パキスタン

最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

5月
18

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

黒服の男たち対緑の服の男たち - パキスタンの軍と法

2月
20

大胆にもパキスタンの軍隊を相手にし、最高裁は法による支配のために風を当てている

パキスタンの最高裁判長、イフティカー・チョードリーは、出しゃばりというほどのものでもない。2007年に彼は、保安軍による殺人の疑いを調査し始めた後に、前の軍事独裁者だったパルヴェーズ・ムシャラフによってトラブルメーカーだとして首にされた。彼の復職のための運動は、ムシャラフ氏をやめさせ、文民政府の回復のために大きな役割を果たした。しかし、チョードリー氏はまた、かなりアシフ・アリ・ザルダリの側近が彼を軍の手先だと強調したため、新しい政権にも疎んじられている。

今、司法は軍事的支配層とも戦っている。それは、チョードリー氏の裁判所が、独立に対するこれらの中傷に敏感なためかもしれない。それは本当に軍の力が抑制されるべきだと考え始めているからかもしれない。どちらにしても、この進展は賞賛される。軍のその不起訴特権に対する信念はその国最大の問題の一つだからだ。

軍の強すぎる力の種はパキスタン建国時に蒔かれた。インドから別れ、血なまぐさい分割によって作られたその国は、いつもその大きな隣人に飲み込まれるのでは、と恐れてきた。結果として、その国は始めから、国の大きさに比べて大きすぎ、資源に対して強欲で、危険なほど干渉的な軍隊を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

麻痺 - パキスタンのポリオ

10月
18

パキスタンがその国民を失望させたもうひとつの行い

パキスタンの問題の一つとして、ポリオの広がりを考えてみる。主に悪い水を通してウイルスによって感染する、手足を動かなくし、時には死に至らしめるポリオの115番目の例が今週確認された。その記録は去年から付けられている。

ほとんどの国でポリオはほとんど思い出の中のものだ。豊かな国々では、1970年代までにかなり根絶し、貧しい国々でも多くがすぐに後を追った。30年前、世界には年間40万人のポリオ患者がいると推定されていた。安く効果的なワクチンのおかげで、2滴を子供の口に落とし、公的・民間資金の少額で洗い流すことにより、年間の世界での数は今ではおよそ1,000人だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
パキスタン を購読