ナイジェリア情勢

ボコ・ハラムとの戦い - アフリカのイスラム国

2月
11

ナイジェリアでのジハーディストの反乱が地域紛争に変わっている

非難をそらすことは、世界中で政治家に尊ばれる技能だ。しかしながら、多くの人は、ナイジェリア北東部の危険な反乱集団であるボコ・ハラムへのスケープゴートを終わることなく見つける、そのアフリカでもっとも人口稠密な国の大統領グッドラック・ジョナサンから、依然として一つや二つのことは学ぶことができるだろう。ジョナサン氏のもっともありふれた言い抜けは、ボコ・ハラムがナイジェリアだけでは解決できない地域的な問題だ、というものだ。

彼のいいわけは、不幸なことに、事実に変わっている。ボコ・ハラムは今、その毒を隣接諸国に振りまいている。ナイジェリア国境近くのカメルーンの村から約80人のカメルーン人が誘拐されたのは、チャド湖周辺の諸国でそれが影響力を増していることに光を当てた。

更に北のニジェールでは、かつては退屈な漁村だったキリキリで、意訳すれば「西洋の教育は禁止」となるボコ・ハラムから逃れた難民たちが当座のハットに詰め込まれている。毎日数十人が、その数少ない所有物を頭の上に載せてボートからおりて歩いてくる。治安は急速に悪化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

前に傾く - ナイジェリア

5月
20

アフリカの巨人は立ち上がっているが、それは依然としてその足が定まらないようだ

何ラウンドも戦った重量級のボクサーのように、ナイジェリアは時々パンチドランクのようだ。ある時、それはその大きさの徳と顔に浮かべた笑みによってそれは王者のように行動し、次にはそれは病床に就き苦悩にうめくだろう。全体として、その国はよろよろ歩き、その実際の成果と同じくらいその巨大な潜在力に喝さいを送られる。それは依然としてやはり病人だ。

北の地域はかつてないほど貧しく、イスラム主義者のテロリズムによって破壊されている。それを抑えるための警察の野蛮な努力は、普通の北部人を更に不機嫌にする。南部の石油があふれるデルタは無秩序で、継続する大規模石油泥棒によって抜き取られ、ナイジェリアの非常に高い標準に従っても高いレヴェルの汚職に穴だらけにされている。その国中、特に南部やバブルに沸く商業首都のラゴス市内かその周辺の富裕な人々の誘拐は、ますます頻繁になっている。財務大臣ンゴジ・オコンジョ=イウェアラの母親は、5日後に開放されたが、そのような過酷な試練に12月に苦しんだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

協力している - ナイジェリア

3月
13

新たに統一した野党は、ナイジェリアの与党への最初の信用できる脅威を贈る

素晴らしいチームプレーのおかげで、ナイジェリアのサッカー代表チームは、2月10日に、南アフリカで開かれた2年に一度のサッカーアフリカ選手権で、1994年以来の優勝をした。本国の野党政治家や何百万もの同国人は、広く祝った。しかし、彼らはサッカー選手たちの例に倣い、チームとして機能することができるのだろうか?

数日前、野党指導者たちは、今からさらに2年の任期を務めることを計画しているかもしれないグッドラック・ジョナサン大統領の与党人民民主党(PDP)を打ち負かすことを狙って、4つのかなりの大きさの政党の合併を発表した。PDPは14年前の軍政の終わり以来権力を握っているが、不正を抑制しその国の石油の富を広げるというその約束を重んずることに繰り返し失敗している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全国への脅威 - ナイジェリアの危機

10月
21

北ナイジェリアをテロ化しているムスリム過激派集団ボコ・ハラムとは、誰で何なのか?

カノの知事宅の拡声器は、何百人もの役人が祈るために駐車場に小さなマットを敷きタール舗装の上に並べたところに来るよう呼び出して、毎週金曜日にイマームの声で活気づく。彼らは地元のモスクを訪れていたものだが、もはやバグダッド型の緑地地帯の外側を冒険するほど安全を感じていない。そばの道は、ヒトの高さの障害物でふさがれている。入口は、住民すらも鉄条網を上に貼った壁で守られた家にたどり着くために証明書を示さなければならない数少ないしっかりと運営されたチェックポイントを通り抜ける。警察官は要塞化されたトーチカで交差点を見ている。その道には、誰かが爆弾を積んだ車を駐車させないように、コンクリートを詰めたドラムが並んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鼻をつまみ、話をしろ - ナイジェリアの反乱

10月
19

もし北での暴力に政治的解決法を見いだせなければ、ナイジェリアはバラバラになるだろう

もし紛争の重力が、銃が使われた長さで測ることができるのならば、ナイジェリアの北のチェックポイントの兵士たちが銃身に銃刀をつけ始めたことは、注意する価値がある。今年、そこで1,000人以上の人々がテロ攻撃で亡くなり、それは2011年から50%以上増えている。それに反応して、政府は、犯人であるボコ・ハラム(「西側の教育は罰当たりだ」)と呼ばれるムスリム過激派集団と戦うために、重装備機動部隊をアフリカで最も人口稠密な国の道に展開している。それは、とりわけ、より良い統治と厳しいイスラムへの固着のために戦う。

その紛争は、国全体を巻き込む潜在力を持つ。1.6億人のナイジェリアの人口は、ムスリムとクリスチャンに均等に分かれ、その多くが仲良くやっている。しかし、近年、幾分かは土地紛争のために、悪化している。衝突はますます一般的になっており、混ざり合った街で宗教的なゲットーが形成されている。ボコ・ハラムは教会を攻撃している。政治家の中には、極めて危険な前途である、国の分割の可能性をおおっぴらに口にするものもいる。ナイジェリアの領域の統合性が最後に問われた40年前のビアフラ戦争の間に、100万人の人々が亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マココ破壊中 - ナイジェリアの商業首都

9月
06

アフリカで最も古く、もっともよく知られたスラムの一つが、取り壊されている

パドルが油っぽい水をザブザブはねかけ、その上にナイジェリアの商業の中心であるラゴスの多くが建設された浅い潟の中からはるか突き出た柱の上の木製の掘っ立て小屋を分けている狭い水路に沿って丸木舟を進める。25万人の人々がマココに住み、地上を歩く前に泳ぎ方を学び、学校へ行き、主要水路を漂う商人からものを買い、釣り船を作り、海へ行く。わずかな狭い橋が、ほかのものと同じように水面から6フィート下に怒りをつけた高架式プラットフォームをつないでいる。マココで見つけることのできないものは墓場だけだと彼らは言う。

または政府だ。120年以上の間、その漁業共同体は、かなり自分たちの考案物に残されてきた。しかし、それは先月チェーンソーを持った百人の役人が何十もの柱を破壊した時変わった。所有権証書がなく、住民はたった72時間前に通知されただけだった。警察との衝突で1人が亡くなった。地元の共同体の長スティーヴ・アジは「政府は掘っ立て小屋について言ったが、これらは家だ。」と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪くなっている - ナイジェリアの困難

7月
22

イスラム過激派集団は、かつてないほどに死に至る影響力を持つようになっている

ナイジェリアの北部と中部の暴力は悪化している。過激派イスラム集団のボコ・ハラムによる、教会へのますますひどい攻撃は、キリスト教徒とムスリムとの脆弱な関係を痛めている。教会への攻撃は、ボコ・ハラムにとって新しいことではないが、それはその注意を、二つの宗教が混じっており、しばしば獰猛な報復を掻き立てるナイジェリアの「中間帯」にその目標を向けている。キリスト教の指導者は、その信者の忍耐が「切れるだろう」と警告している。

両宗教がまじりあった街ジョスで7月7日に起こった激しい戦いは、少なくとも63人の人々を殺した。1日後、一人のナイジェリア議員と何人かのほかの哀悼者が、集団葬の間に銃を置いた。その町の一部は、今では日暮れから夜明けまで夜間外出になっている。ボコ・ハラムは7月10日にそれが攻撃の裏におり高官を殺し続けるだろうという声明を発表した。それは、キリスト教徒が、イスラムを受け入れるまで、「再び平和になることはないだろう」と脅した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉄の女 - ナイジェリアの財務大臣

3月
08

石油に満ちた沼地を乾かすにはたくさんの鎧が必要だ

「ゲレは私のトレードマークだ。」ナイジェリアの財務大臣、ンゴジ・オコンジョ=イウェアラは、写真を撮るのを許す前に、その短い白髪交じりの髪に つけた鮮やかな髪巻を表現した。「ドレスからすべてのことまで、私はとてもナイジェリア人だ。」彼女の批判者の中には同意しない者もいる。1月の反改革運 動の間に、デモ参加者は彼らの怒りを財務大臣に集めた。彼らは彼女が長い間海外で過ごしたので、歓迎されない外部者だと呼んだ。彼女は去年母国に戻るま で、世界銀行の専務理事だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ナイジェリア情勢 を購読