前、コンゴはまだ戦争中だった。2006年に、外部、特に国連の大きな助けを受けて、その国は1965-97年にコンゴを支配したモブツ・セセ・セコ独裁以前以来最初の選挙を行った。現大統領のジョセフ・カビラは、東の反乱を追い払い、主に予測できない鉱業収入に裏打ちされた予算を通そうとする一方で、その国の11の州と数百の民族集団を苦労して統合するのに5年を費やした。しかし、その40歳のかつての反逆者は、不十分な外国の助けの元でも投票は11月28日に行われるべきだと主張した。コンゴの手を10年以上つかむのに疲れ、どの候補者にもよい印象を持たなかった国際機関は安心した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勝利の探求 - コンゴ民主共和国

9月
29

鉱業はコンゴ最大の希望だが、最大の心配でもある

ある国の経済的潜在力と、その国民の繁栄との差は、しばしば湾のように広いが、コンゴ民主共和国ほどなのも珍しい。彼らの足元は、抽出されて正当な市場で販売されれば、世界中の精錬業者と金属店をいっぱいにするほどの鉱物で満たされているのに、何千人ものコンゴ人が政治的暴力、病気、そして貧困のために毎年死んでいる。

石油生産と同様に鉱業を増やすというのは、11月28日の次の選挙の立候補することを今月発表したジョセフ・カビラ大統領が宣言した狙いだ。彼は、このように、1年以上伏せてきた彼の意図を明らかにした。外国の観察者と彼の野党は、投票準備の粗雑さに不満を言う。その国は西ヨーロッパほどの大きさがあり、7億ドルの予算のうち40%は国連と他の外国組織によって提供されている。

大統領は彼の中傷者を無視する余裕がある。彼は、道路のない奥地の有権者に到達することのできる知名度と政党機構を持った唯一の候補だ。野党は、現在10人の候補者の間で分裂している。カビラ氏が勝つ可能性は非常に高い。そうだとしても、彼の変化を達成する能力は非常に限られている。国軍は、民兵集団の集合に毛が生えたようなもので、中央の司令に従わない。コンゴ人国家は紙の上で存在しているだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

コンゴ情勢 を購読